エッセイ

『女はいつも四十雀』を購入された方の感想をご紹介します!

『女はいつも四十雀』(しじゅうから)とい

うエッセイをご存知ですか?

 

林真理子さんによる著書で、2019年5月30日

に発売。

 

『STORY』連載エッセイ平成最後の5年分を

収めた作品です。

 

そんな本作ですが、やはり気になるのは感想

ですよね?

 

そこで今回は、『女はいつも四十雀』を購入

された方の感想をご紹介します!是非、参考

にしてみて下さいね!

 

『女はいつも四十雀』の感想をたっぷりとご紹介!

では早速、『女はいつも四十雀』の感想を

見ていきます!

 

今回は、読書メーター、Amazon、楽天等

に投稿されている、実際に購入された方の

感想をご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■林真理子さんのエッセイは、毎回楽しみに

しながら読んでいます。

 

誤解されやすい方かもしれませんが、長年

真理子さんのエッセイを読んできた私とし

ては、自分の気持ちに正直で素直な方だと

思いますよ。

 

特に、「お金の支払い時には、その人の知性

や教養が全て表れる。」という言葉には、な

るほどと思いました。

 

自分が食事代を払うと言っておきながら結局

払わない人や、財布を出すもののおごられる

気満々の人など、様々なタイプの人が見て取

れます。

 

また、子どもの頃に真理子さんをいじめてい

た人のその後については複雑な気持ちになり

ましたね。

 

熟年女性の鑑である真理子さんを、私は今後

も追っかけていきたいと思います。

 

====================

 

■月刊誌「STORY」に連載のエッセイ集です。

若い方ではなく40歳女性がターゲットの雑誌

ですね。

 

ですので、「若い子に勝つには」という項目

があったりと、構成にこだわりが見て取れま

す。

 

ただ、そういった事に対する具体的な答えで

はなく、エッセイが綴られているだけです。

 

著者の林真理子さんの周囲には、エリートや

高収入の夫を持つ専業主婦が多いので、正直

参考になる部分は少なかったですね。

 

ただ、エッセイ自体は面白かったです。

 

====================

 

■夫やママ友との関係、洋服の断捨離、ファ

ッション、同窓会のことなど、真理子さんの

エッセイは『STORY』誌上でときどき読ん

でいました。

 

まるで、世の中を熟知している真理子さん。

『女はいつも四十雀』は、真理子さんという

年上の先輩からのアドバイスを受けているよ

うな感覚で、楽しく読めました。

 

特に、「お金の支払い時には、その人の知性

や教養が全て表れる。」という言葉にはドキ

リとします。

 

これは、女性同士でモタモタやってしまいが

ちなので、気を付けないといけませんね。

 

====================

 

■『女はいつも四十雀』は、この前に読んだ

『女の偏差値』よりも共感できる部分が多か

ったように思います。

 

同窓会LOVEの話には、ナルホドですね!共

に都会に行っても故郷は同じ。お正月やお盆

に帰る場所が同じだから、自然と絆が強くな

るんですね。

 

また、子育て、お金の支払い、老いた親との

関係性など、身近な話題もたくさんあり、気

軽に楽しめたエッセイです。

 

====================

 

■『STORY』という雑誌にて連載のエッセイ

です。ヘアサロンなどで必ずと言っていい程

渡される雑誌ですね。

 

雑誌の読者層に合わせたファッションや美容

の話が中心です。

 

ほかのエッセイではあまり見ないママ友の話

などもあり、興味深く読めました。

 

====================

 

■私は現在30代です。『女はいつも四十雀』

は、「40代になると何が待っているのだろ

う」という期待を抱きながら読みました。

 

ちなみに、「王様のブランチ」で紹介され

ていたのが、本を購入したキッカケです。

 

正直、林真理子さんは生活水準が相当高い

方だと思いますので、本の内容が全て参考

になるわけではありません。

 

ですが、私は「運命を楽しみなさい」とい

う真理子さんの言葉には惹かれました。

 

一見すると無駄な事でも、人生に彩りと深み

を与えてくれる。

 

この本を読んで、私は前を向き丁寧に生きよ

うと思いました!

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『女はいつも四十雀』の感想をご紹

介させていただきました!

 

ここまで感想を読んだあなた、本の続きが

気になりますよね?

 

『女はいつも四十雀』の更に詳しい情報は

以下のリンクから見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

『女はいつも四十雀』の内容紹介

『女はいつも四十雀』は、林真理子さんに

よるエッセイ。2019年5月30日に発売され

ました。

 

ちなみに、「四十雀」は「しじゅうから」

と読みます。スズメぐらいの大きさの鳥の

ことですね。

 

内容としては、『STORY』連載エッセイ平

最後の5年分が収められています。

 

「友人に聞いても、人ヅマだろうと、子持

ちであろうと、やはり四十代はモテ期。女

としての黄金期だったというのである。私

はそういうことをエッセイに書きたいなあ

と思ってきた。(「はじめに」より抜粋)

 

林真理子さんがそう語るように、歳を重ね

たからこそ気付くことがあるのでしょうね。

 

仕事、美容、家庭、子育てなどを、林さん

が独自の目線で綴った本作。

 

詳しい内容は、是非あなたの目で確かめて

みて下さい!

 

目次

【第1章】

素敵な元カレは、女のごほうびである

 

【第2章】

手放すには惜しい妻でいるために

 

【第3章】

中年女が若い女に勝つ方法

 

著者紹介

林真理子(ハヤシマリコ)

 

小説家、エッセイスト。1954年、山梨県に生

まれる。日本大学藝術学部卒。

 

コピーライターを経て82年に出版したエッ

セイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』

がベストセラーとなる。

 

86年、「最終便に間に合えば」「京都まで」

で、第94回直木賞受賞。

 

95年、『白蓮れんれん』で、第8回柴田錬三

郎賞受賞。

 

98年、『みんなの秘密』で、第32回吉川英

治文学賞受賞。

 

2013年、『アスクレピオスの愛人』で、第

20回島清恋愛文学賞受賞。

 

18年には、紫綬褒章を受章する。

 

NHK大河ドラマ『西郷どん』(2018)の

原作者としても知られている。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『女はいつも四十雀』

発売日: 2019年5月30日

著者: 林真理子

出版社: 光文社

発行形態: 単行本

ページ数: 332p

ISBNコード: 9784334950996

 

おわりに

今回は、『女はいつも四十雀』という林真理

子さんのエッセイの感想や、本の内容につい

てご紹介しました!

 

本のタイトル通り、特に40代の女性の方

こそ響く内容だと思いますね。

 

感想を読んだあなたは、是非今作を読んで

みてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

▼関連記事▼

『かみさまは小学5年生』の気になる感想をズラッとご紹介!

『かみさまは小学5年生』という本をあなた

はご存知ですか?

 

発売から5ヶ月で20万部突破!

 

すみれちゃんという小学5年生の女の子が書

いた本で、冒頭の13ページで涙を流す人が

続出しているとのこと。

 

そんな話題の本作ですが、やはり読んだ感想

が気になりますよね?

 

そこで今回は、『かみさまは小学5年生』を

実際に読んだ方の感想をたっぷりとご紹介し

ます!是非、参考にしてみて下さいね!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『かみさまは小学5年生』の感想をズラッとご紹介!

では早速、『かみさまは小学5年生』の気に

なる感想を見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天に投稿されている、

購入された方の感想をネタバレなしでご紹介

します!

 

(感想は以下から)

 

■小学校5年生の娘に頼まれて買いました。

すみれちゃんと同年代ということもあって

か、娘は夢中で読んでいましたよ。

 

私は元々神様などは信じていないのですが、

すみれちゃんの言葉がスッと心に入ってき

て、不思議と清々しくなりました。

 

お子さんがいる方には、是非読んでもらい

たいですね(^^)

 

====================

 

■この本は、信心深い方やスピリチュアル系

に興味がある方向けかなと思います。

 

さらっと読めるので、すみれちゃんの言葉を

よく噛み締めながら読むことをおすすめしま

す。それだけ深い内容ですので。

 

私としては、すごく勉強になる一冊でした。

 

====================

 

■実は私の娘もすみれちゃんと同学年で、神様

が見え、過去や未来も見えるようです。

 

ユニークな神様たちに囲まれて、賑やかに過

ごしているのですが、女の神様が多いという

点だけは違います。なので、二人は階級が違

うのかなと感じますね。

 

この本に書かれている内容を信じられない方

が多いのは分かります。

 

ですが、私たちと同じような世界が向こうに

も並行して存在していると思うんです。

 

なので、こういった信じられない内容を世の

中に公表するのは、すごく勇気がいるのだは

ないかと思いますね。

 

====================

 

■赤ちゃんを持つママさんに是非オススメし

たい一冊です。

 

特に、育児ノイローゼになる前に読んでみて

下さい。

 

育児ノイローゼの原因が分かるので、不安が

和らぐと思いますよ。

 

また、神さまの世界も分かりやすく書いてあ

ったなと感じました。

 

====================

 

■分かりやすい内容で、一気に読めました。

絵本作家ののぶみさんとのインタビューも

GOOD♪

 

是非、著者のすみれちゃんに会ってみたい

ですね。

 

====================

 

■この本は、神様の存在などを信じない方に

はつまらない内容かもしれません。

 

ですが、私自身はすごく心を打たれました。

 

====================

 

■神様とはいえ、小学5年生の子の語り口調

の本です。

 

なので、非常に単純明快で、一気に読み終

えました。

 

何度も読みたくなるほど、気持ちが軽く、

そして明るくなる本です。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『かみさまは小学5年生』の感想を、

ネタバレなしでご紹介させていただきまし

た!

 

今作の内容について

『かみさまは小学5年生』は、すみれちゃん

という小学5年生の女の子による著書です。

 

2018年3月5日に発売されました。

 

2013年に公開の『かみさまとのやくそく』

いう映画をご存知でしょうか?

 

「胎内記憶」が題材のドキュメンタリー映画

なのですが、実はすみれちゃんはその映画に

出演していたのです!

 

その映画で注目を浴びたすみれちゃん。実際

はマルゲリータが大好きで、運動や勉強が少

し苦手な小学5年生の女の子。

 

ですが、自分が生まれる以前の記憶があるま

ま10歳まで育ち、空の上のかみさまとお話が

できるそうなんですね。

 

にわかには信じがたいことですが、この本の

内容を読めばその印象が変わるかもしれませ

ん。

 

すみれちゃんが語る「ほんとうの幸せ」とは

果たして?

 

大人気絵本作家・のぶみさんとの対談も収録

されている『かみさまは小学5年生』。

 

最初の13ページで涙を流す人が続出の今作を

是非あなたも読んでみては?

 

『かみさまは小学5年生』のあらすじは?(ネタバレなし)

ここでは、『かみさまは小学5年生』のあら

すじを、ネタバレなしでご紹介!

 

(あらすじは以下から)

 

「あなたは世界にたったひとりの存在。

だって、あなたと同じ声の人なんていな

いし、あなたと同じ心をもつ人なんてい

ないでしょ?世界にとったら、ひとりひ

とりがたからもの。」

 

「これだけはおぼえておいて。自分で自

分は幸せにできるってことを。自分でし

か自分を幸せにできないってことを。」

 

「生まれ変われるけど今世は一度きり!」

 

小学5年生の小さな女の子が語る、宇宙よ

りもスケールの大きい言葉の数々。

 

子供だけではなく、大人にも読んでほしい

すみれちゃんの珠玉の言葉をあなたも是非!

 

(あらすじはここまで)

 

以上、『かみさまは小学5年生』の気になる

あらすじをネタバレなしでご紹介しました!

 

本を読む際の参考になれば幸いです。

 

目次

・私が知っている、もうみっつのこと

 

・かみさまってこんな人だよ!!

 

・あなたは世界にたったひとりのたからもの

 

・あかちゃんはおなかの中でどんなことを

思っているか

 

・ホームランを打とうとするな。ヒットで

いい!!

 

・えがおはえがおをよぶ

 

・かみさまと天使さんのちがい

 

・かみさまや天使さんが一番伝えたいこと

 

・人間はこのくらいがちょうどいい!!

 

・生まれ変わるけど、今世は一度きり!

 

ほか

 

著者紹介

羽生すみれ

 

2007年生まれで、小学5年生の女の子。

 

生まれたときから、かみさまや、見えない

が一人一人を見守っている存在たちとお話

ができる。

 

13年に公開された『かみさまとのやくそく』

という、胎内記憶が題材のドキュメンタリー

映画に出演。全国のママたちに広く知られる

ようになる。

 

現在は、全国の子育てに悩むママだけではな

く、一流企業の社長にも幸せを届けている。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『かみさまは小学5年生』

発売日: 2018年3月5日

著者: すみれ

出版社: サンマーク出版

発行形態: 単行本

ページ数: 157p

ISBNコード: 9784763136824

 

おわりに

今回は、すみれちゃんの著書『かみさまは小

学5年生』の感想や本の内容を、ネタバレなし

でご紹介しました!

 

すみれちゃんの持つ独特な世界観やスピリ

ュアル系に興味がある方にはオススメですが

人によってはとっつきにくい内容かもしれま

せん。

 

良くも悪くも好みが分かれる一冊だと思いま

すね。

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、本作

をはじめ様々な書籍がたっぷりと読めるので

重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

感想を読んだあなたも、この機会に手に取っ

てみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

『黒いマヨネーズ』の気になる感想をたっぷりと!

ブラックマヨネーズの吉田敬さんのエッセイ

『黒いマヨネーズ』が、2019年2月26日に発

売されました!

 

吉田さんの哀愁ただよう猛毒エッセイが58篇

も詰まっています。

 

そんな本作ですが、やはり感想が気になりま

すよね?

 

そこで今回は、『黒いマヨネーズ』の評判を

実際に購入された方の感想を通してたっぷり

ご紹介します!是非、参考にしてみて下さい

ね!

 

『黒いマヨネーズ』の感想をたっぷりとご紹介!

『黒いマヨネーズ』の気になる評判を調べる

には、実際に購入された方の感想を見るのが

一番早いですよね。

 

そこで今回は、Amazonや楽天などに投稿さ

れている感想をたっぷりとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■1つ1つのエッセイが短いので気軽に読めま

す。どんどん読み進められるからテンポが

良いですね。

 

私がこの本で感心したところは、吉田さん

の物事を例えるセンスです。

 

実際に吉田さんのような方の話を聞くのは、

分かりやすくて楽しいだろうなぁ。

 

また、随所にある相方・小杉さんのイジり

はどれも面白いです(笑)

 

読み終えたあとは、爽やかな気持ちになり

ました。

 

ちなみに、私は最後のクレジットカードの

話が特にお気に入りです。

 

====================

 

■ブラマヨの吉田さんが持つ、ネガティブ

かつ独自の発想が炸裂していますね。

 

思わず泣いたり笑ったりしてしまうので、

ブラマヨファンじゃなくても読んでほし

い本です!

 

====================

 

■読み終わりました!!吉田さん、笑いと

感動をありがとうございます!

 

言葉の表現も非常に面白く、家で読んで

いたのですが声に出すほど笑っちゃいま

した(笑)吉田さん、大好きです(笑)

 

====================

 

■非常に上質なエッセイ。

 

下ネタが多いにもかかわらず文章がすごく

上品というこの絶妙なバランス、良いです

ね。

 

生きていく中で抱える、嫉妬や妬みといっ

た負の感情。

 

それらをユーモアで包めば、こんなに美味

しい味になるのかと感激しました。

 

個人的には、最後のクレジットカードの話

が最高でした。

 

====================

 

■あまりにもレビューが良いので、久々に

活字のみの本を購入してみることに。

 

まだ読み終わってはいませんが、おばあ

ちゃんの話は涙が出そうになりました。

吉田さん、ズルいですねぇ。

 

====================

 

■一言一句練り込まれた、乾坤一擲の大作

でした。

 

決して綺麗すぎない文章から、本人が書い

たということがすごく伝わってきます。

 

笑えてなおかつ重みのある一冊に仕上がって

いるのは、吉田さんの血が通った文字だから

でしょうね。

 

====================

 

■本の「はじめに」の部分を読んだ時点で、

「これは面白い本に違いない!」と、ワク

ワクしました。

 

そのワクワク感は、最後まで途切れること

なく爽快感へ。

 

基本は他愛もない話ですが、人間の感情を

揺さぶるのは技術ではなく「嘘のない言葉」

なのでしょうね。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『黒いマヨネーズ』の評判を購入さ

れた方の感想を通してご紹介しました!

 

ここまで感想を読んだあなた、本の続きが

気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンク

ら見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

今作の内容について

『黒いマヨネーズ』は、ブラックマヨネーズ

ボケ担当・吉田敬さんによるエッセイです。

2019年2月26日に発売されました。

 

本作には、実に個性的な58篇ものエッセイ

収録されています。

 

例えば、

 

・初体験

・卒業式で泣く奴の浅さ

・アホかも知れない俺の後輩

・選挙権を取り上げろ

・不倫と浮気は別物論

・2020 東京オリンピック

・トランプの年収

・角刈りの留学生を探して

・生まれ変わるなら

・一考して欲しい事

・異常な街・東京

・愚痴ることの大切さ

 

などなど…。

 

タイトルを見ただけでも、どんな内容か気に

なるものばかりですよね。

 

昨今の問題から普遍的なテーマまで、実に幅

広いテーマとなっています。

 

妄想と現実の狭間で時に怒り、時に涙する。

 

そんな世の中の不条理な事実と栄枯盛衰を、

吉田さんが哀愁たっぷりに綴った『黒いマヨ

ネーズ』。

 

珠玉の“猛毒エッセイ”の数々を、あなたも

是非味わってみては?

 

目次

・初体験

・祖母

・祖母2

・結婚

・酒

・ハンデ

・ボートレース

・重力について

・モチベーション

・コンビ

ほか

 

著者紹介

吉田敬(ヨシダタカシ)

 

お笑い芸人。1973年、京都府に生まれる。

吉本総合芸能学院(NSC)大阪13期生。

ブラックマヨネーズのボケ担当。

 

98年に、小杉竜一とブラックマヨネーズを

結成。

 

上方お笑い大賞最優秀新人賞など、多数の

受賞歴を誇る。

 

2005年に開催された第5回M-1グランプリ

で優勝し、全国区の人気を得る。

 

現在はレギュラー番組を多数持ち、多岐に

渡り活躍している。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『黒いマヨネーズ』

発売日: 2019年2月26日

著者: 吉田敬

出版社: 幻冬舎

発行形態: 単行本

ページ数: 253p

ISBNコード: 9784344034310

 

『黒いマヨネーズ』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたは、『黒いマヨネ

ーズ』を「今すぐ無料で読みたい!」と思っ

ているのではないでしょうか。

 

実は、「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマアニメだけ

ではなく、雑誌、小説、話題の新刊などが

放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000、レンタル作品は

20,000。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『黒いマヨネーズ』を無料で読むことがで

きるというわけですね!

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以

もあり、もはや専門サービス並みのライン

ナップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、ブラックマヨネーズの吉田敬さんに

よるエッセイ『黒いマヨネーズ』の感想や、

本の内容についてご紹介しました!

 

天才コラムニスト・吉田さんが哀愁たっぷり

に綴った“猛毒エッセイ”の数々…。

 

感想を読んだあなた、『黒いマヨネーズ』を

是非味わってみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!