『かみさまのおはなし』が復刊!80年の時を経て遂に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『かみさまのおはなし』およそ80年の時

を経て、2019年5月30日に講談社より復刊

れました!

 

平成の皇后美智子さまが、幼き日の皇太子、

つまり令和の天皇陛下に読み聞かせをされ

たことでも有名な一冊です。

 

そんな本作ですが、どのような内容か気にな

りますよね?

 

そこで今回は、復刊された『かみさまのおは

なし』について詳しくご紹介します!是非、

参考にしてみて下さいね!

 

1940年(昭和15年)に刊行された、藤田ミツ

さん原作の児童書『カミサマノオハナシ』

 

この度『かみさまのおはなし』として、約80

年の時を経て2019年5月30日に講談社より復刻

されました。

 

80年というと相当長い年月ですが、それだけ

多くの方に読まれてきたのでしょうね。

 

今年の5月4日にFM横浜にて放送されたラジ

オ『FUTURESCAPE』や、5月15日放送の日

本テレビ系『情報ライブ ミヤネ屋』などの

メディアでも紹介され、今大きな注目を集め

ています。

 

本作は、難しいイメージの『古事記』を幼い

子どもでも分かるような表現で描かれている

のが特徴です。

 

「因幡の白うさぎ」や「海さちひこ、山さち

ひこ」など、あなたが幼き日に親しんだお話

も掲載されていますよ。

 

原作者の藤田ミツさんは、亡くなる間際まで

大阪で自身が経営する幼稚園の子たちの教育

に、精魂を傾けたお方。

 

『かみさまのおはなし』を子どもたちに読み

聞かせる事で古典文学に触れ、日本という国

がどのように生まれたのかを伝えたいという

藤田さんの思いが込められています。

 

また、「美智子さまと子どもたちの本棚」と

題して、皇室ジャーナリストの渡邉みどりさ

んによる皇室の読書教育の解説も、本作の巻

末に掲載されています。

 

実はこの本、平成の皇后・美智子さまが幼き

日の皇太子、つまり令和の天皇陛下に読み聞

かせされたことでも有名な一冊なのですね。

 

さらに、平成の天皇がご自身の幼少期に読ま

れた本でもあり、皇室と深い関わりがあるこ

とが伺えます。

 

元号が「令和」となり、新しい時代が始まっ

た日本。

 

その日本の皇室において、世代を通して伝え

られてきた『かみさまのおはなし』。

 

子どもの教育の場に、「読書」は欠かせない

存在です。

 

だからこそ、『かみさまのおはなし』は、子

どもに読み聞かせをすることの大切さを教え

てくれる一冊なのではないかと思いますね。

 

以上、講談社から復刊された『かみさまのお

はなし』の内容についてご紹介しました!

 

ここまで読んだあなた、本の続きが気になり

ませんか?

 

今作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

著者紹介

●原作:藤田ミツ(フジタミツ)

 

1892年(明治25年)、京都府に生まれる。

日本女子大学博物科卒業。結婚して四男二

女の母となる。

 

1930年(昭和5年)、大阪市内に私立赤橋

幼稚園を創設し、初代園長となる。

 

『古事記』を研究し、1940年(昭和15年)

に『カミサマノオハナシ』を刊行する。

 

戦後は、幼児に対する音楽教育の研究を

始め、『おんがくの森』や『画劇幼児音

楽教室』などを刊行。

 

文部大臣教育功労者賞、勲五等瑞宝章を

受章。

 

1990年(平成2年)に、この世を去る。

 

====================

 

●復刻提案:渡邉みどり(ワタナベミドリ)

 

皇室ジャーナリスト。文化学園大学客員教授。

 

早稲田大学を卒業し、日本テレビ放送網に入

社。ワイドショー、婦人ニュース、木曜スペ

シャル等の報道・情報系番組を担当する。

 

1980年(昭和55年)、ドキュメンタリー番組

『がんばれ太・平・洋 新しい旅立ち! 三つ

子15年の成長記録』で、日本民間放送連盟賞

テレビ社会部門最優秀賞を受賞する。

 

1989年の昭和天皇崩御報道で、チーフプロデ

ューサーを務める。

 

著書『愛新覚羅浩の生涯』(読売新聞社)

で、第15回日本文芸大賞特別賞を受賞。

 

他にも、『美智子さま 38のいい話 日本人

でよかったと思える』(朝日新聞出版)、

『美智子さま 美しきひと』(いきいき)、

『美智子さま マナーとお言葉の流儀』(こ

う書房)、監修に『美智子さま あの日 あの

とき』(講談社)など、多数の著書がある。

 

====================

 

●構成:高木香織(タカギカオリ)

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『かみさまのおはなし』の感想をご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気

なりますよね?

 

そこで、復刊された『かみさまのおはなし』

を購入された方の感想を、Amazonや楽天な

どのサイトで調べてみました!

 

(以下から感想)

 

■日本で初めて、『古事記』を子ども向けに

書いた『かみさまのおはなし』。

 

著者は、幼稚園経営者の藤田ミツさん。

 

私はテレビでの紹介がキッカケで購入しま

した。

 

本書は、『古事記』同様に天地が分かれて

はじめての神さまがおいでになる場面から

始まります。

 

要所要所にトピックスもあり、『桃太郎』

をはじめとした他の有名な絵本につながる

お話もあるので、好奇心が湧いてきます。

 

また、子ども向けということもあってか、

表現の1つ1つに子どもの想像力や人に対す

る優しさが自然と学べるような気がします

ね。

 

正直、私は冒頭の数ページを読んだ時点で

「自分が小さい頃に読みたかった!」と強

く感じました。

 

お子さんがいらっしゃる方や、『古事記』

をこれまで読む機会がなかった方にこそ読

んでいただきたいですね。

 

====================

 

■「令和」という新たな時代が始まる中で、

私はこの日本という国がどのようにして生ま

れたのだろうとふと疑問に思いました。

 

だったら、『古事記』を学んで見ようと思い

手に取ったのが、『かみさまのおはなし』で

す。

 

『古事記』について書かれた本はたくさんあ

りますが、『かみさまのおはなし』はひらが

なを多用しているので、子どもでも分かりや

すい内容だと思います。

 

ワクワクするような挿絵も多数あり、非常に

読みやすかったです。

 

また、本作は皇后美智子さまが、現在の天皇

陛下が幼い頃に読み聞かせをされた本だと知

りました。

 

日本のかみさまを知ることは、日本を深く知

ることにつながる。

 

子どもと共に読むと、日本という素晴らしい

国がより理解できるのではないでしょうか。

皆さんも是非一度読んでみて下さい。

 

====================

 

■日本のかみさま達の誕生の物語が、絵本の

ように分かりやすく描かれた一冊です。

 

アマテラスオオミカミがニニギノミコトに譲

った三つの宝物が今の時代にも受け継がれて

いると思うと、すごく不思議な気持ちになり

ますね。

 

本作のおかげで、日本のかみさまに親しみを

持てるようになりました。

 

2歳の息子がもう少し成長したら、この本に

ついて教えてあげようと思います。

 

====================

 

■『かみさまのおはなし』は、難しいイメー

ジの『古事記』を子どもでも分かりやすいよ

う、擬音を交えながら書かれています。

 

「おふね」「おのぼりになって」など、実に

丁寧で美しい言葉が使われており、それがか

えって新鮮に感じます。

 

約240ページと、絵本にしては少し分厚いで

すが、味のある挿絵も掲載されています。

 

『古事記』って難しそうだなと思っている大

人の方も、是非読んでいただきたいなと思い

ます。

 

====================

 

■テレビの紹介で興味を惹かれて購入。

 

本作のおかげで、これまであまり知らなかっ

た『古事記』に対する知識が深まりました。

 

本書は漢字に全てふりがなが振ってあります

ので、小学生でも読めると思います。

 

また、イラストには臨場感があって、物語に

入り込むことができる点も良いですね!

 

私は小さい子どもがいるのですが、もう少し

大きくなったら『かみさまのおはなし』を読

み聞かせてあげたいなと思います。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

『かみさまのおはなし』を購入された方の

感想、参考になれば幸いです。

 

書籍情報

『かみさまのおはなし』

発売日: 2019年5月30日

原作: 藤田ミツ

復刻提案: 渡邉みどり

構成: 高木香織

出版社: 講談社

発行形態: 単行本

ページ数: 240p

ISBNコード: 9784065154052

 

『かみさまのおはなし』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたは、『かみさまの

おはなし』を「今すぐ無料で読みたい!」

思っているのではないでしょうか。

 

実は「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメ

だけではなく、雑誌、小説、話題の新刊な

どが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000、レンタル作品は

20,000。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『かみさまのおはなし』を無料で読むこと

ができるというわけですね!

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以

もあり、もはや専門サービス並みのライン

ナップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、復刊された『かみさまのおはなし』

の内容についてご紹介しました!

 

美智子さまが幼き日の皇太子に読み聞かせを

された、由緒ある一冊。

 

80年の時を経て講談社から復刊されたこの

機会に、お子さんに読み聞かせてみてはいか

がでしょうか?

 

この情報があなたのお役に立てば幸いです。

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。