哲学書

現代語訳『論語と算盤』を読んだ方の感想をズラッとご紹介!

『論語と算盤』という本をあなたはご存知で

すか?

 

「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一の

生涯を通じて貫いた経営哲学について書かれ

た一冊です。

 

長きに渡って読まれ続けている本作ですが、

やはり感想が気になりますよね?

 

そこで今回は、『現代語訳 論語と算盤』を

実際に読んだ方の感想をたっぷりとご紹介し

ます!是非、参考にしてみて下さいね。

 

『論語と算盤』の気になる感想をズラッとご紹介!

では早速、渋沢栄一『現代語訳 論語と算盤』

の気になる感想を見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天などにある購入され

た方の感想をズラッとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■私の会社は、社是に「論語と算盤」を掲げ

ています。

 

その関係もあって、『論語と算盤』は以前か

ら読みたかった本の一つでした。

 

率直な感想としては、商売と職業倫理につい

て考えさせられる良本だなと感じました。

 

非常に示唆に富んだ内容で、「ドラッカー」

にも通じる部分がありますね。

 

また、本書は現代語訳なので、すごく読みや

すいことも良い点ですね。

 

マネーゲームでお金が儲かればいいとか、お

金儲けの何が悪いのかと思っている人には、

本書はピッタリだと思います。

 

====================

 

■私はこの『論語と算盤』を読んで、本書が

日本の数多くの経営者が読んでいる一冊だと

気付きました。

「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一。

 

お金儲けしか頭にない人だと思っていました

が、とんだ誤解でした。

 

バランスの取れた人間的に素晴らしい人物で

これは新一万円札の肖像画に相応しい方だな

と痛感しました。

 

私が渋沢栄一の最も好きなところは、女性に

モテて、奥さんとの確執も包み隠さず述べて

いるところです。

 

そんな人間味があって弱い立場の人にも優し

い渋沢栄一は、日本を代表するリーダーだと

思いますね。

 

====================

 

■『論語と算盤』は、論語に基づいた道徳と

ビジネスに関する本です。論語に関しても分

かりやすく書かれています。

 

論語は学校でも一応学びますが、大人になっ

てから学ぶと、改めて自分自身を分析できた

り、自分の経験と比較できたりと面白いもの

ですね。

 

論語は宗教よりも論理的な内容なので、私達

日本人が人生の指針にするにはピッタリだと

思います。

 

何年後かにまた読み返したいものですね。

 

====================

 

■渋沢栄一と言えば、江戸から昭和にかけて

活躍した人ですが、その考え方や精神は現代

でも十分通用します。

 

彼の生きた時代は、「知識ばかりを重視して

精神を磨くことはなおざり」だったそうで。

 

今の時代はそういう傾向がことさら強いです

よね。

 

本書は現代語訳なので、分かりやすく書かれ

ています。数日で読めると思いますよ。

 

現代人に足りないものに気付かされ、少なか

らず自分の生き方に変化を与えてくれる一冊

です。

 

====================

 

■『論語と算盤』は、明治維新後の渋沢栄一

の講演内容が基になっています。

 

ですが、まるで渋沢本人が書いたと錯覚する

ほど、彼の精神がよく書き表されています。

 

今の時代は、インターネット上でビジネスが

できるようにもなりました。中には批判され

るビジネスもありますよね。

 

たとえネット上でビジネスをやるにしても、

「商売」の原理原則は昔と変わらないはず。

 

どんな形でビジネスをするにしても、本書

は読んでおきたいですね。

 

====================

 

■簡潔な文章で面白かったので、一気に読み

終わりました。

 

渋沢栄一が我々の生活にここまで深く関わっ

ていたとは…。

 

『論語と算盤』を読むまで気付くなかったで

すね。

 

多分、渋沢栄一のことは高校か大学で習った

と思うのですが、そのときは面白いと思わな

かったのかも…。

 

お金や人との関わり方について分かりやすい

言葉で訳した一冊ですので、どんな人でも読

みやすいと思います。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、渋沢栄一『現代語訳 論語と算盤』の

感想をご紹介させていただきました!

 

『現代語訳 論語と算盤』のあらすじについて

『論語と算盤』は、渋沢栄一による著書。

 

2010年2月8日に、筑摩書房から現代語訳版

が発売され、守屋淳さんが訳を務めていま

す。

 

現代語訳版は特に読みやすいと話題になり、

すでに25万部を突破するほど多くの人に読

まれています。

 

渋沢栄一と言えば、2024年から新一万円札

の顔になることが決まり、2021年には彼が

主人公の大河ドラマ第60作『青天を衝け』

の放送が控えるなど、今何かと話題の人物

ですよね。

 

第一国立銀行、理化学研究所、東京証券取

引所など、約470社もの企業の創立・経営に

尽力。

 

あなたが知っている有名な企業も、渋沢が

設立に関わっていたりするわけです。

 

そんな「日本資本主義の父」が、生涯を通

じて貫いた経営哲学とは何なのか?

 

本作には、その「答え」が詰まっています。

 

経済人としてのあるべき姿を示した『論語

と算盤』は、「利潤と道徳を調和させる」

という、全ての日本人の原点が示されてい

ます。

 

経営、労働、人材育成の核心をついた彼の

経営哲学は、現代でも学ぶことが多いはず。

 

絶対的な指針が無い今の時代だからこそ響

く「最強の古典」を、あなたも是非読んで

みてはいかがでしょうか。

 

目次

・第1章:処世と信条

・第2章:立志と学問

・第3章:常識と習慣

・第4章:仁義と富貴

・第5章:理想と迷信

・第6章:人格と修養

・第7章:算盤と権利

・第8章:実業と士道

・第9章:教育と情誼

・第10章:成敗と運命

 

著者紹介

●渋沢栄一(シブサワエイイチ)

 

幕臣、官僚、実業家、教育者。1840年(天

保11年)~ 31年(昭和6)年。

 

江戸時代末期に農民(名主身分)から武士

(幕臣)に取り立てられる。

 

明治政府では大蔵少輔事務取扱となり、大

蔵大輔・井上馨の下で財政政策を行う。

 

退官後は実業家に転じ、第一国立銀行、理

化学研究所、東京証券取引所など約470社

もの企業の創立・経営に携わる。

 

二松學舍第3代舎長(現在の二松学舎大学)

を務めたほか、商法講習所(現在の一橋大

学)、大倉商業学校(現在の東京経済大学)

の設立にも尽力。

 

そういった功績から、「日本資本主義の父」

と称される。

 

また、論語を通じた経営哲学でも広く知られ

ている。

 

2021年(令和3年)に、渋沢栄一を主人公と

したNHK大河ドラマ『青天を衝け』が放送

予定。

 

24年(令和6年)より、新紙幣一万円札の顔

となる。

 

====================

 

●守屋淳(モリヤアツシ)

 

1965年、東京都に生まれる。早稲田大学第

一文学部卒業。

 

大手書店に勤務後は、中国古典の研究に携

わる。雑誌連載や講演など多数。

 

『現代語訳 論語と算盤』では、訳を担当。

 

====================

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『現代語訳 論語と算盤』

発売日: 2010年2月8日

著者: 渋沢栄一

訳: 守屋淳

出版社: 筑摩書房

発行形態: 新書

ページ数: 249p

ISBNコード: 9784480065353

 

おわりに

今回は、渋沢栄一『現代語訳 論語と算盤』

の気になる感想や、本の内容についてご紹

介しました。

 

新一万円札の顔になることが決まり、2021

年には渋沢栄一を主人公とした大河ドラマ

『青天を衝け』も放送予定。

 

そんな機会だからこそ、渋沢の経営哲学に

是非とも触れておきたいですね!

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、様々

な書籍が読めるので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

感想を読んだあなたも、『論語と算盤』をこ

の機会に読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

稲盛和夫『心。』を実際に読んだ方の感想をズラッとご紹介!

2019年6月17日に発売された、稲盛和夫さん

の著書『心。』

 

京セラやKDDIという誰もが知る大企業を立

ち上げた稲盛さんが、心のあり方と人として

のあるべき姿を説いた一冊です。

 

そんな本作ですが、やはり読んだ感想が気に

なりますよね?

 

そこで今回は、稲盛和夫さんの著書『心。』

を実際に読んだ方の感想をたっぷりとご紹介

します!是非、参考にしてみて下さいね。

 

稲盛和夫さんの『心。』の感想をたっぷりとご紹介!

では早速、稲盛和夫さんの著書『心。』の気

になる感想を見ていきます。

 

今回は、Amazonや楽天などにある購入され

た方の感想をズラッとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■この本を読んで私は、自分の日々の行いに

ついて考えさせられました。

 

その行いが自分の損得のためではなく、他人

のために行っているかが大事なんですね。

 

また、調子が良いときこそ驕りが生まれるの

で、その点も気を付けないといけません。

 

逆に調子が悪いときは、その程度で済んで良

かったと思うことも大事。

 

常に感謝と謙虚さを心がけ、自分の心のあり

方を意識する。

 

しっかりと心に留めておきたい一冊でした。

 

====================

 

■この本を読んだ方の中には、ある種時代遅

れな内容だと思う方もいるかと思います。

 

しかし、日本人として働く上で大事なことは

いつの時代も変わらないのではないでしょう

か。私はそう感じました。

 

特に、「利他の心」や「駄目だと思った時が

仕事の始まり」といった考え方は、私自身の

大切なことを思い出させてくれます。

 

「人間として何が正しいことなのか。」

 

それを常に念頭に置いて毎日を送ることが

大事なのではないかと思いますね。

 

====================

 

■日本での発行部数が120万部を超え、中国

では200万部を超えた稲盛和夫さんの著書

『生き方』。

 

今作『心。』は、そんなミリオンセラーの

前作を上回るほどの内容で、稲盛さんにと

ってはまさに集大成となる一冊です。

 

「全ては“心”に始まり、“心”に終わる。」

 

「心」がどれほど大切で、「心」が人生に

どのような影響を与えるのかが、今作を読

めば分かるはずです。

 

====================

 

■「良いことも悪いことも、全ては自分の心

が招くこと。」

 

「正しい心、利他の心を持って、不撓不屈、

ネバーギブアップの精神で一心不乱に努力

する。」

 

「心を磨き、他に尽くすこと」という、忘

れていた大事なことを改めて気づかせてく

れた一冊です。

 

====================

 

■私は以前、稲盛さんの著書『生き方』を読

んで、現代を代表する名経営者の成功の秘訣

を学びました。

 

今作『心。』は、「正しく生きるための心」

が記されており、稲盛さんにとって集大成と

言える一冊になると思います。

 

「良心に恥じない選択」「利他の心」「万物

への感謝」など、経営というよりも宗教に通

ずるような「心のあり方」が載っています。

 

また、前作『生き方』には載っていなかった

「労働争議時代の逸話」なども書いてあり、

成功の裏にはそれを超えるほどの苦労もあっ

たことが窺えます。

 

私は現在会社員でまだ先のある人生ですが、

稲盛さんの「精神」や「心のあり方」は是非

とも見習いたいものです。

 

社会人として少しでも世の中のため、そして

人の役に立つためにこれから頑張っていきた

いと、今作を読んで決意できました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、稲盛和夫さんの著書『心。』の気に

なる感想をご紹介させていただきました!

 

本作のあらすじについて

ここでは、稲盛和夫さん『心。』のあらすじ

についてご紹介します。

 

(あらすじは以下から)

 

『心。』は、稲盛和夫さんによる著書。2019

年6月17日に発売されました。

 

「人生を意のままにする力」という副題が付

いています。

 

本作は、ミリオンセラーを突破した『生き方』

の続編に当たる一冊。

 

ちなみに、稲盛さんが今まで出版された書籍

の累計発行部数は、なんと1,500万部を突破!

 

稲盛和夫さんと言えば、京セラ・KDDIとい

う世界的な大企業を立ち上げた方として有名

ですよね。

 

また、JAL(日本航空)を「奇跡の再生」へ

僅か3年で導いたことでも知られています。

 

そんな日本随一の経営者である稲盛さんが、

80余年に渡る人生と50年を超える経営者と

しての圧倒的な経験を通じて伝えたいこと、

それは、「全ては心が決めている」という

事実。

 

人生は様々なことが起こりますが、その全て

は自分自身の心が引き寄せたものであり、全

ては心が描いたものが反映されるのです。

 

稲盛さんはこれを、世の中を動かす「絶対的

な法則」だと説いています。

 

だからこそ、心のありようが人生を成功へと

導く鍵になるのでしょうね。

 

「全ては“心”に始まり、“心”に終わる。」

 

日本を代表する経営者である稲盛和夫さんが

説く、「究極の哲学」。

 

より良い生き方を求める全ての方に読んでい

ただきたい一冊です!

 

以上、稲盛和夫さんの『心。』のあらすじを

ご紹介しました!

 

目次

【目次一覧】

●プロローグ

 

●第1章:人生の礎を築く。

 

●第2章:善なる動機をもつ。

 

●第3章:強き心で成し遂げる。

 

●第4章:正しきを貫く。

 

●第5章:美しき心根を育てる。

 

【本書目次より抜粋】

・人生のすべては心が映し出す

 

・よいときも悪いときも感謝の思いで受け止

める

 

・利他の思いから行動すれば、自らのもとに

返ってくる

 

・その瞬間に「できる」と思えば実現できる

 

・高い目標を実現するには思いを一つにする

こと

 

・従業員の心が変われば、会社は劇的に変わ

 

・正しい判断は〝魂〟がもたらしてくれるも

 

・リーダーにふさわしいかは「心根」で決ま

 

・真我に近づけばありのままの真実が見えて

くる

 

・すべて心に始まり、心に終わる

 

著者紹介

稲盛和夫(イナモリカズオ)

 

実業家。1932年、鹿児島県鹿児島市に生まれ

る。鹿児島大学工学部卒業。

 

55年に鹿児島大学工学部を卒業し、京都の碍

子メーカー・松風工業に就職する。

 

59年4月に知人からの出資を得て、京都セラミ

ック株式会社(現在の京セラ)を資本金300

万円で設立。社長、会長を経て、97年より名

誉会長を務める。

 

84年に、第二電電(現在のKDDI)を設立

し、会長に就任する。2001年より最高顧問。

 

84年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創

設する。毎年、人類社会の進歩発展に功績

を上げた人たちを顕彰している。

 

2000年10月に、DDI(第二電電)、KDD、

IDOの合併によりKDDI株式会社を設立し、

名誉会長に就任。01年6月より最高顧問。

 

10年2月には、日本航空(JAL、現日本航空

株式会社)会長に就任。代表取締役会長、

名誉会長を経て、15年より名誉顧問を務め

る。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『心。』

発売日: 2019年6月17日

著者: 稲盛和夫

出版社: サンマーク出版

発行形態: 単行本

ページ数: 208p

ISBNコード: 9784763132437

 

おわりに

今回は、稲盛和夫さんの著書『心。』の気に

なる感想や、本のあらすじについてご紹介し

ました!

 

心のあり方と人としてのあるべき姿を説いた

本作は、まさに稲盛さんにとって集大成とな

る一冊。

 

稀代の経営者の精神や思考は、本当に勉強に

なることばかりでした!

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、本書

『心。』をはじめ、

 

『人を生かす』

『従業員をやる気にさせる7つのカギ』

 

など、稲盛さんの過去の著書もたっぷりと読

めるので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

感想を読んだあなたも、この機会に本書を手

に取ってみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

中村天風『運命を拓く 天風瞑想録』の購入は楽天で決まり!

1994年1月26日に発売された、 中村天風先生

の著書『運命を拓く 天風瞑想録』をご存知

ですか?

 

心の働きからよりよい人生を説いた、天風

先生渾身の一冊です。

 

内容が気になるこちらの本、どこで購入

できるか知りたいですよね?

 

そこで今回は、『運命を拓く 天風瞑想録』

を、日本最大級の通販サイトの楽天で購入

できるか詳しく調べてみました。

 

ほかにも、今作の特徴、著者の紹介、購入

された方の感想などもお伝えします。

 

▼購入はこちら▼

 

『運命を拓く 天風瞑想録』を購入するなら楽天!そのワケとは?

『運命を拓く 天風瞑想録』の価格はいくらか?

 

早速、日本最大級の通販サイトの楽天で調べて

みました。

 

このサイトをご覧のあなたも、おそらく楽天

で一度はお買い物をしたことがあるのでは?

いつも使うところで売っていたら気軽に購入

できますよね。

 

価格(税込)を調べてみた結果、このように

なりました。

 

※価格やポイントは変動する場合があります。

※今作は、電子書籍版はまだありません。

 

【運命を拓く 天風瞑想録】

価格:2,052

獲得ポイント: 120ポイント(6倍!)

▼購入はこちら▼

 

また、こちらの本を楽天で購入すると、以下の

関連するクーポン・キャンペーンが適用され

る場合があります。

 

・楽天ブックス商品1000円以上購入&音楽

アプリ無料お試しで700ポイント

 

※エントリー必要の有無や実施期間などの

各種詳細な条件は、楽天の各説明頁にて

ご確認下さい。

 

さらに、楽天ブックスなら送料無料。

 

楽天は他に比べてポイントがかなり貯まり

やすい通販サイトです。普段から楽天を

利用されている方ならポイントで購入も

出来ます。値段だけではなく購入のしや

すさでも良いサイトだと思います。

 

さらに先程説明したクーポンやキャンペーン

を活用すれば、よりお得に購入できますね。

 

『運命を拓く 天風瞑想録』を購入するなら

楽天で!是非、参考にしてみて下さいね。

 

●『運命を拓く 天風瞑想録』

発売日: 1994年1月26日

著者/編集: 中村天風

出版社: 講談社

発行形態: 単行本

ページ数: 307p

ISBNコード: 9784062053525

 

今作の特徴

『運命を拓く 天風瞑想録』は、中村天風先生

の著書です。

 

1994年1月26日に発売されました。ですから、

もう20年以上前の書籍ということになります。

 

天風先生がこの本で説いているのは、「生命

と宇宙の結び目である心が全てを創る」とい

うこと。

 

つまり、成功や健康や運は、全て心の働きだ

ということです。何とも深い言葉ですね。

 

「宇宙の無限の力を心に取り込み、積極的に

生きること。」

 

多くの方の人生を好転させてきた天風先生の

感動の言葉が、この本には詰まっています。

 

目次

序章 朝旦偈辞

第1章 生命の力

第2章 人生を支配する法則

第3章 潜在意識とその性能

第4章 言葉と人生

第5章 大いなる悟り

第6章 人生と運命

第7章 人間の生命の本来の面目

第8章 人生の羅針盤

第9章 第一義的な活き方

第10章 恐怖への戒め

第12章 勇気と不幸福撃退

第12章 理想と想像

第13章 一念不動

 

著者紹介

●中村天風(ナカムラテンプウ)

 

1876年(明治9年)7月30日、東京府豊島郡

(現東京都北区王子)で生まれる。

本名は、中村三郎。

 

1904年(明治37年)、日露戦争の軍事探偵と

して満洲で活躍。

 

満州から帰国後、当時死病であった奔馬性肺

結核を発病したことを境に人生について深く

考え、その真理を求めて欧米を遍歴。

 

その帰路、ヒマラヤの麓でヨーガの聖者カリ

アッパ師の指導を受け、自身の病を克服。

 

帰国後は実業界で活躍したが、1919年(大正

8年)、社会的地位や財産を放棄し、「心身

統一法」として、真に生きがいのある人生を

活きるための実践哲学についての講演活動を

開始する。

 

同年に、「統一哲医学会」を創設する。政財

界の有力者をはじめとした多くの人々の支持

を受けて、天風哲学として世間に認知される

ようになる。

 

1940年(昭和15年)、統一哲医学会を天風会

と改称。

 

1962年(昭和37年)、財団法人設立許可を受

け、2011年(平成23年)に、公益財団法人へ

移行する。

 

1968年(昭和43年)12月1日に、92歳で逝去。

 

読んだ方の感想をご紹介します

新しい本を読む時って、他の方の口コミが

気になりますよね?

 

そこで今回は、楽天の商品ページに投稿

されている、購入者の方の口コミを調べて

みました。

 

なお、投稿者の方のお名前は伏せさせて

いただきます。

 

■最初は、何か宗教みたいで正直嫌でした。

 

でも、書かれていることを実践していく内

に、心にゆとりができたというか、以前と

は見違えるほど心が豊かになったと実感し

ました。

 

まさに、私にとっては『運命を拓く』本

でした。この本に出会えて本当に良かった

です。

 

■天風先生が、ご自身の体験を交えながら

繰り返し説く、人間として幸福に”活きる”

為の心構え。その理念の高さに感嘆させら

れます。

 

各章毎に誦句(しょうく)という、心に留め

やすくするための言葉も添えられていて、行

動する人へのエールになっていると思います。

 

■理屈ではなく、読むと前向きな気持ちになる

一冊です。とにかく前向きになります。

 

■私は最近よく自己啓発本を読んでいるの

ですが、『運命を拓く』はそういった本と

重なる部分が多いなと感じました。

 

「なりたいと思うのではなく、なっている

姿を想像しなさい。」は、かのナポレオン

も言ってましたよね。

 

「物事は前向きに捉えて生きなさい。」と

いうことに尽きますね。

 

■久々に、天風先生の世界を味わいました。

人生を“成幸”に導くためのエッセンスが、

この本にはたっぷりと書かれています。

 

(口コミはここまで)

 

【著作権上の問題により、口コミは意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

今回は楽天の商品ページに投稿されている

口コミを紹介させていただきました。

購入者の方の感想、参考になれば幸いです。

 

おわりに

今回は、中村天風先生の著書『運命を拓く

天風瞑想録』についてご紹介しました。

 

発売は20年以上前ですが、いまだ多くの人

に読まれている一冊です。

 

天風先生が説く心の働きは、より良い人生

を送るきっかけになると思います。

 

改めてこちらの著書の購入は、目次にある

【『運命を拓く 天風瞑想録』を購入する

なら楽天!そのワケとは?】の欄を、是非

参考にしてみて下さいね。

 

最後までこの記事をご覧いただき

本当にありがとうございました。