又吉直樹『人間』の気になる感想をたっぷりとご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

又吉直樹さんの小説『人間』が、2019年10月

10日に発売されました!

 

芥川賞受賞作の『火花』、『劇場』に続いて

3作目となる本作は、又吉さんにとって初の

長編小説です。

 

そんな本作ですが、やはり気になるのは感想

ですよね?

 

そこで今回は、又吉直樹さんの小説『人間』

を購入された方の感想をたっぷりとご紹介し

ます!是非、参考にしてみて下さいね!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

又吉直樹『人間』の感想をたっぷりとご紹介!

では早速、又吉直樹さんの『人間』の感想を

見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天などのサイトに投稿

されている、購入された方の感想をご紹介し

ます!

 

なお、感想はネタバレなしです。

 

(以下から感想)

 

■仕事や趣味を通して創作に携わる人間が抱

くであろう、ドロドロとした感情。

 

本作ではそれが見事に言語化されています。

特に、小説の前半部分でそう感じましたね。

 

他者が持つ才能に対して抱く複雑な感情。

 

その答えが明確な言葉でもって示されるので

本作は自分を客観的に見る一助になるのでは

ないでしょうか。

 

話の内容が重いという方もいますが、個人的

にはすごく楽んで読めましたよ。

 

主人公の永山のように小説家や漫画家を目指

している方は、是非『人間』を読んでみて下

さい。

 

====================

 

■又吉さんはこれまで『火花』や『劇場』を

書いてきましたが、それはある意味、自分の

過去を俯瞰して小説という形で表現してきた

とも言えます。

 

そんな又吉さんが新聞連載というリアルタイ

ムな世界でその枷を外し、現実の裏表を行き

来しながら描いた物語が、本作『人間』なの

だと思います。

 

流行り廃りに左右されないこの文学世界は、

非常に楽しくて心が揺さぶられます。

 

そして読了後は、今までと違った景色が広が

っていました。

 

====================

 

■私は又吉さんの小説は、文学作品として好

きな一人です。

 

『人間』は、まるで現代アートのような混沌

かつ直感的な展開が素敵に感じました。

 

ただ、感情的な物語だけの作品が好きな方に

とっては、本作は難しいのかなとも思いまし

たね。

 

====================

 

■率直な感想としては、「深い!」と感じま

した。

 

これが、又吉直樹さんの考える「人間」なの

ですね。

 

登場人物からして、又吉直樹という一人の人

間の内側と外側から見ているような感覚にな

ります。

 

それにしても、人間として生きていくのって

難しいですよね。

 

本作で私が特に印象に残ったのが、「なんで

平均的な人物を演じなあかんの?」というセ

リフ。思わず心に響きました。

 

自意識、自己嫌悪、惰性、才能、常識、嫉妬

平気なふり。

 

なんて人間味溢れる一冊なんでしょう。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、又吉直樹さんの小説『人間』の感想を

ネタバレなしでご紹介しました!

 

ここまで感想を読んだあなた、物語の続き

が気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクか

ら見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

又吉直樹『人間』のあらすじ

「僕たちは人間をやるのが下手だ。」

 

絵や文章で表現することを目指してきた男、

永山。

 

38歳の誕生日に、彼は古い知人からメールを

受け取る。

 

どうやら、若い頃に「ハウス」と呼ばれる共

同住居で一緒に暮らした仲野が、ある騒動の

渦中にいるようだ。

 

それを知った永山の脳裡に、かつてハウスで

芸術家を志す男女と創作や議論に明け暮れた

日々が思い出される…。

 

当時、彼らとの作品展に参加していた永山。

 

そこで彼の作品が編集者の目に止まり、手を

加えて出版にまでこぎつけたこともあった。

 

その一方で、永山はハウスの住人たちとの間

にわだかまりが生じ、ある事件が起こる。

 

忘れかけていた苦い記憶と向き合っていく永

山だが…。

 

漫画家、イラストレーター、ミュージシャン

作家、芸人…。

 

何者かになろうともがく果てに、かつての若

者たちを待ち受けていたものとは?

 

著者紹介

●又吉直樹(マタヨシナオキ)

 

お笑い芸人、小説家。1980年、大阪府寝屋

川市に生まれる。

 

吉本興業に所属し、お笑いコンビ「ピース」

として活動している。

 

2015年に『火花』で小説家デビューを果た

し、第153回芥川賞を受賞。

 

17年に、2作目となる小説『劇場』を発表。

 

18年9月から翌年の5月にかけて、初の新聞

小説となる『人間』を毎日新聞夕刊で連載。

 

ほかにも、『第2図書係補佐』『東京百景』

などの著書がある。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『人間』

発売日: 2019年10月10日

著者: 又吉直樹

出版社: 毎日新聞出版

発行形態: 単行本

ページ数: 368p

ISBNコード: 9784620108438

 

『人間』を無料で読む方法はある?

ここまで読んできたあなたは、『人間』を

「今すぐ無料で読みたい!」と思っている

のではないでしょうか。

 

そこで、「U-NEXT」というサービスで

無料で読めるかどうか調べてみました!

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマアニメだけ

ではなく、雑誌、小説、話題の新刊などが

放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内にお目当ての本を読み

終えれば、実質無料で読むことができるとい

うわけですね!

 

ではここで、無料で読めるか調べてみた結果

をお伝えします。

 

調べた結果、又吉直樹さんの小説『人間』は

現在「U-NEXT」では取り扱っていないよう

ですね。

 

ただ、『火花』や『劇場』など、又吉さんの

過去の作品なら「U-NEXT」でたっぷりと読

めます!

 

なので、この機会に又吉さんの作品に触れて

みるのも良いかも知れませんね♪

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以

上もあり、もはや専門サービス並みのライン

ナップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、又吉直樹さんの小説『人間』の気に

なる感想や、本の内容についてご紹介しまし

た!

 

又吉さんにとって3作目となる『人間』は、

自身初の長編小説にして新たな代表作になる

予感!

 

感想を読んだあなたは、この機会に是非読

んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。