『「空腹」こそ最強のクスリ』の口コミをたっぷりとご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年1月26日に発売された、 青木厚さんの

著書『「空腹」こそ最強のクスリ』。

 

ノーベル賞受賞のオートファジー研究に基づ

く健康的な食べ方について書かれています。

 

そんな話題の本作ですが、やはり口コミが気

になりますよね?

 

そこで今回は『「空腹」こそ最強のクスリ』

の気になる口コミをたっぷりご紹介します!

 

あなたの普段の食事のためにも、是非参考に

してみて下さいね!

 

『「空腹」こそ最強のクスリ』の口コミをたっぷりと!

では早速、『「空腹」こそ最強のクスリ』の

気になる口コミを見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天の商品ページに投稿

されている、購入された方の口コミをたっぷ

りとご紹介します!

 

(以下から口コミ)

 

■1日3食というと今でこそ当たり前ですが、

それが効果的なのはおそらく20歳頃までだと

思うんです。

 

健康的なカラダを作るために、若い頃はたく

さん食べたほうが良いですしね。

 

でも、20歳を迎えてからは1日2食に減らした

ほうが効果的。

 

『「空腹」こそ最強のクスリ』を読んで、今

までそう感じていたことが腑に落ちました。

 

周囲の環境の影響もあり、私は20代半ば頃か

ら明らかに体重が増えていったんです。

 

そこで、1日3食から2食に減らしてみた結果、

3年間で10kgの減量に成功。

 

血液検査や健康診断の数値も、特に問題あり

ません。

 

本書では、空腹の時間を16時間設けることで

オートファジーを機能させるやり方について

書かれています。

 

断食は難しくても、16時間ならチャレンジし

てみようと思います。

 

====================

 

■私は数年前から晩ご飯を食べずに、1日2食

を実践していました。

 

そんな中、『「空腹」こそ最強のクスリ』を

読み、16時間ものを食べないという理由を知

りました。

 

私の場合、15時で食べるのをストップし、次

の日の7時に朝ごはんを食べることに。

 

ナッツ類は食べてもOKとのことなので、くる

みも食べるようにしています。

 

これまで1日2食の生活を送っていたからか、

本書のやり方はすんなり理解できましたね。

 

====================

 

■「1日3食しっかりと食べることが健康的な

食生活である。」

 

それを今まで疑わなかった私にとって、本書

の内容はまさに青天の霹靂でした。

 

「1日16時間はものを食べない」というのが

大きなポイントなのですが、私自身すぐに実

践できるか心配…。

 

ですので、まずは土日にものを食べない時間

を設けることから始めてみようと思います。

 

====================

 

■この本の著者である青木厚先生は、1日1食

の生活だそうで。

 

さすがにそれを実行するのは難しいので、私

は晩ご飯を抜いて1日2食で頑張っています。

 

カラダの調子はまだあまり変わりませんが、

しんどくはないので続けられそう。

 

『「空腹」こそ最強のクスリ』は、個人的に

は良書だと思いました。

 

====================

 

■こういう断食系の本は色々ありますが、本

書は私が読んだ中で一番納得できる内容でし

た。

 

やり方を読むと、完全な断食法ではないので

すね。

 

お腹が空くことって、実はすごくスケールの

大きいことなんだなと実感できました。

 

実際にやってみたところ、2ヶ月間で6kgのダ

イエットに成功し、健康診断でも肥満体から

脱却。

 

これで、空腹状態でも食べすぎることがなく

なったかなと思いますね。

 

『「空腹」こそ最強のクスリ』というタイト

ル通り、本書は自分の空腹状態を見直す良い

キッカケになりました。

 

この本に出会えて本当に良かったです。

 

(口コミはここまで)

 

【著作権上の問題により、口コミは意味

を変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『「空腹」こそ最強のクスリ』の気に

なる口コミをご紹介させていただきました!

 

ここまで口コミを読んだあなたなら、本の続

きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

『「空腹」こそ最強のクスリ』の気になるやり方とは?

『「空腹」こそ最強のクスリ』は、 青木厚

さんによる著書。2019年1月26日に発売され

ました。

 

ノーベル賞受賞のオートファジー研究から生

まれた、健康的な食事法。

 

それは「何を食べるか」ではなく、「空腹の

時間を増やす」ことにありました!

 

つまり、今までの常識だった「1日3食」が、

実は間違いだったのです!

 

1日3食は江戸時代から始まったそうですが、

ここへ来てその常識が見直されつつあるとい

うわけですね。

 

そんな本書の気になるやり方は、「1日16時

間はものを食べない」ということ!

 

つまり、半日以上断食をする必要があるわけ

ですね。

 

これに睡眠時間を上手く掛け合わせることで

カラダの細胞内の悪いたんぱく質や細菌が除

去。細胞がみるみるうちに修復されます。

 

また、この食事のやり方なら、

・炭水化物

・脂肪の多いもの

・お酒

・スイーツ

 

などを好きなだけ食べられるんです。

 

食事制限するのがツライ方にとっては、非常

に画期的なやり方ですよね!

 

さらに、

 

・無理なくダイエットができる

・カラダが疲れにくくなる

・頭がスッキリと冴える

 

といった嬉しい効果も!

 

●健康的な食事を続けているけど、なかなか

効果が出ない…。

 

●食事のレパートリーやカロリーの計算が面

倒くさい。

 

●サプリメントやクスリを摂取せずに病気を

防ぎたい。

 

●1日3食に疑問を感じている。

 

『「空腹」こそ最強のクスリ』は、そういっ

た方にこそ読んでいただきたい一冊です!

 

目次

【第1章:「一日3食しっかり食べる」「空腹

な時間を作る」どちらが長寿と健康をもたら

すか】

 

・「一日3食とるのが体にいい」は、間違い

だった

 

・一日3食は、胃腸を疲れさせ、体の不調を

招く

 

ほか

 

【第2章:無理なく「空腹」を作り、体を蘇

らせる食事法】

 

・睡眠8時間+8時間の空腹で、体に奇跡が

起きる

 

・空腹のとき、体ではどんな奇跡が起こって

いるのか

 

ほか

 

【第3章:「糖」がもたらす毒を、「空腹」

というクスリで取り除く】

 

・白米やパン、加工食品が現代日本人の体に

ダメージを与えている

 

・肝硬変や肝臓がんを引き起こす、「脂肪

肝」という恐怖

 

ほか

 

【第4章:「空腹力」を高めれば、これだけ

の病気が遠ざかる!】

 

・空腹力で、がんの原因を取り除く

 

・空腹力で血液をきれいに!高血圧症を改善

 

ほか

 

著者紹介

●青木厚(アオキアツシ)

 

医学博士。あおき内科さいたま糖尿病クリニ

ック院長。

 

自治医科大学附属さいたま医療センター内分

泌代謝科などを経て、2015年に青木内科・リ

ハビリテーション科(2019年に現名称)を開

設する。

 

糖尿病、高血圧、脂質異常症をはじめとした

生活習慣病が専門。

 

本書『「空腹」こそ最強のクスリ』の食事法

を糖尿病患者に取り入れた結果、インスリン

離脱やクスリを使わない治療に成功するなど

の成果を挙げる。

 

40歳の時に舌がんを患うが、その後完治。

 

食事療法を実践することで、がんの再発を防

いでいる。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●「空腹」こそ最強のクスリ

発売日: 2019年1月26日

著者: 青木厚

出版社: アスコム

発行形態: 単行本

ページ数: 216p

ISBNコード: 9784776210191

 

おわりに

今回は、『「空腹」こそ最強のクスリ』の気

になる口コミや、本の内容についてご紹介し

ました!

 

今まで当たり前だった「1日3食」が、実は健

康に良くないとは衝撃的でしたね。

 

でも、普段の食事のリズムや内容を見直す良

い機会になったように思います。

 

口コミを読んだあなたも、本作の健康法を試

してみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。