話題の絵本『もいもい』の口コミをたっぷりとご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『もいもい』という絵本を、あなたはご存知

ですか?

 

シリーズ累計53万部突破!

 

東京大学の研究で証明された、赤ちゃんが最

も興味を惹かれるキャラクター「もいもい」

が登場する話題の絵本です。

 

そんな本作ですが、やはり口コミが気になり

ますよね?

 

そこで今回は、絵本『もいもい』の気になる

口コミをたっぷりご紹介します!

 

お子様の読み聞かせにもピッタリなので、是

非参考にしてみて下さいね!

 

絵本『もいもい』の気になる口コミをたっぷりと!

では早速、話題の絵本『もいもい』の口コミ

を見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天などに投稿されてい

る口コミの中から、特に印象的だったものを

たっぷりとご紹介します!

 

(以下から口コミ)

 

■『もいもい』は、子どもが3ヶ月の頃に初め

て購入した絵本です。

 

0〜2歳児向けということもあり、物語性はあ

りませんが子どもはとても気に入ったみたい

で。

 

もいもいがいっぱい出てくるところと巨大化

するところが特にお気に入りのようで、本を

開くたびに喜んでくれます。

 

そんな子どもの姿を見ていると、私自身も嬉

しい気持ちになりますね。

 

一時期飽きたみたいなのですが、1歳4ヶ月と

なり、またこの絵本を読んでくれています。

 

最近は、イラストを指差して「もいもい」と

言えるようになるなど、子どもの成長を日々

実感しています。

 

====================

 

■いつも全力で泣く、現在2ヵ月の我が子。

 

この『もいもい』という絵本を見せたところ

笑顔に!

 

でも、機嫌が良い時しか笑ってくれないので

思うような効果はまだまだです。

 

とは言え、イラストをしっかりと目で追って

くれているようなので、もう少し大きくなっ

たらもっと効果が出てくるのかな?

 

子どもの成長とともに期待したいですね!

 

====================

 

■この絵本は図書館で見つけたのですが、そ

の際に子どもが興味を持っていたので買いま

した。

 

新品なのに傷が付いていたのでそこは残念に

思いましたが、子どもが遊ぶうちにボロボロ

になるからあまり気になりません。

 

具体的な物語があるわけではないのですが、

「もいもい」という独特なリズムに赤ちゃん

は惹かれるのかもしれませんね。

 

私の子どももそんな不思議なもいもいを食い

入るように見ています。

 

====================

 

■現在4ヶ月の子どもがいて、普段は私が本の

読み聞かせをしています。

 

確かに『もいもい』は、ほかの絵本よりも子

どもが見ている時間が長い気がしますね。熱

心にじっと見ていました。

 

もう少し成長したら、また読んであげようと

思います。

 

====================

 

■何とも不思議なキャラクター、もいもい。

 

私の子どもは注射する時にこの絵本を見せる

と、全然泣かないんです。

 

今ではすっかりボロボロになったこの絵本。

 

大きい目のような模様が特徴的なもいもいは

赤ちゃんだからこそ惹かれる「何か」がある

のかもしれませんね。

 

(口コミはここまで)

 

【著作権上の問題により、口コミは意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

以上、『もいもい』の口コミをご紹介させて

いただきました!

 

ここまで口コミを読んだあなたなら、本の続

きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい内容は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題の絵本なので売り切れない内にどうぞ!

 

本作の内容について

世の中には数え切れないほどの絵本があり

ますが、

 

「果たしてそれが赤ちゃんにとって本当に

満足できる絵本なのか?」

 

普段からお子様に読み聞かせをされている

方なら、特にそう感じますよね。

 

そんな疑問を解決するため、著者の市原淳

さんは、東京大学あかちゃんラボとの約2

年にも及ぶ共同研究を開始しました。

 

赤ちゃんの好みや思考を科学的に研究する

「あかちゃん学絵本プロジェクト」。

 

「ある言葉に対して赤ちゃんがどのような

形をイメージするか?」といった研究など

が行われました。

 

そんな中、「ある特定のイラストが赤ちゃ

んの視線を捉えて離さない」という驚きの

効果が!

 

その際に生まれたキャラクターを基にした

絵本こそ、本作『もいもい』です!

 

2017年7月13日に刊行され、開一夫さんが

監修を務めています。

 

シリーズ累計53万部を突破するなど、その

話題性は抜群!

 

実際にこの絵本のイラストを赤ちゃんに見

せたところ、

 

「赤ちゃんの視線が本から離れない!」

「泣いていたのにすぐ泣き止んだ!」

 

といった、驚きの効果が多数寄せられてい

ます!

 

0歳〜2歳児向けの絵本ですので、お子様の

読み聞かせやプレゼントにピッタリな絵本

です♪

 

「あかちゃん学絵本シリーズ」一覧

●『もいもい』

言わずと知れたシリーズ第1弾。どれを読むか

迷ったらまずはこちらを!

 

●『もいもい ボードブック』

『もいもい』の手のひらサイズ版。コンパク

トなのに破れにくく、耐水性も抜群!

 

●『モイモイとキーリー』

言葉のイメージから赤ちゃんがセレクトした

絵がたくさん詰まった絵本です。

 

●『うるしー』

赤ちゃん審査員から圧倒的な人気を集めたキ

ャラクターが登場する絵本です。

 

●『うるしー ボードブック』

『うるしー』の手のひらサイズ版。コンパク

トなのに破れにくく、耐水性も抜群!

 

●『もいもい どこどこ?』

シリーズ最新作であり、あかちゃんの「じっ

とみる」という特性を活用したしかけ絵本が

楽しめます。

 

著者紹介

●市原淳(イチハラジュン)

 

大阪芸術大学デザイン学科卒。

 

2009年に、オリジナルキャラクター「ポペッ

ツタウン」が、カナダのDECODE社からアニ

メ化される。

 

同作は世界約100ヶ国で放送され、大きな話

題を集める。

 

16年に、チャリティアートイベント「ひつじ

のショーンin渋谷」に参加。

 

====================

 

●開一夫(ヒラキカズオ)

 

東京大学大学院総合文化研究科広域システム

科学系教授。

 

専門は「あかちゃん学」で、東京大学あかち

ゃんラボを運営。

 

本作『もいもい』をはじめとした「あかちゃ

ん学絵本シリーズ」では、監修と担当してい

る。

 

====================

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『もいもい』

発売日: 2017年7月13日

著者: 市原淳

監修: 開一夫

出版社: ディスカヴァー・トゥエンティワン

発行形態: 絵本

ページ数: 32p

ISBNコード: 9784799321102

 

おわりに

今回は、絵本『もいもい』の気になる口コミ

や、本の内容についてご紹介しました!

 

大きな目玉のような模様と蛇のような姿が特

徴的なキャラクター「もいもい」。

 

感受性が豊かな子どもがもいもいにハマる理

由が、少し理解できたような気がします。

 

『もいもい』は、まさに読み聞かせにピッタ

リな絵本ですね♪

 

また、絵本が破れたりボロボロになるのを気

にされる方は、手のひらサイズで破れにくい

ボードブック版もオススメ!

 

口コミを読んだあなたも、是非手に取ってみ

てはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。