『ライオンのおやつ』の気になるあらすじをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年10月8日に発売された、小川糸さんの

『ライオンのおやつ』。

 

「おやつの時間」を通して、食べること、生

きること、そして人生の旅立ちを温かな筆致

で描いた小説です。

 

そんな本作ですが、やはりあらすじが気にな

りますよね?

 

今回は、小川糸さんの『ライオンのおやつ』

の気になるあらすじを詳しくご紹介します!

是非参考にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『ライオンのおやつ』の気になるあらすじは?(ネタバレなし)

早速、小川糸さんの『ライオンのおやつ』の

あらすじを、ネタバレなしで見ていきます。

 

(あらすじは以下から)

 

主人公の雫は、男手ひとつで育ててくれた父

親のもとを離れ、一人暮らしをしていた。

 

若くして余命を宣告されてしまった雫は、残

された毎日を瀬戸内の島のホスピスで過ごす

ことに決める。

 

穏やかな景色が広がるこの島で、自分が本当

にしたいことは何だろうと考える雫。

 

実はホスピスでは毎週日曜日に、入居者が生

きている間にもう一度食べたいおやつをリク

エストできる「おやつの時間」がある。

 

雫はどのおやつにするか悩むが…。

 

この世に生きる全ての人に訪れる、人生の旅

立ち。

 

そんないつかくる別れを温かな筆致で描いた

『ライオンのおやつ』。

 

「あなたが人生の最後に食べたいおやつは何

ですか?」

 

(あらすじはここまで)

 

以上、小川糸さんの『ライオンのおやつ』の

気になるあらすじをご紹介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、物語

の続きが気になるのではないでしょうか?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

著者紹介

●小川糸(オガワイト)

 

小説家、作詞家、翻訳家。音楽制作ユニット

Fairlifeのメンバー。

 

1973年、山形県山形市に生まれる。

 

2008年に『食堂かたつむり』で、作家とし

てデビューを果たす。

 

同作は2010年に映画化され、翌年にはイタリ

アのバンカレッラ賞、2013年にフランスのウ

ジェニー・ブラジエ賞を受賞する。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『ライオンのおやつ』の感想をたっぷりと!(ネタバレなし)

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、『ライオンのおやつ』を購入された

方の感想を、Amazonや楽天で調べてみまし

た。

 

なお、感想もネタバレなしでお届けします。

 

(以下から感想)

 

■著者の小川糸さんと言えば、「食事と生」

を一つの題材にして書いている作家さん。

 

『ライオンのおやつ』というタイトルにも

ある通り、本作には美味しそうなおやつや

朝食のおかゆなどが登場します。

 

私は本作を読んで、小川さんのデビューと

も言える『食堂カタツムリ』を思い出しま

した。

 

「食べることは命をいただくということ」

と言う題材で描かれた作品のことですね。

 

『食堂カタツムリ』同様、本作も概念が先

行して物語が構成されているように感じま

した。

 

本作の内容はと言うと、雫という若い女性

が、日々自分の死と向き合っていきます。

 

ですが暗い雰囲気はなく、むしろ爽やかに

すら感じるんです。

 

一方で、あまりにも綺麗な物語だなと感じ

る箇所もありました。

 

ただ、他の方々と同じく、私もこの作品に

関しては高い満足度を感じましたね。

 

====================

 

■私は現在、サービス付き高齢者向け住宅で

暮らしています。

 

と言いますのも、難病を患ってしまったから

なんです。

 

この住宅が私にとって最後の住処だと思って

いた中で、『ライオンのおやつ』という小説

に出会いました。

 

「人生のラストをどう迎えるか?」

 

できれば考えたくないことですが、いずれは

誰にでも訪れる事実。

 

本作を読んで私は、主人公の雫のようにあん

なホスピスで人生の最期を迎えたいなと思い

ました。

 

現在は、施設の職員にこの小説をお勧めして

います。

 

====================

 

■『ライオンのおやつ』は、まるで春の陽だ

まりのような小説ですね。

 

小川糸さんが紡ぐ温かな文章と優しさに溢れ

た物語は、心が浄化されるような感覚になり

ます。

 

今までは「死」に対して怖いイメージがあっ

たのですが、本作を読んで考えが一変。

 

ゆっくりとなだらかに変わっていく様子に、

私は愛を感じました。

 

====================

 

■主人公の雫と年齢が近い私は、彼女のこと

を自分に置き換えながら読んでいました。

 

様々なことを考えさせられると同時に、小川

糸さんらしい温かな作品ですね。

 

「人の死は悲しく、そして寂しい。」

 

本作は、そんな概念を飛び越えた感覚を私た

ちに伝えてくれるのではないでしょうか。

 

今を生きるしかないんだったら、私は今を精

一杯生きたいです。

 

====================

 

■私はこの小説を読んで、自分もこんな人生

の最期を迎えられたらいいなと思いました。

 

ただ、現実ではなかなか難しいかもしれませ

んね。

 

これから最期を迎える人、それを支える家族

の人たち。

 

双方が穏やかな心で死を受け入れられるとい

う希望を抱かせてくれた一冊でした。

 

====================

 

■『ライオンのおやつ』は、私が今まで読ん

だ本の中でもトップ3に入るほどの作品。

 

ホスポスにて人生の最後を迎えようとしてい

る主人公たち。

 

普段の何気ない毎日に感謝したくなる、そん

な小説でした。

 

====================

 

■人の死がテーマの小説ですが、読んだ後は

温かい気持ちになれます。

 

「生きるということは、誰かを照らす光にな

るということ。」

 

己の命を削ることで、また誰かの光になる。

 

人はそうやって、お互いのことを照らしてい

るのでしょうね。

 

自分は生きているんだということをしっかり

と噛み締めたくなる小説でした。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

 

『ライオンのおやつ』を購入された方の感想

が、あなたの参考になれば幸いです。

 

書籍情報

●『ライオンのおやつ』

発売日: 2019年10月8日

著者: 小川糸

レーベル: 一般書

出版社: ポプラ社

発行形態: 単行本

ページ数: 255p

ISBNコード: 9784591160022

 

『ライオンのおやつ』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたなら、小川糸さん

の『ライオンのおやつ』を「今すぐ無料で読

みたい!」と思っているのでは?

 

実は、「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメ

だけではなく、雑誌、小説、話題の新刊な

どが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『ライオンのおやつ』を無料で読むことがで

きるというわけですね!

 

また、『食堂かたつむり』や『つるかめ助産

院』をはじめとした小川糸さんの過去の作品

も、「U-NEXT」ならたっぷり読めますよ!

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以上

もあり、もはや専門サービス並みのラインナ

ップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、『ライオンのおやつ』という小川糸

さんの小説のあらすじや、本の内容について

ご紹介しました!

 

読めば思わずおやつが食べたくなり、温かい

気持ちになれる作品だなと感じましたね。

 

あらすじを読んだあなたも、是非この機会に

本作を読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。