佐藤愛子『冥界からの電話』のあらすじをネタバレなしでご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

佐藤愛子さんによる小説『冥界からの電話』

が、2018年11月30日に発売されました。

 

御年95歳の佐藤さんが、自らの体験を基に描

いた渾身の一冊です。

 

そんな本作ですが、やはりあらすじが気にな

りますよね?

 

今回は、佐藤愛子さんの『冥界からの電話』

のあらすじを詳しくご紹介します!是非、参

考にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『冥界からの電話』のあらすじは?(ネタバレなし)

早速、佐藤愛子さんの『冥界からの電話』の

あらすじをネタバレなしで見ていきます。

 

佐藤愛子さんと言えば、これまで様々な超常

現象を経験してこられたお方。

 

本書『冥界からの電話』で語られるのは、

藤さんの長年の友人で小児科医の高林圭吾

生(仮名)の身に起こった不思議なお話…。

 

(あらすじは以下から)

 

女子高生のひふみは高林圭吾先生の講演に心

を打たれ、先生にお手紙を出すことを決意。

 

その手紙がきっかけとなり、ひふみは先生と

何気ないことを電話で話すほどの仲になりま

す。

 

そんな中、「ひふみが事故で亡くなった。」

ということを、先生はひふみの兄を通して知

ります。

 

さらに、亡くなったはずのひふみから先生の

もとに電話が…。

 

生前と変わらない声色で、何度も掛かってく

る電話。

 

これは一体どういうことなのか!?

 

「肉体は消滅しても魂は滅びることはない。」

「死は人生の終着点ではない。」

 

「死後の世界の真実を伝えたい。」という想

いから生まれた本作。

 

御年95歳を迎えた佐藤愛子さんが実際に体験

した出来事や迫真に迫る言葉の数々を、あな

たも是非…!

 

(あらすじはここまで)

 

以上『冥界からの電話』の気になるあらすじ

をネタバレなしでご紹介しました!

 

著者紹介

佐藤愛子(サトウアイコ)

 

1923年生まれ。大阪府大阪市出身。甲南高等

女学校卒業。

 

小説家の佐藤紅緑を父に、詩人のサトウハチ

ローを兄に持つ。

 

50年に「文藝首都」同人となり、創作活動を

本格的にスタートさせる。

 

69年に『戦いすんで日が暮れて』で、直木賞

受賞。

 

79年に『幸福の絵』で、女流文学賞受賞。

 

2000年に『血脈』の完成により、菊池寛賞

受賞。

 

15年に『晩鐘』で、紫式部文学賞受賞。

 

ユーモラスなエッセイにも数多くのファンが

おり、16年の『九十歳。何がめでたい』は、

大ベストセラーに。

 

17年に、旭日小綬章受章。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『冥界からの電話』の気になる感想をズラッとご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、Amazonや楽天などに投稿されてい

る感想の中から、特に印象的だったものをご

紹介!

 

なお、感想もネタバレなしでお届けします。

 

(以下から感想)

 

■だいぶ前から佐藤愛子さんのファンで、

その際拝読した本の中にまだ世間には知

られていない江原啓之さんとのエピソー

ドもありました。

 

北海道に別荘を買われた愛子さんが霊現象

に悩まされていたところを、江原さんが助

けたという内容だったと思います。

 

あれからずっと読ませていただいています

が、一貫したお考えとお孫さんとの可愛い

エピソードなど、読んでいてほのぼのして

心が温まります。

 

この本の内容を信じるかどうかは個人の自由

ですが、私は目に見えないものでもあるんだ

よ、という金子みすゞの詩の一節のように、

事実であると信じています。

 

「心」は目に見えないけど、皆が持っている

もの。たとえ息を引き取っても魂は永遠なの

だと思います。だからこそ、理論で白黒つけ

られない事もあるのではないかと…。

 

人間国宝のような愛子さん。

 

どうかいつまでも長生きして下さいね。

 

====================

 

■この本で書かれている出来事が実際に起き

ていることに驚きました。

 

本書はあくまでも途中経過として、そして

序章として興味を引きました。

 

真実はどうあれ、引き続き作品を通して私達

に語っていただきたいです。続編も楽しみに

しています!

 

====================

 

■佐藤愛子さんの超常現象のお話は、他でも

結構読みましたが、これはどうなのかなぁ。

本当ならすごい話ですが。

 

まぁ、佐藤愛子さんのファンなので、どっち

でもいいんですけどね(笑)

 

====================

 

■こういった話は実際に経験しないと鼻で笑

いたくなるものだと思います。

 

ただ、私自身が引っ越し先の家で霊現象に

悩まされ、霊からの電話のような不思議な

出来事もありました。ですので、著者の話

は全て信じています。

 

科学で解明できないですが、死んだらおし

まいでないとすれば心して生きなければと

思います。

 

信じてもらえないのを覚悟の上で、今作を

真摯に書かれた著者には感謝したいですね。

 

話の最後の方が中途半端なので、不満に思う

方も多いでしょうが、あくまでも事実をその

まま描いたものですので、やむを得ないかと

思います。

 

霊現象を体験した身としては、この作品の終

わり方はますます真実だと思わされました。

 

====================

 

■面白い!私はこの話は信じたいと思います。

この手の本は他の方も出されてますが、佐藤

愛子さんの本もまた不思議な内容ですね。

 

ほんと、霊界の事は我々素人にはわからない

事だらけ。皆さんも一度読んでみては?

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

 

『冥界からの電話』を購入された方の感想が

あなたの参考になれば幸いです。

 

書籍情報

『冥界からの電話』

発売日: 2018年11月30日

著者: 佐藤愛子

出版社: 新潮社

発行形態: 単行本

ページ数: 184p

ISBNコード: 9784103309055

 

おわりに

今回は、佐藤愛子さんの『冥界からの電話』

のあらすじや本の内容を、ネタバレなしでご

紹介しました!

 

死後の世界の真実を、95歳の佐藤さんならで

の視点から描いた本作。

 

死んだ女の子から電話がかかってくる…。

 

一見するとすごく不思議で怖い体験かもしれ

ませんが、高林先生の実体験を佐藤さんは克

明に書かれていますね。

 

この本に書かれていることを信じるかは自由

ですが、一見の価値ありの内容だと思います

よ!

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、

 

『こんな老い方もある』

『人生は美しいことだけ憶えていればいい』

 

など、佐藤愛子さんの過去の作品もたっぷり

と読めるので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

あらすじを読んだあなたも、この機会に是非

本作を手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。