エッセイ

待望の文庫化!『風と共にゆとりぬ』の感想をたっぷりと!

『風と共にゆとりぬ』の文庫本が、2020年5

月8日に発売されました!

 

戦後最年少となる23歳7か月で直木賞を受賞

した朝井リョウさんによる、「楽しいだけ」

のエッセイ集です。

 

遂に文庫本となった本作ですが、やはり感想

が気になりますよね?

 

そこで今回は、『風と共にゆとりぬ』の気に

なる感想をたっぷりとご紹介します!是非、

参考にしてみて下さいね!

 

続きを読む

『コロナの時代の僕ら』の気になる感想をご紹介!

2020年4月24日に発売された、イタリアの小

説家パオロ・ジョルダーノさんによるエッセ

イ『コロナの時代の僕ら』。

 

ローマ在住の著者による、2月下旬〜3月初頭

に書き下ろされた27本のエッセイが詰まった

一冊です。

 

新型コロナウイルスが猛威を振るう昨今にお

いて、大きな注目を集めている本作。

 

やはり読んだ感想が気になりますよね?

 

そこで今回は、『コロナの時代の僕ら』の気

になる感想をたっぷりとご紹介します!是非

参考にしてみて下さいね。

 

続きを読む

『僕の人生には事件が起きない』の感想をたっぷりとご紹介!

『僕の人生には事件が起きない』という本を

あなたはご存知ですか?

 

2019年9月26日に発売。

 

ハライチの岩井勇気さんによる、ありふれた

日々に潜む「違和感」を綴ったエッセイ集で

す。

 

そんな本作ですが、やはり感想が気になりま

すよね?

 

今回は、『僕の人生には事件が起きない』の

気になる感想をたっぷりとご紹介します!是

非、参考にしてみて下さいね。

 

続きを読む

『できることならスティードで』の感想をたっぷりとご紹介!

『できることならスティードで』という本を

あなたはご存知ですか?

 

2020年3月6日に発売された、NEWSの加藤

シゲアキさんの初エッセイ集です。

 

「広義の旅」がテーマの本作。

 

やはり感想が気になりませんか?

 

今回は、『できることならスティードで』の

気になる感想をたっぷりとご紹介します!是

非、参考にしてみて下さいね!

 

続きを読む

『もものかんづめ』の気になる感想をたっぷりと!

1991年に発売された、『もものかんづめ』。

 

「ちびまる子ちゃん」でお馴染みのさくらも

もこさんによる、バラエティに富んだエッセ

イ集です。

 

今なお多くの方に読まれている名作ですが、

やはり感想が気になりますよね?

 

そこで今回は、さくらももこさんのエッセイ

『もものかんづめ』の感想をたっぷりとご紹

介!是非、参考にしてみて下さいね!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

続きを読む

名著『大河の一滴』を読んだ方の感想をズラッとご紹介!

1998年4月に刊行された『大河の一滴』

 

五木寛之さんならではの人間論が綴られた一

冊で、未だに多くの人に読まれているベスト

セラーです。

 

5月9日に放送された「世界一受けたい授業」

に、五木さんが緊急出演されたことでも話題

となった本作。

 

やはり、読んだ感想が気になりますよね?

 

今回は、五木寛之さんの著書『大河の一滴』

を実際に読んだ方の感想をたっぷりとご紹介

します!

 

「世界一受けたい授業」を見た方も、是非参

考にしてみて下さいね!

 

続きを読む

『あやうく一生懸命生きるところだった』の感想をたっぷりと!

『あやうく一生懸命生きるところだった』と

いう本を、あなたはご存知ですか?

 

韓国では25万部を超えるベストセラー!

 

毎日の生活に疲れた時に読むと、気持ちが楽

になると評判のエッセイです。

 

東方神起のユンホも読んでいる話題の本作。

やはり感想が気になりますよね?

 

そこで今回は、『あやうく一生懸命生きると

ころだった』の気になる感想をたっぷりとご

紹介します!是非参考にしてみて下さいね。

 

『あやうく一生懸命生きるところだった』の感想をご紹介!

では早速、『あやうく一生懸命生きるところ

だった』の気になる感想を見ていきます。

 

今回は、Amazonや楽天などのサイトに投稿

されている、購入された方の感想をたっぷり

とご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■著者のハ・ワンさんは、40歳手前で会社を

無計画に辞めたそうですね。

 

ストレスから逃れるために会社を辞めたいけ

ど、実際は辞められない人のほうが多いのが

今の時代。

 

このストレス社会においてそれを実現した著

者だからこそ、本作のようなベストセラーが

書けたんでしょうね。

 

『あやうく一生懸命生きるところだった』は

割と肩の力を抜いて読めるエッセイ。

 

この本を読んでどのようなヒントを得て何を

学ぶかは、人それぞれではないでしょうか?

私はそう感じましたね。

 

====================

 

■私は今まで、自分の望むものはがむしゃら

にやれば手に入るだろうと信じていました。

 

ですが、その考え方に対する違和感も感じて

いました。

 

そこで出会ったのが、韓国のイラストレータ

ーのハ・ワンさんが書いたこのエッセイ。

 

かつてサラリーマンだったハ・ワンさんは、

会社を辞めて自由な生活を手に入れました。

 

本書は、その際に感じたことをユーモアある

語りで描かれています。

 

確かに、がむしゃらに頑張ることはすごく大

事だと思います。

 

ただ、それだけだと自分の生き方を見失うん

じゃないかとも思うんです。

 

人間は平等な存在ではないので、努力しても

叶わないことだってある。

 

もしかしたら、失敗のほうが多いかもしれな

い…。

 

だからこそ、時には諦めるという行動もアリ

だと思うんですよね。

 

世の中の「常識」から脱却し、自分の生き方

を素直に肯定してあげる。

 

それが、「幸せ」につながるのではないでし

ょうか?

 

そういった意味では、このエッセイは肩肘張

らずに読むのにピッタリだと思いますよ。

 

====================

 

■このエッセイは、何にでも一直線な人にこ

そ読んでほしい一冊ですね。

 

あっという間に読めたのですが、私は特に後

半部分がお気に入り。

 

青い文字の一文に思わず頷いたり、ハ・ワン

さんの考えにクスッと笑ったり…。

 

やっぱり人生は楽しまないと損ですよね!

 

本当に共感しかありません。私にとってはそ

れほどのエッセイでした。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

『あやうく一生懸命生きるところだった』の

気になる感想をご紹介しました!

 

ここまで感想を読んだあなたなら、本の続き

が気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

本作の内容について

『あやうく一生懸命生きるところだった』は

ハ・ワンさんによる著書。

 

2020年1月17日に発売され、岡崎暢子さんが

翻訳を務めています。

 

●韓国大手書店 KYOBO文庫「2019年上期ベ

スト10」

 

●韓国のネット書店 YES24「2018年最高の

本」

 

韓国では既に25万部を突破するベストセラー

となり、大きな話題を集めています!

また、東方神起のユンホも愛読しているそう

ですよ!

 

そんな韓国で大人気のエッセイなのですが、

著者のハ・ワンさんは自分の冴えない人生に

嫌気が差し、40歳目前で会社を無計画に辞め

たそうです。

 

その中でハ・ワンさんがたどり着いたのは、

「一生懸命生きない」という道。

 

●無理してやる気を出さない

●みんなに無理やり合わせない

●お金持ちを目指さない

●失敗したらいさぎよく諦める

●何でもかんでも深刻に考えすぎない

●「年相応」という言葉に縛られない

●「やりたい仕事」を探さない

●何もしない一日を大事にする

 

「向上心」や「努力」が美徳とされる現代に

おいて、ハ・ワンさんの考えは真逆とも言え

ますよね。

 

しかし、ストレス過多で上手く行かないこと

が多い現代において、「一生懸命生きない」

という考えはある種の救いになると思うんで

す。

 

全力で走ることを辞めた先に見える、「自分

をすり減らす毎日から抜け出し、自分らしく

生きるコツ」とは?

 

『あやうく一生懸命生きるところだった』は

これからの生き方や、自分にとって本当に大

事なものを見つけるヒントとなる一冊です!

 

目次

【プロローグ】

今日から、必死に生きないと決めた

 

【第1章】

こうなりたくて、頑張ってきたわけじゃない

・なんのために頑張っているんだっけ?

・そもそもやる気がなくても働ける

・必要なのは、失敗を認める勇気

・そこまで深刻に生きるものじゃない……

 

【第2章】

一度くらいは思いのままに

・年を取ってから遊ぶだなんて!

・たまには年齢を忘れてみる

・”自分だけの人生”は失敗の上に成り立つ

・「ムダ足」こそ、人生の醍醐味だ……

 

【第3章】

生きていくって、たいしたことじゃない

・やりたい仕事なんて探しても見つからない

・いつかはみんな会社をやめる

・仕事にアレコレ求めすぎてない?

・お金のために自由を後回ししない……

 

【第4章】

あやうく一生懸命生きるところだった

・少しくらい遅れたって気にすんな

・思い通りにいかないほうが正常だ

・普通で、つまらない毎日を幸せに過ごす

・大切なのは「結果」ではなく「物語(プロ

セス)」……

 

【エピローグ】

さよなら、一生懸命の人生

 

著者紹介

●ハ・ワン

イラストレーター、作家。

 

主な訳書に『Paint it Rock マンガで読むロッ

クの歴史』(DU BOOKS)などがある。

 

====================

 

●岡崎暢子(オカザキノブコ)

 

韓日翻訳・編集者。1973年生まれ。女子美術

大学芸術学部デザイン科卒業。

 

大学在学中より韓国語に興味を持ち、高麗大

学などで学ぶ。

 

帰国後は、韓国人留学生向けフリーペーパー

、韓国語学習誌、韓流ムック、翻訳書籍など

の編集を手掛ける傍ら、翻訳にも携わる。

 

『あやうく一生懸命生きるところだった』で

は、翻訳を担当。

 

====================

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータです。

 

書籍情報

●『あやうく一生懸命生きるところだった』

発売日: 2020年1月17日

著者: ハ・ワン

翻訳: 岡崎暢子

出版社: ダイヤモンド社

発行形態: 単行本

ページ数: 288p

ISBNコード: 9784478108659

 

『あやうく一生懸命生きるところだった』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたなら、『あやうく

一生懸命生きるところだった』を「今すぐ無

料で読みたい!」と思っているのでは?

 

実は、「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメ

だけではなく、雑誌、小説、話題の新刊な

どが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『あやうく一生懸命生きるところだった』を

無料で読めるというわけですね!

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以上

もあり、もはや専門サービス並みのラインナ

ップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、ハ・ワンさんの著書『あやうく一生

懸命生きるところだった』の感想や、本の内

容についてご紹介しました!

 

●自分の生き方を見直したい!

●自分にとって大事なものを見つけたい!

●忙しい毎日に疲れている…。

 

『あやうく一生懸命生きるところだった』は

そんな方にこそオススメのエッセイですね。

 

特に、毎日の生活に疲れている時に読むと、

気持ちがスッと楽になりますよ♪

 

感想を読んだあなたも、是非本作を読んでみ

てはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

『生き物の死にざま』の感想をたっぷりとご紹介します

2019年7月11日に草思社から発売された、稲垣

栄洋さんのエッセイ『生き物の死にざま』

 

生き物たちはその限られた命をどうつなぎ、

う散っていくのか…。

 

その様子を、29話の物語と30点以上のイラス

トで描いた一冊になります。

 

そんな本作ですが、やはり感想が気になりま

すよね?

 

そこで今回は、『生き物の死にざま』の気に

なる感想をたっぷりとご紹介します。是非、

参考にしてみて下さいね。

 

『生き物の死にざま』の気になる感想をたっぷりと

では早速、『生き物の死にざま』の気になる

感想を見ていきます。

 

今回は、Amazonや楽天などのサイトに投稿

されている、購入された方の感想をたっぷり

とご紹介します。

 

(以下から感想)

 

■『生き物の死にざま』というタイトルの通

り、本書は29種類の生き物の最期の姿を描い

た一冊です。

 

「生き物は繁殖行動を終えると、やがて死を

迎えるようプログラミングされている。」

 

そういった事実を淡々と語りつつ、それぞれ

の生き物の物語が語られていきます。

 

その一生懸命な死に様(生き様)は、悲しく

もあり、神秘に満ちていて、そして愛しい。

 

著者の稲垣栄洋さんの言葉と相まって、心に

スッと染みこんできます。

 

私が本書を読んで最も驚いたのは、「死は38

億年にも及ぶ生命の歴史で、生物自身が作り

出した偉大な発明」だということ!

 

そうだったのか!と驚くと同時に、私もその

発明をありがたく受け取るために、人生を全

うしようと決意。

 

この本で描かれている生き物たちの真摯な生

き方を私も見倣いながら…。

 

====================

 

■一言で言うと、感動しました。

 

命は人間だけのものではないのですね。

 

こんな素晴らしい本に幼い頃出会っていたら

どれだけの大人になっていたことか…。

 

「生きること」の意味を、大人になって改め

て考えさせられた本です。

 

====================

 

■本作『生き物の死にざま』の著書の稲垣さ

んは、農学博士でもあります。

 

自然界において、全ての生物は死と隣り合わ

せ。

 

人間は人の死、特に家族の死を重要なことと

して捉えがちですよね?

 

ですが、死というのは本来素朴であり、そし

て日常の中で偶発的に起こること。

 

農学を学んだ方ならではの死生観を、私はこ

の本から感じました。

 

====================

 

■「自分の人生をどう終えようか?」

 

そんなことを考えているときに出会ったのが

この本でした。

 

死ぬまで懸命に、そして全力で生きる…。

 

この本のおかげで、私も死ぬまで生きようと

思えました。

 

====================

 

■やむを得ず自ら死を選ぶ人も多い、現代の

日本。

 

様々な生き物が必死で生きている姿を知れば

今自分が苦しんでることなんて大したことで

はない。

 

本作はそんな生き物の儚い姿を感じながら、

生きることを強く実感できる一冊でした。

 

この本で言うところの、生物としての命をつ

なぐ役割。私は既に果たしています。

 

ですが、子どもの日々の成長に触れられる苦

悩だけではなく、一人の人間として今を生き

られる喜びも噛み締めています。

 

====================

 

■この本には、様々な生き物が登場します。

 

ですが、そのほとんどが弱さ故に命を落とし

ます。人間のように老衰ではなく。

 

なぜか?

 

答えは、弱いから。

 

生き物として弱いから、喰われるか捨てられ

るかしか選択肢がないのです。

 

そんな厳しく辛い世界に産まれてきた生き物

たち…。

 

では、なぜ生きるのか?

何を思いながら生きているのか?

 

たかが生き物と思うかもしれませんが、その

生き様と死に様を知った時、人は人生につい

て深く考えるのでしょうね。

 

あなたは、人生の最期をどう送りたいです

か?

 

私はこの本を読んで、老いとは素晴らしいこ

となんだと心から実感できました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『生き物の死にざま』の気になる感想

をご紹介させていただきました。

 

ここまで感想を読んだあなたなら、本の続き

が気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンク

ら見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

本作の内容について

『生き物の死にざま』は、稲垣栄洋さんによ

るエッセイ。

 

2019年7月11日に草思社から発売されました。

 

生き物たちはその限られた命をどうつなぎ、

どのように生涯を終えるのか…。

 

そんな生き物の姿が、全29話の物語と30点以

上のイラストで描かれています。

 

例えば、

 

●青空を見ることなくその生涯を終える

【セミ】

 

●メスに食われながらも交尾をやめない

【カマキリ】

 

●生きていることが生きがいの

【クラゲ】

 

●成虫として僅か1時間しか生きられない

【カゲロウ】

 

●花の蜜を老体に鞭打ちながら集める

【ミツバチ】

 

など、生き物の知られざる生態が盛りだくさ

ん。

 

「有名な生き物でも、実はこんな生涯を過ご

していたのか…!」

 

『生き物の死にざま』は、そんな驚きと限ら

れた命を懸命に生きる姿に感動を覚える一冊

です。

 

目次

1.空が見えない最期

【セミ】

 

2.子に身を捧ぐ生涯

【ハサミムシ】

 

3.母なる川で循環していく命

【サケ】

 

4.子を想い命がけの侵入と脱出

【アカイエカ】

 

5.三億年命をつないできたつわもの

【カゲロウ】

 

6.メスに食われながらも交尾をやめないオス

【カマキリ】

 

7.交尾に明け暮れ、死す

【アンテキヌス】

 

8.メスに寄生し、放精後はメスに吸収される

オス【チョウチンアンコウ】

 

9.生涯一度きりの交接と子への愛

【タコ】

 

10.無数の卵の死の上に在る生魚

【マンボウ】

 

11.生きていることが生きがい

【クラゲ】

 

12.海と陸の危険に満ちた一生

【ウミガメ】

 

13.深海のメスのカニはなぜ冷たい海に向か

ったか【イエティクラブ】

 

14.太古より海底に降り注ぐプランクトンの

遺骸【マリンスノー】

 

15.餌にたどりつくまでの長く危険な道のり

【アリ】

 

16.卵を産めなくなった女王アリの最期

【シロアリ】

 

17.戦うために生まれてきた永遠の幼虫

【兵隊アブラムシ】

 

18.冬を前に現れ、冬とともに死す“雪虫”

【ワタアブラムシ】

 

19.老化しない奇妙な生き物

【ハダカデバネズミ】

 

20.花の蜜集めは晩年に課された危険な任務

【ミツバチ】

 

21.なぜ危険を顧みず道路を横切るのか

【ヒキガエル】

 

22.巣を出ることなく生涯を閉じるメス

【ミノムシ(オオミノガ)】

 

23.クモの巣に餌がかかるのをただただ待つ

【ジョロウグモ】

 

24.草食動物も肉食動物も最後は肉に

【シマウマとライオン】

 

25.出荷までの四、五〇日間

【ニワトリ】

 

26.実験室で閉じる生涯

【ネズミ】

 

27.ヒトを必要としたオオカミの子孫の今

【イヌ】

 

28.かつては神とされた獣たちの終焉

【ニホンオオカミ】

 

29.死を悼む動物なのか

【ゾウ】

 

著者紹介

稲垣栄洋(イナガキヒデヒロ)

 

植物学者、農学博士。1968年、静岡県に生ま

れる。

 

静岡大学大学院農学研究科教授。専門は雑草

生態学。

 

岡山大学大学院農学研究科を修了後、農林水

産省に入省。

 

静岡県農林技術研究所上席研究員等を経て、

現職に就く。

 

『スイカのタネはなぜ散らばっているのか』

『身近な雑草のゆかいな生き方』

『身近な野菜のなるほど観察記』

『蝶々はなぜ菜の葉にとまるのか』

(いずれも草思社)

 

『身近な野の草 日本のこころ』

(筑摩書房)

 

『弱者の戦略』

(新潮社)

 

『徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか』

(東洋経済新報社)

 

『世界史を大きく動かした植物』

(PHP研究所)

 

など、多数の著書がある。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータです。

 

書籍情報

『生き物の死にざま』

発売日: 2019年7月11日

著者: 稲垣栄洋

出版社: 草思社

発行形態: 単行本

ページ数: 208p

ISBNコード: 9784794224064

 

『生き物の死にざま』を無料で読む方法はある?

ここまで読んできたあなたなら、稲垣栄洋さ

んの『生き物の死にざま』を「今すぐ無料

読みたい!」と思っているのでは?

 

そこで、「U-NEXT」というサービスで

無料で読めるかどうか調べてみました!

 

 

ちなみに「U-NEXT」とは、映画、ドラマ

アニメだけではなく、雑誌、小説、話題の

新刊などが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000、レンタル作品は

20,000。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内にお目当ての本を読み

終えれば、実質無料で読むことができるとい

うわけですね!

 

ではここで、無料で読めるか調べてみた結果

をお伝えします。

 

調べた結果、『生き物の死にざま』は現在の

ところ「U-NEXT」では取り扱っていないよ

うです。

 

ただ、『蝶々はなぜ菜の葉にとまるのか』

『徳川家の家紋はなぜ三つ葉葵なのか』など

稲垣栄洋さんの過去の作品なら「U-NEXT」

でたっぷりと読めます!

 

この機会に稲垣さんの作品に触れてみるのも

良いかも知れませんね。

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以

もあり、もはや専門サービス並みのライン

ナップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、草思社から発売された稲垣栄洋さん

のエッセイ『生き物の死にざま』の感想や、

本の内容についてご紹介しました。

 

たくましく、そして切ない生き物の生涯…。

 

そんな生き物の意外な姿に、驚きと胸を打た

れるエッセイですね。

 

感想を読んだあなたも、本作を是非手に取っ

てみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

『しらふで生きる 大酒飲みの決断』の感想をたっぷりと!

2019年11月7日に発売された、 町田康さんの

著書『しらふで生きる 大酒飲みの決断』。

 

禁酒を経験した町田さんならではの、葛藤や

苦悩…。

 

それを笑いを織り交ぜながら綴った、味わい

深い一冊です。

 

そんな本作ですが、やはり感想が気になりま

すよね?

 

今回は、町田さんの著書『しらふで生きる』

の気になる感想をたっぷりとご紹介します!

是非、参考にしてみて下さいね。

 

『しらふで生きる』の気になる感想をたっぷりと!

早速、町田康さんの著書『しらふで生きる』

の気になる感想を見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天などのサイトに投稿

されている、購入された方の感想をたっぷり

とご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■私にとって、酒飲みの大先輩にあたる町田

先生。

 

そんな先生がお酒をやめた理由や、やめたこ

とで得た効果等が本作には書かれており、す

ごく興味深く読めました。

 

断酒のための方法として「認識改造」が取り

挙げられているのですが、これは「認知行動

療法」と似ていますよね。

 

認識を変える方法って人それぞれ違うので、

ここはすごく参考になりました。

 

私は普段からお酒を飲みますが、まだ断酒す

るほどの決断には至っていません。

 

でも、私と同じく毎日お酒を飲んでいる人な

ら、お酒という存在を改めて考えるいいキッ

カケになるのではないでしょうか?

 

町田先生がお酒をやめようと思った経緯に関

しては、正直よく分からないです。

 

ですが、人生の寂しさや憂さをお酒で誤魔化

すことに虚しさを感じられたのかも知れませ

んね。

 

「酒を飲んでも飲まなくても人生は寂しい」

 

町田先生の言葉を肝に銘じて、まずは節酒か

ら実践していこうと思います。

 

====================

 

■私はお酒を全く飲まない人間です。

 

お酒の付き合いが多い大人の社会において、

 

・自分がお酒を飲まずに済んでいる理由

・実は積極的に飲んだほうが良いという迷い

 

を知り、解決したいと思っていました。

 

『しらふで生きる』を読めば何か答えが見つ

かると思い、読んでみることに。

 

実際に読んでみると思っていた以上に面白い

言葉で書かれていて、まるで噺家さんの講座

を聴いているかのようでした。

 

それにしても、お酒をやめたという1テーマ

だけで本が一冊書けるとは驚きですよね。

 

どうやら、私はこの先もお酒を飲まずに胸を

張って生きていけそうです。

 

====================

 

■私はこの本を読んで、お酒を飲み続けるこ

とより止めることのほうが、気持ちとして圧

倒的に勝るんだなと実感しました。

 

これまでは、お酒を飲んだほうがタガが外れ

て思考力が上がると思っていたのですが、そ

れは間違いだと確信。

 

確かに、お酒を飲んでいる時に話していた内

容ってあまり頭に残っていないですよね。

 

むしろお酒を飲んでない状態こそ、思考がク

リアになるのかなと。

 

『しらふで生きる』は、お酒を止めることに

関して怒涛の勢いで書かれた一冊だなと感じ

ました。

 

====================

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、町田康さんの著書『しらふで生きる』

の感想をご紹介させていただきました!

 

ここまで感想を読んだあなたなら、本の続き

が気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクか

ら見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

本作の内容について

『しらふで生きる 大酒飲みの決断』は、町田

康さんによる著書。

 

2019年11月7日に発売されました。

 

町田さんと言えば、30年間毎日お酒を飲むほ

ど大酒飲みとして有名ですよね。

 

ですが、4年前の年末に突如、「もうお酒を

やめよう。」と決意して以来、一滴も飲んで

いないそうです。

 

自分が大好きなものを突然やめるというのは

すごく勇気のある思い切った決断ですよね。

 

本作『しらふで生きる』ではその大きな決断

を振り返りながら、

 

●禁酒を達成するために行った、認識の変化

方法

 

●禁酒したことで感じた、体と精神的な変化

 

●仕事に対する取り込み方の違い

 

など、禁酒を経験した町田さんならではの葛

藤、苦悩、そして心境が詳細に綴られていま

す。

 

笑いを織り交ぜながらもしみじみと語られる

本作は、実に味わい深い一冊だと言えます。

 

目次

・酒こそ、人生の楽しみ、か?

 

・酒やめますか?人間やめますか?

 

・いずれ死ぬのに、節制など卑怯ではないか

 

・今も続く正気と狂気のせめぎあい

 

・人生は本来楽しいものなのか?苦しいもの

なのか?

 

・飲酒とは人生の負債である

 

・肉体の暴れを抑制する方法を考える

 

・禁酒会の連帯感で酒はやめられるのか?

 

・酒を飲みたい肉体の暴れは肉体で縛る

 

・嫌酒薬は苦しみだけをもたらす

 

ほか

 

著者紹介

●町田康(マチダコウ)

 

小説家、ミュージシャン。1962年、大阪府に

生まれる。

 

町田町蔵の名義で歌手活動をスタートさせ、

1981年にパンクバンド「INU」の『メシ喰う

な!』でレコードデビューを果たす。また、

俳優としても活躍。

 

96年に、自身初の小説「くっすん大黒」を発

表し、97年Bunkamuraドゥマゴ文学賞・野間

文芸新人賞を受賞する。

 

2000年に「きれぎれ」で、芥川賞受賞。

 

01年に詩集『土間の四十八滝』で、萩原朔太

郎賞受賞。

 

02年に「権現の踊り子」で、川端康成文学賞

受賞。

 

05年に『告白』で、谷崎潤一郎賞受賞。

 

08年に『宿屋めぐり』で、野間文芸賞受賞。

 

他にも、『夫婦茶碗』『猫にかまけて』『浄

土』『ギケイキ』『スピンク日記』『餓鬼道

巡行』『リフォームの爆発』など、多数の著

書がある。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータです。

 

書籍情報

●『しらふで生きる 大酒飲みの決断』

発売日: 2019年11月7日

著者: 町田康

出版社: 幻冬舎

発行形態: 単行本

ページ数: 219p

ISBNコード: 9784344035324

 

『しらふで生きる』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたなら、町田康さん

の『しらふで生きる』を「今すぐに無料で読

みたい!」と思っているのではないでしょう

か。

 

実は、「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメ

だけではなく、雑誌、小説、話題の新刊な

どが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『しらふで生きる』を無料で読むことができ

るというわけですね!

 

また、『きれぎれ』や『権現の踊り子』など

町田康さんの過去の作品も「U-NEXT」なら

たっぷりと読めます!

 

この機会に町田さんの作品に触れてみるのも

良いかも知れませんね。

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以

上もあり、もはや専門サービス並みのライン

ナップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、町田康さんの『しらふで生きる』の

気になる感想や、本の内容についてご紹介し

ました!

 

時に笑いを織り交ぜながらもしみじみとした

気持ちにもなれる本作。

 

特に、禁酒をしようと思っている方に何か気

づきを与えてくれる本だと感じましたね。

 

感想を読んだあなたも、本作を是非手に取っ

てみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

『まなの本棚』の口コミをたっぷりとご紹介!

芦田愛菜さん初の著書であり『まなの本棚』

がついに刊行!

 

発売日は、2019年7月18日です。

 

年間100冊以上も本を読む芦田愛菜さんが厳

選した“秘密の100冊”が紹介されています。

 

そんな本作ですが、やはり口コミが気になり

ますよね?

 

そこで今回は、『まなの本棚』の気になる口

コミをたっぷりとご紹介します!是非、参考

にしてみて下さいね!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『まなの本棚』の気になる口コミをご紹介します!

では早速、『まなの本棚』の気になる口コミ

を見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天の商品ページに投稿

されている、購入された方の口コミをたっぷ

りとご紹介します!

 

なお、口コミはネタバレなしでお届けしま

すね。

 

(以下から口コミ)

 

■私は愛菜ちゃんが読書好きなのは知ってい

ました。

 

しかし、児童書、YA小説、純文学、古典、

海外小説に至るまで、実に幅広いジャンル

の本を読んでいることには驚きました。

 

本の紹介の仕方や感想はまだ子どもらしい

部分があるものの、将来、本に関するお仕

事も増えるのではと思わせてくれます。

 

年齢を重ねてもっと多くの本を読んでいっ

たら、素晴らしい書評が書けるのではない

でしょうか。

 

また、山中伸弥教授と辻村深月さんとの対

談も面白かったです。

 

私は、気に入った本ばかりを読む子どもで

したので、子どもの頃からもっとたくさん

の本を読んでおけば良かったと思いますね。

 

====================

 

■私はこれまで、愛菜ちゃんのような優秀で

知性があり品もある子にどうやったら育つの

か疑問でした。

 

ですが、『まなの本棚』を読んでみると、そ

れは愛菜ちゃんが今まで読んできた本に原因

があるのだと分かりました。

 

愛菜ちゃんの素直でみずみずしい感性が等身

大の文章で書かれており、非常に好感が持て

ます。

 

また、今作は夏休みなどの読書感想文に対し

ても参考になりますね。

 

子どもが本を好きになるキッカケが分かり、

自分ももっと本を読んでみたくなる今作を

書いてくれた愛菜ちゃんに、「ありがとう」

と伝えたいですね!

 

====================

 

■芦田愛菜ちゃんの幼少期から現在に至るま

での読書歴が分かる今作。

 

これまで愛菜ちゃんがどういう本を読んでき

たのか気になっていた私としては、ついに発

売されたなという感じです!

 

どうやら、私の子どもたちも参考になったよ

うです。

 

中学生とは思えないほど難しい本も紹介され

ているので、子どもだけではなく大人が読ん

でも十分楽しめると思いますよ。

 

====================

 

■芦田愛菜さんは、芸能活動で忙しいのにこ

れだけ多くの本を読んで勉強もできるのは、

凄いと思います。まさに真の読書家ですね。

 

今作『まなの本棚』は小学館から出版されて

いることもあり、児童書など比較的書店でも

見つけやすい著名な本が多いです。

 

愛菜さんは活字中毒とのことですが、もしか

して聖書なんかも読んだことがあるのでしょ

うかね。

 

これまであまり本を読んでこなかった方でも

『まなの本棚』を通してたくさんの本に出会

えると思いますよ。

 

====================

 

■芦田愛菜ちゃんの読書に対する愛が感じら

れる一冊。

 

お子さんにどういう本を読ませたらいいか悩

んでいる方には、非常に参考になると思いま

す。

 

児童文学、絵本、推理小説、近現代日本文

学、古典、海外小説に至るまで幅広く読んで

いる愛菜ちゃんには驚きを隠せません。

 

私は幼児期からの読み聞かせが、子どもの知

的好奇心に大きく影響するということが改め

て実感しました。

 

「続・まなの本棚」が発売されることを期待

しながら待ちたいと思います。

 

====================

 

■中学生ながらここまで多岐にわたるジャン

ルの本を紹介しているのには驚きました。

やっぱり愛菜ちゃんはしっかりしてますね。

 

また、スペシャル対談に関しては中学生ら

しい素直な感情で良かったです。

 

(口コミはここまで)

 

【著作権上の問題により、口コミは意味

を変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、ネタバレなしで『まなの本棚』の口

コミをご紹介させていただきました!

 

ここまで口コミを読んだあなた、本の続き

が気になりますよね?

 

『まなの本棚』の更に詳しい情報は、以下

のリンクから見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

『まなの本棚』の内容について

『まなの本棚』は、芦田愛菜さんによる初の

著書。発売日は、2019年7月18日です。

 

実は芦田愛菜さんは、年間100冊以上も本を

読むほど大の本好き!

 

そんな彼女が、“秘密の約100冊”と題して、

本当は教えたくない一冊を紹介したのが今

作『まなの本棚』の内容になります。

 

・本の魅力にとりつかれた初めての一冊は?

・一体、いつ本を読んでいるの?

・どういうジャンルの本を読む?

・本を好きになるにはどうしたらいいの?

・好きな登場人物は誰?

 

そんな気になるクエスチョンに、芦田愛菜

さんが一つ一つ答えてくれていますよ。

 

かなりの本好きということで、どういう解答

をされたのか気になるところ。詳しい内容は

是非あなたの目でお確かめ下さい。

 

また、京都大学iPS細胞研究所所長 教授であ

る山中伸弥さん、作家の辻村深月さんらとの

スペシャル対談も掲載されています。

 

老若男女問わず思わず読んでみたくなる一冊

が満載の『まなの本棚』。

 

「本の出逢いは、人との出逢いと同じ。」

 

あなたも“運命の一冊”を見つけてみては?

 

著者紹介

芦田愛菜(アシダマナ)

 

女優、タレント、歌手。2004年6月23日、

兵庫県西宮市に生まれる。

 

母の勧めにより、2007年に3歳で芸能界へ

と入る。

 

09年、『ABC 家族レッスン ショートムービ

ー2“だいぼーけんまま”』で、子役デビュー

を果たす。

 

10年にドラマ『Mother』で、実の母から虐

待される少女を熱演。「第65回 ザテレビジ

ョンドラマアカデミー賞」など多くの新人

賞を受賞し、全国的な知名度となる。

 

他にも、ドラマ『マルモのおきて』『ビュ

ーティフルレイン』『明日、ママがいない』

『OUR HOUSE』、映画『阪急電車 片道15

分の奇跡』『うさぎドロップ』『パシフィッ

ク・リム』『円卓 こっこ、ひと夏のイマジ

ン』など、数多くの作品に出演。

 

今作『まなの本棚』が自身初の著書となる。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『まなの本棚』

発売日: 2019年7月18日

著者: 芦田愛菜

出版社: 小学館

発行形態: 単行本

ページ数: 240p

ISBNコード: 9784093887007

 

『まなの本棚』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたは、『まなの本

棚』を「今すぐ無料で読みい!」と思っ

ているのではないでしょうか。

 

実は「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマアニメだけ

ではなく、雑誌、小説、話題の新刊などが

放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000、レンタル作品は

20,000。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば

『まなの本棚』を無料で読むとができる

というわけですね!

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以

もあり、もはや専門サービス並みのライン

ナップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、芦田愛菜さんの初著『まなの本棚』

の気になる口コミや、本の内容についてご紹

介しました!

 

芦田愛菜さんは、自身を「活字中毒」と呼ぶ

ほど大の読書好き。

 

本当に幅広いジャンルの本を読んでいるのだ

なということが伝わってきますし、読書に対

して改めて興味を持つのにうってつけの一冊

だと思いますよ!

 

口コミを読んだあなたは、『まなの本棚』を

是非読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!