『黒いマヨネーズ』の気になる感想をたっぷりと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラックマヨネーズの吉田敬さんのエッセイ

『黒いマヨネーズ』が、2019年2月26日に発

売されました!

 

吉田さんの哀愁ただよう猛毒エッセイが58篇

も詰まっています。

 

そんな本作ですが、やはり感想が気になりま

すよね?

 

そこで今回は、『黒いマヨネーズ』の評判を

実際に購入された方の感想を通してたっぷり

ご紹介します!是非、参考にしてみて下さい

ね!

 

『黒いマヨネーズ』の感想をたっぷりとご紹介!

『黒いマヨネーズ』の気になる評判を調べる

には、実際に購入された方の感想を見るのが

一番早いですよね。

 

そこで今回は、Amazonや楽天などに投稿さ

れている感想をたっぷりとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■1つ1つのエッセイが短いので気軽に読めま

す。どんどん読み進められるからテンポが

良いですね。

 

私がこの本で感心したところは、吉田さん

の物事を例えるセンスです。

 

実際に吉田さんのような方の話を聞くのは、

分かりやすくて楽しいだろうなぁ。

 

また、随所にある相方・小杉さんのイジり

はどれも面白いです(笑)

 

読み終えたあとは、爽やかな気持ちになり

ました。

 

ちなみに、私は最後のクレジットカードの

話が特にお気に入りです。

 

====================

 

■ブラマヨの吉田さんが持つ、ネガティブ

かつ独自の発想が炸裂していますね。

 

思わず泣いたり笑ったりしてしまうので、

ブラマヨファンじゃなくても読んでほし

い本です!

 

====================

 

■読み終わりました!!吉田さん、笑いと

感動をありがとうございます!

 

言葉の表現も非常に面白く、家で読んで

いたのですが声に出すほど笑っちゃいま

した(笑)吉田さん、大好きです(笑)

 

====================

 

■非常に上質なエッセイ。

 

下ネタが多いにもかかわらず文章がすごく

上品というこの絶妙なバランス、良いです

ね。

 

生きていく中で抱える、嫉妬や妬みといっ

た負の感情。

 

それらをユーモアで包めば、こんなに美味

しい味になるのかと感激しました。

 

個人的には、最後のクレジットカードの話

が最高でした。

 

====================

 

■あまりにもレビューが良いので、久々に

活字のみの本を購入してみることに。

 

まだ読み終わってはいませんが、おばあ

ちゃんの話は涙が出そうになりました。

吉田さん、ズルいですねぇ。

 

====================

 

■一言一句練り込まれた、乾坤一擲の大作

でした。

 

決して綺麗すぎない文章から、本人が書い

たということがすごく伝わってきます。

 

笑えてなおかつ重みのある一冊に仕上がって

いるのは、吉田さんの血が通った文字だから

でしょうね。

 

====================

 

■本の「はじめに」の部分を読んだ時点で、

「これは面白い本に違いない!」と、ワク

ワクしました。

 

そのワクワク感は、最後まで途切れること

なく爽快感へ。

 

基本は他愛もない話ですが、人間の感情を

揺さぶるのは技術ではなく「嘘のない言葉」

なのでしょうね。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『黒いマヨネーズ』の評判を購入さ

れた方の感想を通してご紹介しました!

 

ここまで感想を読んだあなた、本の続きが

気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンク

ら見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

今作の内容について

『黒いマヨネーズ』は、ブラックマヨネーズ

ボケ担当・吉田敬さんによるエッセイです。

2019年2月26日に発売されました。

 

本作には、実に個性的な58篇ものエッセイ

収録されています。

 

例えば、

 

・初体験

・卒業式で泣く奴の浅さ

・アホかも知れない俺の後輩

・選挙権を取り上げろ

・不倫と浮気は別物論

・2020 東京オリンピック

・トランプの年収

・角刈りの留学生を探して

・生まれ変わるなら

・一考して欲しい事

・異常な街・東京

・愚痴ることの大切さ

 

などなど…。

 

タイトルを見ただけでも、どんな内容か気に

なるものばかりですよね。

 

昨今の問題から普遍的なテーマまで、実に幅

広いテーマとなっています。

 

妄想と現実の狭間で時に怒り、時に涙する。

 

そんな世の中の不条理な事実と栄枯盛衰を、

吉田さんが哀愁たっぷりに綴った『黒いマヨ

ネーズ』。

 

珠玉の“猛毒エッセイ”の数々を、あなたも

是非味わってみては?

 

目次

・初体験

・祖母

・祖母2

・結婚

・酒

・ハンデ

・ボートレース

・重力について

・モチベーション

・コンビ

ほか

 

著者紹介

吉田敬(ヨシダタカシ)

 

お笑い芸人。1973年、京都府に生まれる。

吉本総合芸能学院(NSC)大阪13期生。

ブラックマヨネーズのボケ担当。

 

98年に、小杉竜一とブラックマヨネーズを

結成。

 

上方お笑い大賞最優秀新人賞など、多数の

受賞歴を誇る。

 

2005年に開催された第5回M-1グランプリ

で優勝し、全国区の人気を得る。

 

現在はレギュラー番組を多数持ち、多岐に

渡り活躍している。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『黒いマヨネーズ』

発売日: 2019年2月26日

著者: 吉田敬

出版社: 幻冬舎

発行形態: 単行本

ページ数: 253p

ISBNコード: 9784344034310

 

おわりに

今回は、ブラックマヨネーズの吉田敬さんに

よるエッセイ『黒いマヨネーズ』の感想や、

本の内容についてご紹介しました!

 

天才コラムニスト・吉田さんが哀愁たっぷり

に綴った“猛毒エッセイ”の数々…。

 

感想を読んだあなた、『黒いマヨネーズ』を

是非味わってみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。