文庫本『オペレーションZ』の気になるあらすじを詳しく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

真山仁さんによる小説『オペレーションZ』

の文庫本が、2020年2月28日に発売されまし

た!

 

真山さんといえば、『ハゲタカ』シリーズが

有名ですよね。

 

本作『オペレーションZ』は、今年の3月から

草刈正雄さん主演のドラマが放送予定。

 

ドラマ化に加え、この度文庫本となったこと

でさらに注目を集めそうな本作ですが、やは

りあらすじが気になりますよね?

 

今回は、真山仁さんの『オペレーションZ』

文庫本のあらすじを詳しくご紹介します!是

非、参考にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『オペレーションZ』の気になるあらすじは?

早速、真山仁さんの小説『オペレーションZ』

のあらすじをネタバレなしで見ていきます!

 

(あらすじは以下から)

 

借金が千兆円を超え、基礎的財政収支は赤字

続きの日本。

 

このまま国債が市場で吸収されず、ヘッジフ

ァンドが国債を売り浴びせると、日本の破滅

は決定的だ。

 

そんな中、資金繰りが目的で大手生保会社が

国債を投げ売りし、国債価格が暴落するとい

う自体が発生。

 

国債に頼っていては、この国に未来はない。

この深刻な現状を打破する方法は一つ。

 

それは、「国家予算を半減すること!」

 

時の内閣総理大臣・江島隆盛は若手財務官僚

を集め、極秘作戦を開始する。

 

その名も、「オペレーションZ」。

 

江島総理の密命を帯びたチームOZは、この

「歳出半減」という最重要かつ最難関の一大

プロジェクトに挑んでいく…。

 

しかし、他の省庁や官僚による抵抗、世論の

猛反発、メディアの攻撃、そして内部にいる

裏切り者の存在など、問題は前途多難。

 

そんな中、江島総理は国会解散という大きな

決断をするが…。

 

「オペレーションZ」は成功するのか?

日本の未来は果たして?

 

明日、実際に起こるかもしれない日本の危機

を描いた、空前の政治ドラマが開幕する…!

 

(あらすじはここまで)

 

以上、『オペレーションZ』のあらすじを、

ネタバレなしでご紹介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、物語

の続きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

ドラマも放送予定の話題作なので、売り切れ

ない内にどうぞ!

 

著者紹介

●真山仁(マヤマジン)

 

小説家。1962年、大阪府に生まれる。同志社

大学法学部政治学科卒業。

 

新聞記者やフリーライターを経験後、2004年

に描いた『ハゲタカ』で作家デビュー。

 

企業買収の壮絶な舞台裏を描いた本作は、大

きな話題になる。

 

ほかにも、多数の著書あり。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『オペレーションZ』

発売日: 2020年2月28日

著者: 真山仁

出版社: 新潮社

発行形態: 文庫

ページ数: 672p

ISBNコード: 9784101390536

 

おわりに

今回は、真山仁さんの『オペレーションZ』

のあらすじや、文庫本の内容についてご紹介

しました!

 

『オペレーションZ』 の「Z」は、もう後が

ないという意味。

 

原作を読むことで、3月からWOWOWで放送

されるドラマがより一層楽しみですね。

 

内閣総理大臣・江島隆盛を演じる草刈正雄さ

んの演技にも注目したいと思います。

 

また、今回文庫本となったことで持ち運びが

しやすくなり、手頃な価格で読めるようにな

ったのも嬉しいポイント。

 

あらすじを読んだあなたも、文庫本となった

この機会に本作を読んでみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。