絵本『おべんとうバス』の気になるあらすじをご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『おべんとうバス』という絵本を、あなたは

ご存知ですか?

 

2006年1月1日に発売。

 

『もったいないばあさん』でお馴染みの真珠

まりこさんによる、0〜2歳児に向けた絵本で

す。

 

そんな本作ですが、やはりあらすじが気にな

りますよね?

 

そこで今回は、絵本『おべんとうバス』の気

になるあらすじを詳しくご紹介します!

 

お子様の読み聞かせにもピッタリなので、是

非参考にしてみて下さいね!

 

『おべんとうバス』の気になるあらすじは?

では早速、絵本『おべんとうバス』の気にな

るあらすじを見ていきます!

 

(あらすじは以下から)

 

誰も乗っていない赤いバス。

 

「バスに のってください」

 

「ハンバーグくーん」

「はーい」

 

「えびフライちゃん」

「はーい」

 

「たまごやきさーん」

「はーい」

 

そのあとも、ブロッコリーくん、トマトちゃ

ん、おにぎりさんといったお弁当の定番のお

かずたちも、元気よくバスに乗り込んでいき

ます!

 

「まだ来ていないのはだあれ?」

 

みんなの言葉とともに最後に現れたのはあの

デザート!?

 

赤いバスに詰め込まれた、子どもたちの大す

きなものたち。

 

「みんな いっしょにいただきます!」

 

(あらすじはここまで)

 

以上、『おべんとうバス』のあらすじをご紹

介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、本の

続きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい内容は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題の絵本なので売り切れない内にどうぞ!

 

著者紹介

●真珠まりこ(シンジュマリコ)

 

絵本作家。兵庫県神戸市出身。神戸女学院大

学卒業。

 

大学卒業後は、大阪総合デザイン専門学校や

ニューヨークのパーソンズデザイン学校にて

絵本制作を学ぶ。

 

1998年にアメリカで出版された「A Pumpkin

Story」は、2000年に『かぼちゃものがたり』

(学研)として日本でも出版される。

 

04年に刊行された絵本『もったいないばあさ

ん』(講談社)がベストセラーに。

 

「もったいないばあさん」シリーズとして、

「けんぶち絵本の里大賞」「びばからす賞」

を計5回受賞する。

 

08年より「もったいないばあさんのワールド

レポート展」を開催。

 

09年から、環境省・地球生きもの応援団メン

バーを務めている。

 

『おべんとうバス』の感想をたっぷりとご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、Amazonや楽天などに投稿されてい

る『おべんとうバス』の感想の中から、特に

印象的だったものをご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■『おべんとうバス』は、子どもの読み聞か

せのために買ったのですが、「呼びかけ」と

「返事」の単純な繰り返しが良いですよね。

 

どうやら我が子は、

 

・バスに乗ること

・お弁当を食べること

 

が特に気に入ったみたいです。

 

毎回「いただきます!」と言ってから絵本を

閉じるのですが、楽しそうで何より。

 

私としては、最後にみかんちゃんが遅れて登

する感じが気に入っています。

 

おにぎりさんが1人ではなく複数なのも良い

ポイントですね。

 

====================

 

■私には1歳11ヶ月になる息子がいるのですが

『おべんとうバス』は息子に読み聞かせるた

めに購入しました。

 

私が何度か読んだ後、お弁当の具たちが返事

をするところは息子に任せています。

 

今では、絵本で登場したお弁当の具が実際に

食卓に並ぶと、美味しそうに食べてくれるま

でになりました(笑)

 

『おべんとうバス』は、呼びかけと返事を役

割分担しながら親子一緒に楽しめるのが良い

ですね。

 

====================

 

■我が家では、お弁当の色々な具に混ぜて子

どもの名前を呼んであげるのですが、そうす

ると元気なお返事が返ってくるんです。

『おべんとうバス』は、子どものお返事を習

慣づけるにはピッタリの一冊だと思います!

 

皆さんも是非試してみて下さい!

 

====================

 

■この絵本は0歳〜2歳児向けだそうですが、

私の子どもは自ら絵に触れて遊んでいます。

 

もしかして、気に入ってくれたのかな?

 

積極的に遊んでいる姿を見ていると、そう感

じずにはいられませんね。

 

====================

 

■保育園のお遊戯の時間に読まれていたこと

がキッカケで、この絵本を知りました。

 

赤いバスが目を引く表紙を私の子どもが気に

入ったみたいなので、購入。

 

表紙だけではなく、内容やイラストも含めて

すごくかわいいですよね。

 

どうやら子どももハマったみたいで、何度も

繰り返し読んであげています。

 

今は購入して良かったと心から思います。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

『おべんとうバス』を購入された方の感想が

あなたの参考になれば幸いです♪

 

書籍情報

●『おべんとうバス』

発売日: 2006年1月1日

著者: 真珠まりこ

出版社: ひさかたチャイルド

発行形態: 絵本

ページ数: 20p

ISBNコード: 9784893252227

 

おわりに

今回は、真珠まりこさんによる絵本『おべん

とうバス』のあらすじや、本の内容について

ご紹介しました!

 

保育園や幼稚園の劇でも有名なこの絵本。

 

お弁当のおかずが次々返事をする斬新な内容

ではありますが、

 

・ドライブ

・旅行

・キャンプ

・ピクニック

 

など、様々なシーンでお子様と一緒にワイワ

イ遊べる絵本です♪

 

もちろん、毎日の読み聞かせにもオススメで

すよ!

 

あらすじを読んだあなたも、本作を手に取っ

てみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。