小説『復活の日』の気になるあらすじを詳しく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小松左京さんのSF小説『復活の日』。

 

現在流行している新型コロナウイルスの世界

的な感染拡大から本作を想起する方が増え、

今再び注目を集めている作品です。

 

1964年の刊行から55年以上も経つ本作。

 

やはりあらすじが気になりますよね?

 

今回は、小松左京さんの小説『復活の日』の

気になるあらすじを詳しくご紹介します!是

非、参考にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

小説『復活の日』の気になるあらすじは?

では早速、小松左京さんの小説『復活の日』

のあらすじをネタバレなしで見ていきます。

 

(あらすじは以下から)

 

吹雪のアルプス山中で、ある小型機が墜落。

 

傍にあったのは、引き裂かれたジェラルミン

製トランクの破片。

 

その中には、生物化学兵器として開発された

「MM-88菌」があった…。

 

MM菌は、感染後70時間以内に生体の70%に

急性心筋梗塞を引き起こし、残りも全身マヒ

で命を落とすほどの菌である。

 

雪解けが始まり、季節は春。

 

ヨーロッパを走行中の俳優が、突如心臓麻痺

で死亡するという事故が発生する。

 

その後、各地で不可思議な死亡事故が多発。

 

菌の恐怖が、猛烈な勢いで世界を覆い始めた

のだ。

 

このままでは、人類は滅亡してしまう…。

 

そんな中、「最後の砦」と言われている場所

があった。

 

1万人ほどが暮らす「南極基地」である。

 

だが、南極にも菌の恐怖が忍び寄り…。

 

超大国の負の遺産である「戦略核兵器」によ

り迫りくる、人類滅亡のカウントダウン。

 

果たして人類は、この未曾有の恐怖から生き

残ることができるのか!?

 

(あらすじはここまで)

 

以上、『復活の日』のあらすじをネタバレな

しでご紹介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、物語

の続きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

著者紹介

●小松左京(コマツサキョウ)

 

小説家。1931年、大阪府に生まれる。京都大

学文学部卒業。

 

様々な職を経験した後、62年に作家としてデ

ビュー。

 

74年に『日本沈没』で、第27回日本推理作家

協会賞受賞。

 

85年に『首都消失』で、第6回日本SF大賞受

賞。

 

日本のSF界の黎明期から活動し、現在まで数

々の作品を発表。

 

その多大なる活躍から、星新一・筒井康隆と

共に「SF御三家」と称される。

 

2011年7月、この世を去る。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

小説『復活の日』の感想をたっぷりとご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、Amazonや楽天などに投稿されてい

る『復活の日』の感想の中から、特に印象的

だったものをたっぷりとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■パンデミックを描いた本作の内容が、昨今

のコロナウイルスにリンクするという声が多

く、私自身興味を惹かれました。

 

50年以上前の小説ということもあり、作中の

時代設定は60年代。

 

そんな昔の作品にもかかわらず、現代にも通

じるリアルな描写が随所にあります。

 

まるで、世界のどこかで現在起きていること

を克明に描写したのではないかと思うほど。

 

著者の小松左京さんは、日本を代表するSF作

家だそうですね。

 

この機会に他の作品も読んでみたいです。

 

====================

 

■時は、1960年代の冷戦下。

 

化学兵器として開発された「MM-88菌」を

積んだ小型機が墜落し、菌が漏れ出るところ

から物語は始まります。

 

この「MM-88菌」、正確にはウイルスでは

ないのですが、症状は風邪と瓜二つ、そして

存在の不透明さからワクチンが開発できない

という恐ろしい特性をもっています。

 

やがて人類がほぼ滅亡し、生き残った人たち

にも数年後にある困難が…。

 

風と症状が似ていることやワクチンがまだな

いことは、現在の社会情勢とあまりにも酷似

していますよね。読んでいて恐怖を覚えまし

た。

 

ただ、本作の根底に流れているのは、実は小

松左京さんの人類に対する深い愛なんです。

 

特に、吉住の南極から旅立つ前夜の場面は感

動しますよ。

 

『復活の日』は、小松さんのSF作品の中でも

指折りの名作です。

 

====================

 

■私は『復活の日』を読んで、小松左京さん

の想像力の豊かさや先見の明に驚きました。

 

55年以上前の作品ですので、当然パソコンや

スマホなどはありません。

 

作中で出てくるアマチュア無線は、今で言う

ところのSNSでしょうか。

 

そんな一昔前の作品にもかかわらず、生活の

様子は現在とさほど変わらないことに驚愕。

 

足りない要素と言えば、JリーグやSNSぐら

いでは?

 

パンデミックに苦しむ現代をまるで予言した

かのような本作ですが、だからこそ今読むべ

きだと思って私は手に取りました。

 

叶うなら、これを2020年にアップデートした

作品も読んでみたいですね。

 

====================

 

■『復活の日』は、一晩寝ずに読みました。

 

あまりにも物語に熱中したので、変な夢を見

てしまったほどです(汗)

 

人類滅亡がどんどん進んでいく展開は、現在

の私たちの世界と否が応でもリンクしますよ

ね。

 

「現実もお先真っ暗なのでは?」と、絶望感

に駆られます。

 

とは言え、2020年の今だからこそ読むべきだ

とも思うんです。

 

非常に重たい内容ですが、皆さんもどうか諦

めずに読んでみて下さい。

 

====================

 

■生物化学兵器として秘密裏に開発されてい

た、「MM-88菌」。

 

そんな危険な化学兵器が、雪解けとともに世

界中の人たちを恐怖に陥れていきます。

 

人類滅亡に向かっている過程はあまりにもリ

アルで、思わず鳥肌が立ちました。

 

人間の「智」を結集して作られた化学兵器が

人類滅亡の引き金になる本作。

 

人間の優れた頭脳は平和を生み出すこともあ

れば、時に恐怖や争いも生み出す。

 

「では、私たちの将来は…?」

 

『復活の日』を読むと、そんな問いかけをし

てみたくなります。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

『復活の日』を購入された方の感想が、あな

たの参考になれば幸いです。

 

書籍情報

●『復活の日』

発売日: 2018年8月24日

著者: 小松左京

レーベル: 角川文庫

出版社: KADOKAWA

発行形態: 文庫

ページ数: 464p

ISBNコード: 9784041065815

 

『復活の日』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたなら、小松左京さ

んの小説『復活の日』を「今すぐ無料で読み

たい!」と思っているのでは?

 

実は、「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメ

だけではなく、雑誌、小説、話題の新刊な

どが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『復活の日』を無料で読むことができるとい

うわけですね!

 

また『日本沈没』『首都消失』『エスパイ』

など、U-NEXT」なら小松左京さんの過去の

作品もっぷりと読めます!

 

この機会に小松さんの作品に触れてみるのも

良いですね♪

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以上

もあり、もはや専門サービス並みのラインナ

ップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、小松左京さんの小説『復活の日』の

詳しいあらすじや、本の内容についてご紹介

しました!

 

「人類滅亡」をテーマに描いた本作。

 

「菌」という未曾有の恐怖から、現在流行し

ている新型コロナウイルスを想起する方も多

いはず。

 

55年以上も前の作品がこうして注目を浴びる

のは、まさに昨今の社会情勢を反映している

と言えますね。

 

あらすじを読んだあなたも、この機会に本作

を読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。