小説『君は月夜に光り輝く』の購入者の感想をたっぷりと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『君は月夜に光り輝く』という小説をご存知

ですか?

 

著者は佐野徹夜さんで、2017年2月25日に発

売。漫画や映画になるなど、多様なメディア

展開を見せています。

 

“今を生きる”すべての人に捧ぐ感動のラブ

ストーリーなのですが、やはり気になるの

は感想ですよね?

 

そこで今回は、『君は月夜に光り輝く』の

小説を購入された方の感想をご紹介します!

是非、参考にしてみて下さいね!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

小説『君は月夜に光り輝く』の感想をたっぷりとご紹介!

早速、小説『君は月夜に光り輝く』の感想

を見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天を始めとした商品

ページなどに投稿されている、購入された

方の感想をたっぷりとご紹介します!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心

下さいね。

 

(以下から感想)

 

■とにかく良かったです。

 

難病を抱えても死に向き合って生きていく

少女と、その流れに巻き込まれ、いつしか

大切な存在になっていく少年。

 

二人の想いがすごくじれったくて、切ない

です…。

 

■発光病という不治の病を持つ少女とクラス

メイトの物語です。『君の膵臓をたべたい』

と非常に雰囲気が似ていますね。

 

ラストへ向けての展開にはホロリとさせら

れましたが、感動というところまではいか

なかったなと思います。

 

このような小説を読んで涙を流すには私は

年を取りすぎたなと、思わず悲しい気持ち

に…。

 

願わくば、10代の頃に読みたかった小説で

すね。

 

■『君の膵臓をたべたい』と多少似ている

のですが、今作は常に重い話というわけで

はありません。

 

主人公とヒロインの会話を読んでいると、

すごく楽しくて癒される部分もあり、読み

やすいです。

 

最後の展開は少し急かなとは思いましたが

二人の会話はもう少し読みたかったですね。

 

■読んでから結構時間が経ちましたが、とに

かく泣ける小説だということはハッキリと覚

えています。

 

物語を堪能した後にあとがきを読むとさらに

涙が…。是非、あとがきまで読んでみて下さ

い。

 

■とにかく切ないです。私は電車の中で読ん

だのですが、思わず涙が出そうになるほど。

 

よくある展開なのですが、主人公たちの心情

や人生や死に対する考え方は、少し変わって

います。

 

今後の人生に希望を抱ける小説なので、落ち

込んでいる時にオススメです。

 

■難病を扱ったよくある物語で、題材自体に

作者の思想も含まれています。

 

文章力が素晴らしいわけではないのですが、

スラスラ読めます。

 

そして、主人公やヒロインを始め、周りの

登場人物の描き方が巧い。

 

ただ、読んだ後に心に残るものがなかった

ので、ちょっとそこはもったいないですね。

 

■難病を抱えた余命僅かなヒロインがやりた

いことを、代わりにやってあげる主人公の

物語。

 

彼女の色んな無茶振りに応えていく展開は

コミカルなのですが、主人公にとって彼女

が特別な存在になるほど、苦しい現実が待

っています。

 

中原中也の詩を受けての仄暗い思いと葛藤

する姿もありますが、綺麗なラストで読み

やすかったです。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回はネタバレなしでご紹介しました。

購入された方の感想、参考になれば幸い

です!

 

小説『君は月夜に光り輝く』のあらすじ(ネタバレなし)

大切な人の死。僕はその死に対してどこか

なげやりに生きていた。

 

高校生となった僕のクラスには、「発光病」

という病で入院中の少女・渡良瀬まみずが

いる。

 

「発光病」は、月の光を浴びると体が淡く

光ることが由来だそうで、死期が近づくと

その光はより強さを増すらしい。

 

そんな彼女は余命わずかで、死ぬまでにやっ

ておきたいことがあった。

 

「それ、僕に手伝わせてくれないかな?」

「本当に?」

 

二人のこの約束をキッカケに、止まったまま

の僕の時間が再び動き出す…。

 

山口幸三郎や綾崎隼も賛辞を送り、第23回

電撃小説大賞“大賞”を受賞した本作。

 

4,878作品の頂点に輝き、圧倒的な感動を巻

き起こした珠玉のラブストーリーを是非…。

 

著者紹介

●佐野徹夜(サノテツヤ)

 

小説家、ライトノベル作家。1987年、京都

府に生まれる。

 

今作『君は月夜に光り輝く』で第23回電撃

小説大賞の“大賞”を受賞し、デビューする。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『君は月夜に光り輝く』

発売日: 2017年2月25日

著者: 佐野徹夜

レーベル: メディアワークス文庫

出版社: KADOKAWA

発行形態: 文庫

ページ数: 324p

ISBNコード: 9784048926751

 

おわりに

今回は、『君は月夜に光り輝く』という佐野

徹夜さんの小説をご紹介しました!

 

全4,878作品の頂点に輝き、第23回電撃小説

大賞“大賞”を受賞した今作。

 

話題のラブストーリーを、あなたも是非読ん

でみては?

 

この情報があなたのお役に立てば幸いです。

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。