池井戸潤『七つの会議』の文庫本を詳しくご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年2月19日に発売された池井戸潤さん

の小説『七つの会議』(文庫本)をご存知

ですか?

 

企業のモラルと本質を問う、傑作クライム

小説です。

 

こちらの文庫本、どのような内容か気になる

ところですよね?

 

そこで今回は、『七つの会議』の文庫本に

ついて詳しく調べてみました!

 

今作のあらすじ、著者紹介、そして具体的

な購入方法などを中心にお伝えします。

 

▼購入はこちら▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

七つの会議 (集英社文庫) [ 池井戸潤 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/1/9時点)

 

 

『七つの会議』のあらすじ

中堅メーカー・東京建電の社内委員会にて

トップセールスマンのエリート課長を、

年上の部下が訴えた!

 

どうやら、部下へのパワハラが事の発端

のようで…。

 

そして、役員会が下した不可解な人事。

これをキッカケに、偽装工作、粉飾決算、

隠蔽体質などが、次々と明らかになる。

 

二人の間には何があったのか?

今、会社で何が起こっているのか?

 

事態の収拾を命じられた原島は、親会社

と取引先を巻き込む大掛かりな会社の秘密

に迫っていく。

 

問われるのは、企業のモラルと本質。

 

ごく普通の中堅メーカーを舞台に繰り広げ

られる傑作クライム小説、ここに開幕。

 

目次

居眠り八角

ねじ六奮戦記

コトブキ退社

経理屋稼業

社内政治家

偽ライオン

御前会議

最終議案

 

著者紹介

●池井戸潤(イケイドジュン)

 

1963年、岐阜県生まれ。慶應義塾大学卒業。

 

98年に、『果つる底なき』で第44回江戸川

乱歩賞受賞。

 

2010年に、『鉄の骨』で第31回吉川英治文学

新人賞受賞。

 

11年に、『下町ロケット』で第145回直木賞

受賞。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータです。

 

購入された方の感想をご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が

気になりませんか?

 

そこで今回は、楽天の商品ページに投稿

されている、購入された方の感想をご紹介

します!

 

なお、ネタバレはありませんので、ご安心

下さい。

 

(ここから口コミ)

 

■タイトル通り7つの短編小説の集まりかと

思いきや、読み進めるに連れてどんどん話

が繋がっていく。

 

人はどのように組織の中で生きていくべき

かを考えさせられました。

 

最後は、池井戸潤さん作品特有の勧善懲悪で

スッキリしました。

 

■この物語は長編として捉えた場合、最初の

内は誰が主人公なのか分からない。ですが、

最後に分かるようになります。

 

会社や家庭の中で起こりそうな事を短編と

して、よろしくない会社に起こりそうな事

を長編として描いており、二層の面白さが

あります。

 

■知らず知らずの内にのめり込んで、アッと

言う間に読み終わりました。ストレスを感

じる事無くスラスラと読める内容でした。

 

■短編かと思いきや、話が全部繋がっていて

最後まで面白かったです。

 

■私は池井戸潤さんの作品が好きなのですが

今回も読みやすくて楽しめました。

 

主に銀行内での出来事ですが、サラリーマン

やビジネスマンの気持ちを上手く表現してい

ると思います。

 

■読了後に充実感を味わえる小説です。主人

公を応援しながら、共に戦ったり落胆したり

と、臨場感が堪能できます。

 

■絡み合う人と仕事。次はその次はと読み進み

たくなります。池井戸さんの作品としては、他

とは路線が違う良い小説だと思います。

 

■やはり池井戸潤さん。楽しく読ませてもらい

ました。NHKでドラマ化もされましたが、や

はり小説は違った味わいがありますね。

 

■サラリーマンにとってはなかなか考えさせら

れるストーリーです。是非ご一読を♪

 

■池井戸作品は肩が凝らないので、娯楽作品と

しては大好きです。

 

■日々絶えることの無い企業の不祥事。そこに

絡み合うそれぞれの思惑。この本で描かれてい

ることは、実際にありそうですね。

 

(口コミはここまで)

 

【著作権上の問題により、口コミは意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせて

いただきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、楽天の商品ページに投稿されている

購入された方の感想をご紹介しました!

是非参考にしてみて下さい!

 

『七つの会議』の文庫本を購入するなら楽天!そのワケとは?

『七つの会議』の文庫本の価格はいくらか?

 

今回は、日本最大級の通販サイトの楽天で

調べてみました!

 

このサイトをご覧のあなたも、おそらく楽天

で一度はお買い物をしたことがあるのでは?

いつも使うところで売っていたら気軽に買え

るのではないでしょうか。

 

価格(税込)を調べてみた結果、このように

なりました!

 

※価格やポイントは変動する場合があります。

※今作は、電子書籍版はまだありません。

 

【七つの会議(集英社文庫)】

価格:864

獲得ポイント: 32ポイント(4倍!)

▼購入はこちら▼

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

七つの会議 (集英社文庫) [ 池井戸潤 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2019/1/9時点)

 

 

また、この商品を楽天で購入すると、以下の

関連するクーポン・キャンペーンが適用され

る場合があります!

 

・対象商品1点追加で同時注文商品もポイント

最大10倍

 

・楽天ブックス商品1,000円以上購入&音楽

アプリ無料お試しで700ポイント

 

※エントリー必要の有無や実施期間などの

各種詳細な条件は、楽天の各説明頁にて

ご確認下さい。

 

さらに、楽天ブックスなら送料無料です!

 

楽天は他に比べてポイントがかなり貯まり

やすい通販サイトです。普段から楽天を

利用されている方ならポイントで購入も

出来ますよ。値段だけでなく購入のしや

すさでも良いサイトではないかと思います。

 

さらに先程説明したクーポンやキャンペーン

を活用すれば、よりお得に購入できますね♪

 

『七つの会議』の文庫本を購入するなら

楽天で!是非参考にしてみて下さいね!

 

●七つの会議(集英社文庫)

発売日: 2016年2月19日

著者/編集: 池井戸潤

ページ数: 494p

ISBNコード: 9784087454123

 

おわりに

今回は、池井戸潤さんの小説『七つの会議』

の文庫本についてご紹介しました!

 

会社のモラルを問う今作。改めて働くという

ことについて考えさせられました。

 

特に、サラリーマンの方に読んでいただき

たい一冊ですね。

 

この情報があなたのお役に立てば幸いです。

 

最後までこの記事をご覧いただき

本当にありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。