『コロナの時代の僕ら』の気になる感想をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2020年4月24日に発売された、イタリアの小

説家パオロ・ジョルダーノさんによるエッセ

イ『コロナの時代の僕ら』。

 

ローマ在住の著者による、2月下旬〜3月初頭

に書き下ろされた27本のエッセイが詰まった

一冊です。

 

新型コロナウイルスが猛威を振るう昨今にお

いて、大きな注目を集めている本作。

 

やはり読んだ感想が気になりますよね?

 

そこで今回は、『コロナの時代の僕ら』の気

になる感想をたっぷりとご紹介します!是非

参考にしてみて下さいね。

 

『コロナの時代の僕ら』の感想をたっぷりと!

早速、パオロ・ジョルダーノさんのエッセイ

『コロナの時代の僕ら』の感想を見ていきま

す。

 

今回は、Amazonや楽天などに投稿されてい

る感想の中から、特に印象的だったものをた

 

っぷりとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■約120ページの中に、コロナに関する重要

な内容がギッシリと詰まった本作。

 

外出自粛がもたらす効果をはじめ、

 

・実りある在宅期間を過ごすための秘訣

・新型コロナを通して私たちがすべきこと

 

が、シンプルかつストレートな言葉とともに

書かれています。

 

この本を読めば、不安や先行きが見通せない

今の状況は、一体何が原因かが分かると思い

ますよ。

 

====================

 

■120ページ程なので手軽に読めるエッセイ

なのですが、現在の状況を見つめ直すキッカ

ケになりました。

 

やはり、現状を把握して自らの頭で考えるこ

とが大事なのですね。

 

簡潔で美しい文体は、読んだ後に穏やかな気

持ちに。

 

物事の拘りがなくなるほど、素敵な読後感を

得られました。

 

新型コロナウイルスによる、未曾有のパンデ

ミック。

 

それは「戦争」などではなく、世界中の人た

が初めて遭遇する「人災」なのかも知れませ

ん。

 

====================

 

■『コロナの時代の僕ら』は、刊行前に早川

書房で全文無料公開されていたので、その際

に一気読みました。

 

その後、紙版も購入。

 

この本を読めば、「新型コロナウイルス」と

「人類」という2つのテーマを俯瞰して理解

できると思います。

 

私自身も自分の脳にインストールすべき内容

がたくさん得られました。

 

====================

 

■イタリアの小説家パオロ・ジョルダーノさ

んのお顔に惹かれ(笑)、書籍版を購入。

 

特に、あとがきに書かれている内容が非常に

美しく、私は何度も繰り返し読みました。

 

今は購入したばかりで綺麗ですが、やがて本

が日焼けして黄ばんだ頃、この2020年を振

り返りたいですね。

 

「家にいよう」というのは、イタリア語では

「レスティアーモ・イン・カーサ」と言うそ

うで。

 

いつか外に出れる日を信じて、今を乗り切ろ

う。

 

====================

 

■疫学的な基盤に基づいて、私たち人間の心

の弱さと偏りを明らかにした本作。

 

内容自体はすごく読みやすいのですが、心に

グッとくるものがあります。

 

著者のパオロ・ジョルダーノさんが伝えたい

こと、それは、己を弱さを見つめ直し、同じ

間違いを起こさないということ。

 

そのために、エッセイという形で本作を「書

き記した」というわけですね。

 

コロナを知るための貴重な一冊であると同時

に、本作の執筆はいわば著者にとっての闘い

なのでしょう。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『コロナの時代の僕ら』の感想をご紹

介させていただきました。

 

ここまで感想を読んだあなたなら、本の続き

が気になりますよね?

 

本作の更に詳しい内容は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

著者紹介

●パオロ・ジョルダーノ(Paolo Giordano)

 

小説家。1982年、トリノに生まれる。

 

トリノ大学大学院博士課程修了。素粒子物理

学を専攻。

 

2008年に刊行されたデビュー長篇『素数たち

の孤独』は、人口6,000万人のイタリアにお

いて200万部を超えるほど、大きな話題を集

める。

 

イタリアでは最高峰と名高いストレーガ賞や

カンピエッロ文学賞新人賞をはじめ、多数の

文学賞を受賞している。

 

====================

 

●飯田亮介(イイダリョウスケ)

 

1974年生まれ。日本大学国際関係学部国際文

化学科中国文化コース卒。中国雲南省雲南民

族学院中文コース履修。イタリア・ペルージ

ャ外国人大学イタリア語コース履修。

 

本書『コロナの時代の僕ら』では、訳を担当

している。

 

====================

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『コロナの時代の僕ら』

発売日: 2020年4月24日

著者: パオロ・ジョルダーノ

訳: 飯田亮介

出版社: 早川書房

発行形態: 単行本

ページ数: 128p

ISBNコード: 9784152099457

 

『コロナの時代の僕ら』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたなら、パオロ・ジ

ョルダーノさんの『コロナの時代の僕ら』を

「今すぐ無料で!」と思っているの

では?

 

実は、「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメ

だけではなく、雑誌、小説、話題の新刊な

どが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『コロナの時代の僕ら』を無料で読むことが

できるというわけですね!

 

さらに、『素数たちの孤独』『兵士たちの肉

体』など、パオロ・ジョルダーノさんの過去

の著書もU-NEXTならたっぷりと読めま

す!

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以上

もあり、もはや専門サービス並みのラインナ

ップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、『コロナの時代の僕ら』の感想や、

本の内容についてご紹介しました!

 

デビュー長篇『素数たちの孤独』がイタリア

で200万部を超えるベストセラーとなった、

著者のパオロ・ジョルダーノさん。

 

物理学博士号も持つ著者による珠玉のエッセ

イは、まさに今の時代だからこそ読むべき一

冊だと思います。

 

感想を読んだあなたも、この機会に是非手に

取ってみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。