『できることならスティードで』の感想をたっぷりとご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『できることならスティードで』という本を

あなたはご存知ですか?

 

2020年3月6日に発売された、NEWSの加藤

シゲアキさんの初エッセイ集です。

 

「広義の旅」がテーマの本作。

 

やはり感想が気になりませんか?

 

今回は、『できることならスティードで』の

気になる感想をたっぷりとご紹介します!是

非、参考にしてみて下さいね!

 

『できることならスティードで』の感想をたっぷりと!

では早速、加藤シゲアキさんによる初エッセ

イ『できることならスティードで』の感想を

見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天などに投稿されてい

る感想の中から、特に印象的だったものをた

っぷりとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■私はNEWSの加藤くんが大好きなので、彼

のエッセイは待ちわびていました!

 

テレビの画面越しやコンサートでその姿を見

ることはできますが、彼の素の部分を見る機

会ってこれまでなかったんですよね。

 

しかし、このエッセイ集は加藤くんが旅を通

して感じたことや、普段思っていることが垣

間見える内容でした。

 

私自身、これが初めて読んだエッセイだった

のですが、おかげさまでエッセイにハマりま

した!

 

今度は他の方のも読んで見ようかな。

 

====================

 

■加藤シゲアキさんと言えば、2012年に刊行

された『ピンクとグレー』で、衝撃的な作家

デビューを飾ったことが印象的。

 

本作『できることならスティードで』は、加

藤さんが「小説トリッパー」で連載していた

作品を中心に構成されています。

 

小説なども含めると、累計6冊目になります

ね。

 

賢くて人付き合いも良い加藤さんですが、本

作ではその筆力に改めて驚かされました。

 

国内や海外での旅を通して、自分の現在地や

考えを綴ったエッセイなのですが、文章力が

高いから飽きずに読めてしまいます。

 

旅先の色鮮やかな景色も非常に風情があって

良いですね。私は岡山が気に入りました。

 

非常に満足できたので、加藤さんの長編小説

をこの機会にまた読んでみようと思います。

 

====================

 

■「旅」と聞くと、外に出て様々な景色や建

物や人と出会うことだと思っていました。

 

ですが、『できることならスティードで』を

読んでその考え方に変化が。

 

人の数だけ旅がある。

 

自分の心の中を目指すこともまた、「旅」な

のですね。

 

世界各地を旅する加藤さんを見て、そのこと

を改めて実感できました。

 

====================

 

■まばゆい芸能界でマルチに活躍されている

加藤さんにとって、初のエッセイ集となる本

作。

 

「小説トリッパー」で連載されていた内容だ

けではなく、ジャニー喜多川さんとの邂逅や

様々な胸の内が綴られています。

 

アイドルである前に、一人の男としてのあり

のままの加藤さんが見れます。

 

また、このエッセイとほぼ同時期に発売され

たアルバムと連動したような内容も。

 

ですので、アルバムとともにこのエッセイ集

を見ると、より楽しめると思いますよ。

 

====================

 

■加藤さんはジャニーズのアイドルでありな

がら、普段の言葉や文章が独特ですよね。

 

そのセンスに惹かれたのが、今回発売された

『できることならスティードで』を手に取っ

たキッカケです。

 

加藤さんの作品って、小説や今回のエッセイ

集に限らず、等身大の姿が感じられます。

 

本作も非常に上質な読書体験ができました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『できることならスティードで』の気

になる感想をご紹介させていただきました!

 

ここまで感想を読んだあなたなら、本の続き

が気になりますよね?

 

本作の更に詳しい内容は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

本作の内容について

『できることならスティードで』は、NEWS

の加藤シゲアキさんによるエッセイ集。

 

2020年3月6日に発売されました。

 

加藤シゲアキさんにとって記念すべき初エッ

セイとなる本作のテーマは、広義の”旅”。

 

●大阪、岡山、スリランカ、パリなど、様々

な地で体験した話

 

●学校に通う意義を記した「小学校」

 

●2019年7月にお亡くなりになったジャニー喜

多川さんとの出会いを描いた「浄土」

 

など、内容は実に多彩。

 

また、「小説トリッパー」で掲載された14編

のほか、描き下ろし掌編小説3編も収録され

ています。

 

加藤さんが様々な旅を通して、何気ない毎日

から秘めたる心の内までを記した、今注目の

エッセイ集です!

 

目次

・0 キューバの黎明

・1 大阪

・2 釣行

・3 肉体

・4 岡山

intermission-1 がまし ★

・5 ブラジル→京都

・6 ニューヨーク

・7 時空の旅

intermission-2 ヴォルール デ アムール ★

・8 小学校

・9 スリランカ

・10 渋谷

・11 パリ
intermission-3 ホンダ スティード400 ★

・12 無心

・13 浄土

・14 未定 ★

あとがき ★

 

(★印は本作書き下ろし)

 

著者紹介

●加藤シゲアキ(カトウシゲアキ)

 

タレント、歌手、俳優、小説家。

 

1987年、広島県広島市に生まれる。青山学院

大学法学部卒。

 

2003年に、男性アイドルグループ・NEWSの

メンバーとしてCDデビュー。

 

12年に『ピンクとグレー』で、作家としてデ

ビューを果たす。

 

20年3月6日に、自身にとって初となるエッセ

イ集『できることならスティードで』を刊行

する。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『できることならスティードで』

発売日: 2020年3月6日

著者: 加藤シゲアキ

出版社: 朝日新聞出版

発行形態: 単行本

ページ数: 240p

ISBNコード: 9784022516695

 

おわりに

今回は、NEWSの加藤シゲアキさんの初エッ

セイ『できることならスティードで』の感想

や、本の内容についてご紹介しました!

 

タイトルにある「スティード」という謎の単

語。

 

これは、「スティード400」というホンダの

バイクの名前から取ったものです。

 

「お気に入りのスティードで各地を旅してみ

たい!」という願いが込められているそうで

すよ♪

 

NEWSとしての活動以外にも、俳優や作家な

どマルチにこなす加藤さんの”らしさ”が詰ま

ったエッセイ集です!

 

感想を読んだあなたも、本作を手に取ってみ

てはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。