歴史経済エンタメ『大名倒産』のあらすじを詳しく解説!

浅田次郎さんの小説『大名倒産』が、2019年

12月6日に上下巻で発売されました!

 

泰平の世に積もりに積もった大借金。

 

その難題を笑いを織り交ぜながら描いた、感

動の歴史経済エンタメ小説です。

 

そんな話題の本作ですが、やはりあらすじ

気になりますよね?

 

そこで今回は、浅田次郎さんの『大名倒産』

の気になるあらすじを詳しくご紹介します!

是非、参考にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『大名倒産』上下巻の気になるあらすじは?

では早速、浅田次郎さんの小説『大名倒産』

の気になるあらすじを見ていきます!

 

上巻のあらすじと下巻のあらすじに分けて

ネタバレなしでご紹介します。

 

【『大名倒産』上巻のあらすじ】

舞台は、丹生山松平家。

 

三万石を襲いだばかりの若き殿様は、ある日

江戸城にて脂汗を垂らしていた。

 

「御尊家には金がない…。」

 

老中からの宣告により慌てて調べてみると、

藩の経済事情は火の車だった。

 

奇跡でも起こらない限り返しようのないほど

膨大な借金。それに押し潰される寸前の弱小

大名家。

 

父である御隠居はそんな苦境を見越してか、

庶子の四男である小四郎に家督をとらせてい

た。

 

全ては、「大名倒産」を計画的に成し遂げた

のち、腹を切らせるために…。

 

父祖から受け継いだお家と、美しき里に住む

領地の民たち。

 

これらを守るため、江戸とお国を股にかけた

小四郎の奮闘が始まる!

 

だが、大名行列の費用、幕府からの普請費、

さらに兄が嫁を取りたいと言い出し、金は一

方的に出てゆくばかり…。

 

その上、お家にとり憑く厄介な貧乏神まで現

れてしまい!?

 

お金を巡る笑いと涙の新旧交代物語が、今始

まる…。

 

【『大名倒産』下巻のあらすじ】

丹生山松平家三万石を襲いだ、若き殿様。

 

藩の膨大な借金に対して倹約や殖産興業など

様々な手を打つが、道は前途多難。

 

御国入りで初めて見る故郷の美しさ。

初めて知った兄弟の情。

 

若殿は藩の倒産を阻止するため奮闘するが、

家臣共々の努力は焼け石に水。

 

かくなる上は、伝家の宝刀「お断り」で借金

帳消しという不名誉を被るしかないのか…。

 

そんな健気な若殿の奮闘に、ついに七福神が

乗り出す?

 

やがて明らかになる父の思惑とは?

 

人間も神様も入り乱れての必死の金策。果た

して自体は丸く収まるのか…!?

 

(あらすじはここまで)

 

以上、浅田次郎さんの『大名倒産』の気にな

るあらすじを、ネタバレなしでご紹介しまし

た!

 

著者紹介

浅田次郎(アサダジロウ)

 

小説家。日本ペンクラブ元会長。1951年、

東京都に生まれる。

 

95年に『地下鉄に乗って』で、吉川英治文

学新人賞受賞。

 

97年に『鉄道員』で、直木賞受賞。

 

2000年に『壬生義士伝』で、柴田錬三郎賞

受賞。

 

06年に『お腹召しませ』で、中央公論文芸

賞、司馬遼太郎賞を受賞。

 

08年に『中原の虹』で、吉川英治文学賞受

賞。

 

10年に『終わらざる夏』で、毎日出版文化

賞受賞。

 

15年には、紫綬褒章を受章する。

 

16年に『帰郷』で、大佛次郎賞受賞。

 

19年には、菊池寛賞を受賞。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『大名倒産』の気になる感想をズラッとご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、Amazonや楽天などに投稿されてい

る感想の中から、特に印象的だったものをご

紹介!

 

なお、感想もネタバレなしでお届けします。

 

(以下から感想)

 

■260年間に渡り溜まってしまった、25万両

もの借金。

 

特別な贅沢や大規模な失敗をしたわけではな

いのにこの金額。

 

それに加えて、毎年利息が3万両で、歳入は

年間1万両しかない始末。

 

そんな状況の中、隠居した先代藩主は家臣た

ちを救うためには「計画倒産」もやむなしと

考えます。

 

対して、260年間も続いたお家を潰したくな

いのがご隠居の末息子。本来は跡継ぎになる

人ではありません。

 

さらに、神様たちも入り乱れて物語は進んで

いきます。

 

本作は登場人物が多いのですが、それでも混

乱せずスラスラと読めます。

 

聞けば、幕末の大名家はどこも借金まみれだ

ったそうですね。

 

その理由に関しては少々ネタバレになってし

まうのでここでは言えませんが、借金まみれ

の理由は妙に納得できました。

 

それにしても、どこも経営の素人がトップに

いる状態だと、借金などは将来のツケに回す

しかなかったのでしょうね。

 

この『大名倒産』を読んでいると、藩主は企

業の社長、家臣は社員というように、今の時

代に置きかけて読むこともできるなと感じま

した。

 

これはできれば続編を読んで見たいですね。

 

====================

 

■私は本作を読んで、改めて浅田次郎さんの

作品が好きなんだなぁと実感しました。

 

登場人物含めドタバタ劇の中に感じられる、

切ない展開と笑いの中に含まれる愛しさ。

 

これこそ、浅田次郎作品ですね。

 

====================

 

■丹生山松平家三万石を継いだ若き大名。

 

借金で藩の首が回らないので倒産を画策し、

庶子である4男を跡継ぎにしたご隠居様。

 

その4男を倒産の責任者として腹を切らせよ

うとするご隠居様に対して奮闘する様が描か

れた時代小説です。

 

上下巻で発売されていますが、上巻では藩の

厳しい経済状態が明かされます。

 

また、福の神を貧乏神が紹介したり、殿様の

父が鮭の放流をしたりなど、藩の殖産のきっ

かけとなる展開も描かれます。

 

上巻を読んだ限りでは面白かったので、下巻

も楽しみです。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

 

『大名倒産』を購入された方の感想が、あ

なたの参考になれば幸いです!

 

書籍情報

『大名倒産』(上)

発売日: 2019年12月6日

著者: 浅田次郎

出版社: 文藝春秋

発行形態: 単行本

ページ数: 352p

ISBNコード: 9784163911397

 

『大名倒産』(下)

発売日: 2019年12月6日

著者: 浅田次郎

出版社: 文藝春秋

発行形態: 単行本

ページ数: 352p

ISBNコード: 9784163911403

 

おわりに

今回は、浅田次郎さんの小説『大名倒産』の

気になるあらすじや、本の内容についてご紹

介しました!

 

現代にも通じる、お金を巡る新旧交代物語。

 

軽快なギャグと、ホロリと涙を誘う感動の展

開とのバランスが絶妙で、最後まで飽きずに

物語を楽しめます。

 

そんな笑いと涙に溢れた歴史経済エンタメで

ある本作は、今の時代だからこそ感じられる

何かがあ思います。

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、本作

『大名倒産』をはじめ、

 

『地下鉄に乗って』

『鉄道員』

『壬生義士伝』

 

など、浅田さんの過去の作品もたっぷりと読

めるので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

あらすじを読んだあなたも、この機会に本作

を手に取ってみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

▼参考記事▼

待望の続編『トヨトミの逆襲』の気になるあらすじを詳しく!

梶山三郎さんの小説『トヨトミの逆襲 小

説・巨大自動車企業』が、2019年11月27日

に発売されました!

 

「99%が実話」と噂され経済界を震撼させた

企業小説『トヨトミの野望』。本作はその続

編にあたる作品です。

 

そんな話題の本作ですが、やはりあらすじ

気になりますよね?

 

そこで今回は、『トヨトミの逆襲』の気にな

るあらすじを詳しくご紹介します!是非、参

考にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『トヨトミの逆襲』の気になるあらすじは?(ネタバレなし)

では早速、『トヨトミの逆襲』のあらすじを

ネタバレなしでご紹介していきます!

 

【前作『トヨトミの野望』について】

一部の限られた関係者しか知りえない真実。

 

それを、まるでノンフィクションじゃないか

というほどリアリティを感じさせる内容で経

済界を震撼させた小説『トヨトミの野望 小

説・巨大自動車企業』

 

著者の梶山三郎さんは、覆面作家。その正体

は大物経済記者か?はたまた内部関係者か?

様々な噂が取り沙汰されるほど、謎の多い方

です。

 

作中に出てくるトヨトミ自動車はトヨタ自動

車がモデルになっているのですが、これは実

際に読んだ方なら誰しも分かるのではないで

しょうか。

 

また、トヨトミ創業家の豊臣新太郎・統一親

子は、トヨタ自動車の豊田章一郎名誉会長と

豊田章男社長がモデル。

 

たたき上げの社長・武田剛平は、奥田碩氏が

モデルだと言われています。

 

つまり、実在の企業や人物をモデルにして、

創業家との確執を描いたということですね。

 

事実、トヨタ本社にほど近い愛知県では、

『トヨトミの野望』は禁書扱いだそうです。

 

「名古屋界隈の書店からは『トヨトミの野

望』が消えた。」

 

「自動車業界に近いある経営者は、本作の

内容は”99%事実”だと言った。」

 

それだけ大きな話題になるほど、『トヨトミ

の野望』は業界を震撼させたのです!

 

【待望の続編『トヨトミの逆襲』のあらすじ】

そんな『トヨトミの野望』待望の続編が、こ

の度遂に発売!

 

それが、本作『トヨトミの逆襲 小説・巨大

自動車企業』です!

 

前作『トヨトミの野望』では、サラリーマン

社長の武田剛平が主人公でしたが、本作は創

業家の御曹司である豊臣統一が主人公です。

 

物語の始まりは、2016年から。

 

「CASE」という100年に一度の大きな波が起

こる自動車業界。

 

主人公の統一社長と曲者揃いの役員たちを軸

に、物語は進んでいきます。

 

70歳を過ぎた“大老”と呼ばれる副社長の林公

平、統一の古くからの側近である寺内春人、

役員人事を掌握している笠原辰男…。

 

それぞれ誰をモデルにしているのか想像しな

がら読むのも一興ですね。

 

IoT、電気自動車、自動運転、ライドシェア。

 

進化し続ける自動車業界で、FCV=燃料電池

車の戦略が外れたトヨトミ自動車は生き残る

ことができるのか?

 

そして、ひ弱な創業家社長は権力闘争に打ち

勝てるのか?

 

ノンフィクションかと錯覚するほど衝撃の企

業小説待望の第二弾を、あなたも是非!

 

====================

 

以上、『トヨトミの逆襲』の気になるあらす

じを、ネタバレなしでご紹介しました!

 

著者紹介

梶山三郎(カジヤマサブロウ)

 

覆面作家、経済記者。

 

2016年10月18日に発売された『トヨトミの

野望 小説・巨大自動車企業』(講談社)

で、鮮烈な作家デビューを果たす。

 

トヨタ自動車をモデルにした本作は、2019

年に小学館文庫になるなど大きな話題を集

める。

 

2019年11月27日には、続編となる『トヨト

ミの逆襲 小説・巨大自動車企業』が刊行。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『トヨトミの逆襲』の気になる感想をズラッとご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、Amazonや楽天などに投稿されてい

る感想の中から、特に印象的だったものをご

紹介します!

 

なお、感想もネタバレなしです。

 

(以下から感想)

 

■前作『トヨトミの野望』に引き続き、本作

もあっという間に読み終わりました。

 

モデルになっているトヨタの社長は在任中に

もかかわらず、第二弾が発売されるのは凄い

ですよね。

 

内容はと言うと、日本一のグローバル企業で

起こっていることが分かりやすく描かれてお

り、非常に面白いです。

 

物語上の会社の人たち、取引先、仕入先など

それぞれ誰をモデルにしているのかは、詳し

い方なら分かるのではないでしょうか。

 

また、権力を握っている副社長はまさに準主

役とも言えるので、ある意味ご満悦かもしれ

ないですね。

 

ただ、後半部分は未来予想のような内容で、

作者の希望的観測が多くてちょっと残念でし

た。

 

それと、来春からの全車種販売など国内販売

でのデイーラーの苦悩なども描かれていると

なお良しだったのですが。

 

国内販売があって今の会社がある。私はそう

感じました。

 

====================

 

■ご存知トヨタをモデルにした企業小説の続

編です。

 

本作も実話がたくさんあるので、業界内は騒

然としているのでは?モデルとなった人物の

特定を始める人も出てきそうですよね。

 

そんな想像に事欠かない小説ですが、後半は

自動車業界の未来を想起させるような内容と

なっています。

 

これだけの取材力と筆力をもつ著者は、一体

何者?

 

覆面著者ということで、すごく気になります

ね。

 

====================

 

■トヨタをモデルにしたノンフィクション風

小説といった感じでしょうか。非常に完成度

が高いです。

 

前作『トヨトミの野望』は、奥田会長とトヨ

タ家の確執がテーマで、すごく面白かった記

憶があります。

 

続編となる『トヨトミの逆襲』は、ノンフィ

クションとフィクションがうまい具合に混ざ

っていますね。

 

自動車業界の未来がこうなってほしいと願い

それに向かって挑んでいくトヨタが描かれて

おり、すごく前向きになれました。

 

私自身も車が好きなので、やはりトヨタには

カッコよくあってほしいなと思いますね。

 

本作で描かれる未来が、是非現実になってほ

しい。そう感じさせてくれた良書です。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

 

『トヨトミの逆襲』を購入された方の感想が

あなたの参考になれば幸いです。

 

書籍情報

●『トヨトミの逆襲 小説・巨大自動車企業』

発売日: 2019年11月27日

著者: 梶山三郎

出版社: 小学館

発行形態: 単行本

ページ数: 288p

ISBNコード: 9784093865616

 

おわりに

今回は、梶山三郎さんの『トヨトミの逆襲』

の気になるあらすじや本の内容を、ネタバレ

なしでご紹介しました!

 

トヨタをモデルにした迫真に迫る内容は、ペ

ージをめくる手が止まりません。

 

自動車業界の未来についても描かれており、

非常に興味深い内容でした。

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、本作

をはじめ前作『トヨトミの野望』まで読める

ので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

あらすじを読んだあなたも、この機会に是非

『トヨトミの逆襲』を読んでみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

これぞ物語の到達点!『この世の春』のあらすじを詳しく!

宮部みゆきさんの小説『この世の春』文庫

が、2019年11月28日に上中下巻で発売され

ました!

 

宮部みゆきさんにとって、作家生活30周年

となる記念すべき作品ですね。

 

待望の文庫化となった本作ですが、やはり

あらすじが気になりますよね?

 

今回は、『この世の春』文庫本のあらすじを

詳しくご紹介します!是非、参考にしてみて

下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

文庫本『この世の春』のあらすじを詳しく!(ネタバレなし)

早速、宮部みゆきさんの小説『この世の春』

文庫本のあらすじを、ネタバレなしで見てい

きます!

 

【上巻のあらすじ】

「ごめんくださいましー。」

 

時は宝永七年の初夏。下野北見藩・元作事方

組頭の家にある声が響いた。

 

応対した各務多紀は、声の主である女が連れ

ていた赤子に驚く。

 

藩内で権力を握っている御用人頭・伊東成孝

の嫡男であったからだ。

 

「なぜ一介の上士に過ぎない父が頼られたの

か?そして、藩の中枢で今何が起こっている

のか?」と、疑問を抱く多紀。

 

やがてこの一夜の出来事が、北関東の小国を

揺るがすある大事件へと繋がっていく…。

 

【中巻のあらすじ】

下野二万石の小国。

 

ここでは、藩主の強制隠居という驚くべき事

態が起こっていた。

 

主君・北見重興の押込(おしこめ)である。

 

居城から別邸の五香苑へと移った重興は、元

家老の石野織部や主治医にも真実を語らず、

座敷牢へ籠った。

 

時には少年のように、時には女郎のように振

る舞う重興の姿に、周囲は当惑する。

 

果たして重興は名君主だったのか?または、

残虐な殺人者だったのか?

 

謎が深まる中、各務多紀との邂逅が重興の心

に変化をもたらして…。

 

【下巻のあらすじ】

「ざまをみろ。」

 

北見重興は、父を殺した時や刺客を討ち取っ

た時に、そのような言葉を口にした。

 

とても元藩主とは思えぬ言葉だが、そこには

どのような因果が込められていたのか?

 

かつて名君と仰がれた今望侯の狂気。根絶や

しにされた出土村。そして城下から相次いで

姿を消した子どもたち。

 

重興の覚醒により、全ての謎が真実へと導か

れていく…。

 

====================

 

以上、『この世の春』文庫本の気になるあら

すじを、ネタバレなしでご紹介しました!

 

ここで詳しいネタバレを書いてしまうとせっ

かくの読む楽しみがなくなるので、ネタバレ

なしとさせていただきました。

 

詳しい内容は、是非あなたの目で確かめてみ

て下さい…!

 

著者紹介

宮部みゆき(ミヤベミユキ)

 

小説家。1960年、東京都に生まれる。

 

87年に「我らが隣人の犯罪」で、オール讀

物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。

 

89年『魔術はささやく』で、日本推理サス

ペンス大賞受賞。

 

92年『龍は眠る』で、第45回日本推理作家

協会賞、同年『本所深川ふしぎ草紙』で、

第13回吉川英治文学新人賞受賞。

 

93年『火車』で、第6回山本周五郎賞受賞。

 

97年『蒲生邸事件』で、第18回日本SF大賞

受賞。

 

99年『理由』で、第120回直木賞受賞。

 

2001年『模倣犯』で、第55回毎日出版文化

賞特別賞、第5回司馬遼太郎賞、第52回芸術

選奨文部科学大臣賞をそれぞれ受賞する。

 

07年『名もなき毒』で、第41回吉川英治文

学賞受賞。

 

08年に英訳版『BRAVE STORY』で、The

Batchelder Awardを受賞。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『この世の春』の気になる感想をズラッとご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、Amazonや楽天などに投稿されてい

る感想の中から、特に印象的だったものをご

紹介!

なお、感想もネタバレなしでお届けします。

 

(以下から感想)

 

■『この世の春』は『荒神』のようなタッチ

の物語かと思いきや、「そう来たか!」と驚

かされました。

 

物語の始まりは、ご乱心の主君・北見重興の

強制隠居から。

 

時代小説では”憑き物”として語られるこの出

来事を、”多重人格”として描くとは恐れ入り

ました。伏線も丁寧ですね。

 

本作は、良い意味で時代小説らしくないです

ね。

 

科学的な観点から描かれているので、宮部み

ゆきさんの作品の中でも割と新鮮な気持ちで

読めるのでは?

 

上巻を読んだ限りでは『この世の春』という

タイトルの意味が不明なので、引き続き読ん

でいきたいと思います。

 

====================

 

■時は江戸時代。北見藩という架空の藩が舞

台のサイコミステリー小説です。

 

正直、現代が舞台でも成立する物語ですが、

そこは宮部みゆき。

 

世継ぎや身分制度といった時代小説ならでは

の要素が上手く活用されています。

 

時代小説ですが、サイコミステリーというこ

ともあり、割と現代的な論理で描かれている

ように感じました。

 

登場人物もどこか現代的な考えを持っていま

すね。

 

『この世の春』は宮部みゆきさんの最高傑作

かと言われると疑問ですが、その分一気に読

めたので物語としては満足です。

 

====================

 

■『この世の春』は宮部みゆきさんにとって

作家生活30周年の記念となる作品。

 

そういう事もあり、私は表紙が公開されてい

ない段階から購入するほど期待してました。

 

実際に読んでみると、時代小説特有の表現な

どに苦戦し、なかなか読み進められない…。

 

しかし、最後に差し掛かると物語が一気に加

速!スラスラと読めるようになりました。

 

これは、続きが気になりますね。

 

====================

 

■さすが宮部みゆきさんは稀代のストーリー

テラーですね。『この世の春』を読んでそれ

を実感。

 

本作は一見するとホラーですが、論理的に整

理されたお話なので、ホラー特有の怖さはあ

りません。

 

正直、登場人物が多くて難しい言葉もたくさ

んあり、慣れるまで一苦労。

 

ですが、物語が進むにつれてドンドン引き込

まれました。

 

====================

 

■深い深い闇を抱えた、北見藩元藩主・北見

重興。

 

そんな重興を、様々な人たちが力を合わせて

救おうとする様が描かれていきます。

 

「一体、重興の過去に何があったのか?」

 

真実を一つずつ糸を解きほぐすように解明し

ていく展開は、圧巻の一言。

 

加えて非常に壮大なストーリーで、時代小説

としても素晴らしい完成度ですね。

 

どれだけ過酷な環境でも、やがて雪が解けて

春が訪れる…。

 

それは人にも当てはまるのだなと、本作を読

んで考えさせられました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

 

『この世の春』を購入された方の感想が、あ

なたの参考になれば幸いです。

 

書籍情報

『この世の春』(上)

発売日: 2019年11月28日

著者: 宮部みゆき

出版社: 新潮社

発行形態: 文庫

ページ数: 336p

ISBNコード: 9784101369457

 

『この世の春』(中)

発売日: 2019年11月28日

著者: 宮部みゆき

出版社: 新潮社

発行形態: 文庫

ページ数: 336p

ISBNコード: 9784101369464

 

『この世の春』(下)

発売日: 2019年11月28日

著者: 宮部みゆき

出版社: 新潮社

発行形態: 文庫

ページ数: 448p

ISBNコード: 9784101369471

 

おわりに

今回は宮部みゆきさんの小説『この世の春』

のあらすじや感想を中心に、ネタバレなしで

ご紹介しました!

 

時は江戸時代。

 

徳川家第6代将軍・徳川家宣が治める世で、

北見藩という架空の藩を舞台に描いたサイコ

ミステリー小説。

 

サスペンス、ミステリー、歴史の魅力が詰ま

った、まさに「物語の到達点」とも言える作

品ですね。

 

時代小説でもあるのでやや難しい内容もあり

ましたが、終盤に向けて加速していく展開は

非常にスリリング!

 

宮部みゆきファンなら、読んで損はないハズ

です!

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間無料トライアルがあり、様々な

作品がたっぷり読めるので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

あらすじを読んだあなたも、文庫化されたこ

の機会に是非読んでみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

▼関連記事▼

『死ぬほど読めて忘れない高速読書』の口コミをズラッとご紹介!

2019年8月24日に発売された上岡正明さんの

著書『死ぬほど読めて忘れない高速読書』

 

脳科学から生まれた、インプットとアウトプ

ットを高速で繰り返す画期的な読書術です。

 

1冊につき30分で3回読むことで、内容を長期

的に覚えておけると話題の本作。

 

やはり、口コミが気になりますよね?

 

そこで今回は、『高速読書』を購入された方

の口コミをたっぷりとご紹介します!是非、

参考にしてみて下さいね!

 

『高速読書』の気になる口コミをズラッとご紹介!

では早速、『高速読書』の気になる口コミを

見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天などで購入された方

の口コミをズラッとご紹介します!

 

(以下から口コミ)

 

■最近話題の「速読」とは違って、『高速読

書』は目のトレーニングを通して読書スピー

ドを上げるやり方ではありません。

 

大事なのは「なぜ速く読む必要があるのか」

という明確な目的。

 

そのことを改めて認識できたので、読んで良

かったです。

 

私が特に気になったのが、「無知から2週間

でその分野の有識者になれる方法」。

 

これを実践して一つの分野で結果を出せたら

自分にとって大きな自信になるなと感じまし

た。

 

だから、たとえ自分が知らない分野であった

としても怖くありません。

 

その勇気をもらえたことが、本作を読んで一

番良かった点ですね。

 

====================

 

■『高速読書』は、「速読」とは全く違った

やり方です。

 

以前から速読術やフォトリーディングなどを

学んでいたのですが、本当に身に付くのか疑

問に思い、結局どれも止めました。

 

その点『高速読書』は、要点を素早く捉える

ためのテクニックと読んだ内容を忘れないた

めのアプローチが組み合わさっています。

 

なので、著者の理論と経験に基づいた、極め

て具体的かつ実践的なやり方だと言えます。

 

もちろん、読書が苦手な方に対する方法まで

書かれていますよ。

 

私が特に興味を持ったのが、『高速読書』を

通してどのようにアウトプットするかという

具体的なやり方です。

 

読書法に関する本はたくさんありますが、そ

れについて書かれている本はほとんどないで

すしね。

 

実際に『高速読書』のやり方を実践してみた

結果、書いてある内容が驚くほど頭に入り、

以前よりも早く本を読めるように。しかも、

特別な練習はありません。

 

普段本を読まない方も、是非手に取ってほし

い一冊ですね。

 

====================

 

■私は本を読むのが苦手です。

 

それに加えて、「本は最初から最後まで読む

もの」という先入観があり、これまで読んで

いない本もたくさんあって困っていました。

 

そこで本作を読んでみたところ、いくつもの

発見が!

 

本を読む目的を明確化し、自分にとって必要

な箇所を短時間で重点的に読む。

 

読んだ内容をアウトプットすることで、記憶

に定着させる。

 

今まで私はアウトプットが足りていなかった

んだなと痛感。すごく参考になりました。

 

また、「本は最初から最後まで読まなくても

いい」いう考え方は、気楽に読書ができるな

と思える良い発見でした。

 

====================

 

■フォトリーディング、視野を広げる方法、

目を動かすトレーニング…。

 

『高速読書』はそういったことをやるのでは

なく、目的と時間をしっかり決めて読むべき

箇所だけを読むというやり方です。

 

ビジネス書や専門書の読み方なども書かれて

いました。

 

トレーニングが必要ないやり方なので、実戦

向きだと思いますよ。

 

====================

 

■「本を早く読む」。

 

言葉にすると簡単ですが、実際は続けること

が困難であったり、途中で止めてしまう場合

が多いですよね。

 

ですが、本作に書かれている内容はどんな本

にも当てはめることができるのではないでし

ょうか。個人的にはためになりましたね。

 

まずは「速読」との違いから始まり、ノート

をとる実践的な方法やアウトプットのやり方

まで網羅されています。

 

私自身、これまでの読書が無駄だったとまで

は思わないのですが、それでもこんなに効率

的に読めるのかと感激しました。

 

私が『高速読書』を読んで一番大事だと思っ

たのは、「短時間で読んだ後に何度か繰り返

して読む」という点。ここは重要ですね。

 

読書の概念が変わる一冊でした。

 

(口コミはここまで)

 

【著作権上の問題により、口コミは意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていただ

きました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『高速読書』の気になる口コミをご紹

介させていただきました!

 

画期的な読書法『高速読書』のやり方とは?

『死ぬほど読めて忘れない高速読書』は、

上岡正明さんによる著書。

 

2019年8月24日に発売されました。

 

本を早く読む方法と言えば、「速読」が有名

ですよね。

 

ですが、今回ご紹介する『高速読書』という

のは、「速読」とは似て非なるもの

 

脳科学から生まれた、インプットとアウトプ

ットを高速で繰り返す画期的な読書法。それ

が『高速読書』なのです!

 

では、『高速読書』の魅力と気になるやり方

を次の項からご紹介していきます。

 

【1冊を30分で3回読む】

『高速読書』は、「1冊を30分で3回読む」

とが最大のポイント!

 

「1冊3分で読む」といったことが書かれた速

読本もありますが、「読んだ気になっている」

だけに過ぎません。

 

その点、『高速読書』なら本の内容をしっか

りとインプットできます!

 

【読んだ内容を忘れない】

『高速読書』なら読んだ内容を「長期記憶」

として脳に定着させることが可能です。

 

これは脳科学に基づいたやり方ですので、老

若男女関係なく誰でも読んだ内容を忘れなく

なります!

 

【読書で得た知識をアウトプットできる】

実は『高速読書』は、「インプット」だけで

はなく「アウトプット」にも優れたやり方。

 

ですので、あなたが読書で得た知識が私生活

や仕事に幅広く生かせるというわけですね!

 

【すぐに実践できる】

既存の速読法はある程度のトレーニングが必

要でしたが、『高速読書』は一切必要ありま

せん。

 

やり方を学んだその日から実践できます!

 

====================

 

いかがでしたか?

 

『高速読書』が従来の速読法とは根本的に違

うやり方だということがお分かりいただけた

かと思います!

 

目次

【巻頭特集】

・高速読書は、スピード×記憶定着-両方を

実現する読書術です

 

・高速読書のスゴイところは、まだまだこ

んなにあります!

 

ほか

 

【第1章:高速で読めて、記憶に残る!

学が認める最強の読書術「高速読書」】

・高速読書なら死ぬほど読めて、しかも記憶

に定着する!

 

・高速読書と速読は、似ているようでまった

く別物

 

ほか

 

【第2章:高速読書を成功させるすごい

テクニック】

・読書前のちょっとした準備だけで、読むス

ピードは格段にアップする!

 

・“高速読書1回目”どうすれば15分で1冊読め

るか

 

ほか

 

【第3章:読書を成果に変える!アウト

プットノートの書き方】

・読書から行動アクションへ!アウトプット

ノートを書こう

 

・アウトプットノートを書く4つのポイント

 

ほか

 

【第4章:高速読書で脳力をあげれば、

人生まで豊かに変わる!】

・1ジャンル7冊読めば、誰でもその道の有識

者に

 

・高速読書をするだけで、現代の必須スキル

が自然と身につく

 

ほか

 

著者紹介

上岡正明(カミオカマサアキ)

 

1975年生まれ。日本脳科学認知心理協会理

事。株式会社フロンティアコンサルティン

グ代表取締役社長。多摩大学大学院情報経

営学科修了(MBA)。多摩大学客員講師。

 

放送作家を経た後、27歳でマーケティング

のコンサルティング会社を設立する。

 

従来の速読法でビジネススキルの向上を目

指すも、その効果に疑問を抱く。

 

その後、1日1冊読めて記憶に定着する「高

速読書」を、脳科学的なアプローチから考

案。以来、15年間継続している。

 

これまでに本から得た知識とスキルを土台

に会社を軌道に乗せ、20年以上にわたって

200社以上の企業ブランドを構築。

 

スウェーデン大使館やドバイ政府観光局な

どの国際観光誘致イベントやPR活動を成功

させる。

 

全国から声がかかるセミナーは計200回を

超え、約2万人以上が参加するほどに。

 

特に、脳科学と心理医学に基づくセミナー

は人気で、常に2ヶ月先まで満員となってい

る。

 

また、「高速読書」によって身に付けた幅

広い分野の知識をもとに、投資家としても

活躍。

 

30代にして3億円の資産を形成し、そのノウ

ハウを記したビジネス書は中国、台湾、韓国

でも翻訳され、累計15万部を誇る。

 

日本神経心理学会、日本行動心理学協会、一

般社団法人日本行動分析学会の会員も務めて

いる。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『死ぬほど読めて忘れない高速読書』

発売日: 2019年8月24日

著者: 上岡正明

出版社: アスコム

発行形態: 単行本

ページ数: 240p

ISBNコード: 9784776210528

 

おわりに

今回は、上岡正明さんの著書『死ぬほど読め

て忘れない高速読書』の気になる口コミや、

本の内容についてご紹介しました!

 

本は1回だけ読んで終わりではなく、3回に分

けて読「分散読み」が大事なのですね。

 

本との出会いは、人を変えます。

 

従来の速読法とは全く違ったやり方ですので

今まで満足な読書ができなかった方は読んで

みる価値アリです!

 

口コミを読んだあなたも、圧倒的な読書スピ

ードを是非体験してみては?

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、

 

『株はたった1つの「鉄板銘柄」で1億稼ぐ!』

『共感PR』

 

など、上岡正明さんの著書をはじめ様々な書

籍が読めるので重宝しています!

 

無料トライアルはこちら

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

本作で身に付けた読書法で、思う存分読書を

楽しみたいですね♪

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

感涙必死!『私はネコが嫌いだ。』のあらすじをご紹介!

『私はネコが嫌いだ。』という絵本をあなた

はご存知ですか?

 

2007年9月15日に発売され、2016年8月8日

には紙書籍にて復刊。

 

よこただいすけさんによる作品で、小さな命

との出会いと別れを描いた感涙必死の物語

す。

 

そんな本作ですが、やはりあらすじが気にな

りますよね?

 

今回は、『私はネコが嫌いだ。』の気になる

あらすじをご紹介します!是非、参考にして

みて下さいね!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『私はネコが嫌いだ。』の気になるあらすじは?

では早速、絵本『私はネコが嫌いだ。』の

あらすじをネタバレなしで見ていきます!

 

(あらすじは以下から)

 

「お父さん、このネコ飼ってもいい?」

 

ある日、娘が拾ってきた小さな黒ネコ。

 

この突然わが家にやってきた黒くて小さな厄

介者が、平穏な日常をかき乱していく…。

 

大切な家族と共に過ごした時間。

それは、決して忘れられない特別な時間。

 

小さな命との出会いと別れを描いたまるで短

編映画のような物語に、あなたもきっと感動

するはず!

 

(あらすじはここまで)

 

以上、『私はネコが嫌いだ。』のあらすじを

ネタバレなしでご紹介しました!

 

著者紹介

よこただいすけ(ヨコタダイスケ)

 

1973年、東京都に生まれる。武蔵野美術大

学卒業。

 

大学卒業後に渡米し、Art Center College of

Design(アメリカパサデナ)にてグラフィ

ックデザイン学科を修了。

 

帰国後はグラフィックデザイナーやアート

ディレクターを経て、2005年よりフリー。

 

『私はネコが嫌いだ。』で、第13回新風舎

えほん大賞金賞を受賞する。

 

現在はイラストレーションを中心に、ユニ

ット“Creative Holidays(クリエイティヴ・

ホリデイズ)”というユニット活動を行って

いる。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『私はネコが嫌いだ。』の感想をズラッとご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、Amazonや楽天などに投稿されてい

る感想の中から、特に印象的だったものをご

紹介!

なお、感想もネタバレなしでお届けします。

 

(以下から感想)

 

■愛情表現が苦手で口下手なお父さんと、

そんなお父さんの気持ちをきちんと理解し

ている小さな黒ネコ。

 

お父さんにとって生活の一部であり我が子

のようであった大切な黒ネコが、やがてい

なくなってしまう…。

 

ラストの、もう二度と会えない気持ちを抱

えたお父さんの背中を見ていると、悲しく

て思わず涙が溢れてきました。

 

私自身も最愛の猫がいるのですが、別れの

日がいつか来るんですよね。

 

大切に育てて、必ず最後は私が看取ってあ

げたいと思います。

 

====================

 

■この物語と同様、私の家も黒猫がいます。

 

ページ数は少ないものの、独特な絵と相まっ

てすごく説得力のある物語です。

 

この年齢でまさか絵本を買うとは思わなかっ

のですが、最後の辺りのお父さんの顔で涙が

止まらなくなりました。

 

これは、読むたびに泣いてしまいますね。

 

====================

 

■猫が苦手なお父さんと、そんなお父さんの

ひざに乗ってくる黒猫。

 

その猫は、亡くなるまでお父さんのひざに乗

ってきます。

 

それでもお父さんは、「私は猫が嫌いだ」と

思い続けますが、心の奥ではほんとは泣いて

いたのではと思うんです。

 

そんな猫とお父さんの姿を見て、私自身も涙

がこぼれました。

 

====================

 

■私はこの本を読んで、兄弟であり息子のよ

うでもあった愛猫が思い出され、自然と涙が

こぼれてきました。

 

からだが弱っていたのに力を振り絞って最後

まで家族に寄り添ってくれた愛猫。

 

猫はそんなまじりけのない愛情をこちらに精

一杯向けてくれるのです。

 

この絵本に出てくるお父さんは猫が嫌いです

が、彼の背中から猫に対する愛情が伝わって

きます。

 

言葉なんてなくても伝わるものがあるんです

ね。

 

====================

 

■本屋で立ち読みをした際に、思わず号泣。

これは是非欲しいと思い、購入しました。

特に、猫を飼っている方は読んで損はない

はず。

 

====================

 

■本作『私はネコが嫌いだ。』は、小さな命

との出会いと別れを描いた絵本です。

 

出版社の事情で長い間絶版になっていた作品

で、ネットや古本を巡っても見つけられなか

ったのですが、ついにAmazonで見つかり購

入できました。

 

悲しい気持ちは、出会えたという喜びがある

からこそ生まれてくるのでしょうね。本作を

読んで実感できました。

 

何度もページをめくりたくなるほど完成度の

高い絵本ですので、お子様から大人の方まで

是非一度読んでみて下さい。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

 

『私はネコが嫌いだ。』を購入された方の

感想が、あなたの参考になれば幸いです!

 

書籍情報

『私はネコが嫌いだ。』

発売日: 2016年8月8日

著者: よこただいすけ

出版社: つちや書店

発行形態: 絵本

ページ数: 32p

ISBNコード: 9784806915775

 

おわりに

今回は、よこただいすけさんの絵本作品『私

はネコが嫌いだ。』の気になるあらすじを中

心にご紹介しました!

 

第13回新風舎えほん大賞金賞受賞。

 

小さな命との出会いと別れの物語は、特に

物が好きな方にはたまらない内容だと思いま

す。涙なしには読めません!

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、様々

な作品が読めるので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

あらすじを読んだあなたも、この機会に本作

を読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

小説『閉鎖病棟』の気になる感想をたっぷりとご紹介!

1994年4月に発売された、 帚木蓬生(ははき

ぎほうせい)さんによる小説『閉鎖病棟』。

 

2019年11月1日に『閉鎖病棟-それぞれの朝-』

というタイトルで映画が公開されるなど、今

話題を集めている作品です。

 

そんな本作ですが、やはり感想が気になりま

すよね?

 

そこで今回は、『閉鎖病棟』の小説を購入さ

れた方の感想をたっぷりとご紹介します!是

非、参考にしてみて下さいね!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

小説『閉鎖病棟』の感想をたっぷりと!

早速、小説『閉鎖病棟』の気になる感想を見

ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天に投稿されている、

実際に購入された方の感想をネタバレなしで

ご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■精神病院を舞台に、3人の暗く事件性を孕

んだ過去から物語は始まります。

 

その後、精神病棟で暮らす患者たちの暮らし

へ。

 

チュウさんという人物を中心に、冒頭で語ら

れた3人を起点に事件が大きく描かれていき

ます。

 

精神的な問題を持つ人たちに対して、社会や

周囲の人たちがどう受け止めるのか?

 

患者の人たちが社会復帰しようと努力する姿

に、どう応えればいいのか?

 

そんな難しい問いに対して、色々と考えさせ

られますね。

 

私が特に印象的だったのが、事件が発生して

最後の法廷シーン。

 

チュウさんの「秀丸さん、退院したよ。」の

一言で、私の感動は頂点に。

 

結末を知り、嬉しさと悲しさで感情が昂り、

思わず涙が出ました…。

 

殺人は起きるがミステリーではないこの作品

を、あなたも是非読んでみて下さい。

 

====================

 

■精神病棟の患者にスポットを当てた物語。

ですが、本作はそれだけにとどまりません。

 

登場人物たちがすごく人間くさくて、温かい

気持ちになれました。

 

患者一人一人が抱える問題は、実社会を生き

る私達に対する警鐘のように感じます。

 

『閉鎖病棟』を読んで救われる方が必ずいる

と信じたいですね。

 

====================

 

■著者の帚木蓬生さんは現役の精神科医です

が、『閉鎖病棟』は小説家としての力量の大

きさを感じる作品でした。

 

精神病院が舞台ですので、決して明るい物語

ではありません。

 

ですが、その根底には深い「人間愛」があり

ます。

 

九州の精神科医でもある帚木さんだからこそ

出せる物語の背景は、さすがリアリティがあ

るなと感じましたね。

 

精神的にも恵まれない人たちを描くのは難し

いことだと思いますが、それを見事に調和さ

せた著者の力量には感服。

 

特にラストは、普段泣かない私でもジーンと

くるものがありました。

 

====================

 

■最初は、ページ数も多いので最後まで読め

るか不安だったのですが、それはすぐに杞憂

だと実感。

 

目に見えない病気にかかった患者や、彼らの

家族、そして周囲の人たち。それぞれの苦悩

が伝わってきました。

 

ドンドン物語にハマることができたので、す

ごく良かったです。ラストも満足!

 

これは是非、映画も観てみたいですね!!

 

====================

 

■本作はハンカチ必須ですね。とにかく泣け

ます。

 

最初は話に付いていけなかったのですが、読

むにつれて物語にドンドン引き込まれ、気付

いたら一気に読んでいました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、小説『閉鎖病棟』の感想をネタバレ

なしでご紹介しました!

 

ここまで感想を読んだあなた、物語の続き

が気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクか

ら見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

小説『閉鎖病棟』のあらすじ

舞台は、ある精神科病棟。

 

重い過去を引きずり、世間や家族から疎まれ

遠ざけられている患者たちがいる。

 

しかし、そんな境遇にあっても、患者たちは

明るく懸命に生きようとしていた。

 

そんな日常は、ある人物が起こした殺人事件

によって一変する…。

 

事件を起こした者の犯行動機とは?

そして、その動機を知る者たちの存在…。

 

著者は、現役精神科医でもある帚木蓬生。

 

そんな著者の淡々としていながら優しい語り

は、胸を打たれること間違いなし。

 

第8回山本周五郎賞(1995年)を受賞した本

作を、あなたも是非堪能してみては?

 

著者紹介

● 帚木蓬生(ハハキギホウセイ)

 

小説家、精神科医。1947年、福岡県に生まれ

る。東京大学仏文科卒業。

 

東京大学卒業後はTBSに勤務。その後、九州

大学医学部を卒業する。

 

93年に『三たびの海峡』で、吉川英治文学

新人賞受賞。

 

95年に『閉鎖病棟』で、吉川英治文学新人

賞と山本周五郎賞を受賞。

 

97年に『逃亡』で、柴田錬三郎賞受賞。

 

2010年に『水神』で、新田次郎文学賞

受賞。

 

11年に『ソルハ』で、小学館児童出版

文化賞受賞。

 

12年に2部作『蠅の帝国 軍医たちの黙示録』

『蛍の航跡 軍医たちの黙示録』で、日本医

療小説大賞受賞。

 

13年に『日御子』で、歴史時代作家クラブ賞

作品賞受賞。

 

18年に『守教』で、吉川英治文学賞受賞。

 

現在は、精神科医を務めながら執筆活動を継

続している。

 

書籍情報

●『閉鎖病棟』

発売日: 1997年4月25日

著者: 帚木蓬生

出版社: 新潮社

発行形態: 文庫

ページ数: 361p

ISBNコード: 9784101288079

 

おわりに

今回は、帚木蓬生さんの小説『閉鎖病棟』の

気になる感想や本の内容についてご紹介しま

した!

 

笑福亭鶴瓶さん、綾野剛さん、小松菜奈さん

らが出演する映画も公開され、大きな反響を

読んでいる本作。

 

感想を読んだあなた、映画を見る前に是非、

原作も読んでみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

▼関連記事▼

 

『恋のゴンドラ』の文庫本が遂に発売!気になる内容は?

東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』の文庫

本が、2019年10月4日に発売されました!

 

真冬のゲレンデを舞台に繰り広げられる、男

女の愛憎劇です。

 

この度待望の文庫本となりましたが、やはり

内容が気になりますよね?

 

そこで今回は、『恋のゴンドラ』の文庫本に

ついて詳しく調べてみました!是非、参考に

してみて下さいね!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『恋のゴンドラ』の気になるあらすじは?(ネタバレなし)

都内で働く、広太という男がいる。

 

ある日、広太は合コンで知り合った桃美と

スノボ旅行へ行くことになる。

 

ゴンドラに女性グループが同乗してきたの

だが、その内の一人はなんと同棲中の婚約

者だった…。

 

ゴーグルとマスクで顔を隠す広太。

 

果たして、広太は山頂までバレずに過ごす

ことができるのか?

 

真冬のゲレンデを舞台に、やがて幾人もの

男女の愛憎劇が展開されていく…。

 

目次

・ゴンドラ

・リフト

・プロポーズ大作戦

・ゲレコン

・スキー一家

・プロポーズ大作戦 リベンジ

・ニアミス

・ゴンドラリプレイ

 

著者紹介

●東野圭吾(ヒガシノケイゴ)

 

小説家。1958年、大阪府に生まれる。大阪府

立大学工学部電気工学科卒。

 

卒業後に生産技術エンジニアとして働く傍ら

で、ミステリーを執筆。

 

85年に『放課後』(講談社文庫)で、第31回

江戸川乱歩賞を受賞。デビューを果たすと同

時に、専業作家となる。

 

99年に『秘密』(文春文庫)で、第52回日

本推理作家協会賞受賞。

 

2006年に『容疑者Xの献身』(文春文庫)

で、第134回直木賞と第6回本格ミステリ大

賞を受賞。

 

12年に『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫)

で、第7回中央公論文芸賞受賞。

 

13年に『夢幻花』(PHP文芸文庫)で、第26

回柴田錬三郎賞受賞。

 

14年に『祈りの幕が下りる時』(講談社文

庫)で、第48回吉川英治文学賞受賞。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータです。

 

『恋のゴンドラ』の感想をたっぷりとご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、『恋のゴンドラ』の文庫本を購入さ

れた方の感想を、Amazonや楽天などのサイ

トで調べてみました!

 

なお、感想もネタバレなしでお届けします。

 

(以下から感想)

 

■率直な感想としては、面白かったです。

 

一つ一つの短編が少しずつ繋がっているので

短編を行き来しながら楽しめます。

 

それぞれの短編だけ読んでも面白いですよ。

 

私としては、ホテルマンの日田さんを応援し

たくなりました。

 

仕事中はとても魅力的だけど、普段はかっこ

悪く見えてしまうんですよね。

 

特に、スキー場では「逆ゲレンデマジック」

と言えるほどカッコ悪い姿を晒しています。

 

それに加えて女性にもモテず、プロポーズも

上手くいかない始末…。

 

でも、そんな真面目で一生懸命な日田さんだ

からこそ、私は好きだなと思いました。

 

====================

 

■本作のような恋愛もゲレンデという舞台も

私には縁がないのですが、さすが東野圭吾。

物語に引き込む手腕は流石です。

 

それぞれの短編が上手く繋がっていく点も

面白い試みですね。

 

その繋がり方も、直接的で分かりやすい。

 

『恋のゴンドラ』を読んでいると、思わず

スキーに行きたくなりました。

 

====================

 

■本作は、ライトなラブコメ短編集といった

感じでしょうか。

 

全部で8つの短編があるのですが、それぞれ

の物語が気付くと繋がっていて、すごく面白

かったです。

 

私は東野圭吾様のジーンとするミステリーも

好きなのですが、『恋のゴンドラ』のような

ライトな恋愛話も良いなと感じました。

 

====================

 

■本作は、東野圭吾作品の中では割と軽めの

物語だと思います。文字数も少いですしね。

 

『恋のゴンドラ』は、著者には珍しくミステ

リー小説ではないのですが、短編集という点

がなかなか良いですね。

 

個人的には、「スキー一家」というお話がお

気に入りです。

 

全体の内容としては、面白かったです。ラス

トも秀逸でした。

 

特に普段本を読まない方にこそ、是非本作を

手に取ってもらって、小説の醍醐味を味わっ

てほしいですね。

 

====================

 

■東野圭吾さんの作品は、「カッコウの卵は

誰のもの」「パラレルワールド・ラブストー

リー」を読んでハマりました。

 

私自身スノーボードが好きなので、冬のゲレ

ンデが舞台の本作はとても読みやすかったで

す。ハラハラする展開も最高でした!

 

私のように普段からスノーボードをされてい

る方は、特に物語に入り込めるのではないで

しょうか。

 

もちろん、スノーボードをやらない方でも十

分楽しめる、スリル満点の一冊ですよ。

 

====================

 

■真冬のゲレンデを舞台に、男女の思惑が交

錯する本作。

 

気軽に読める作品ですが、中には複雑な展開

もあって。

 

個人的には、二人の男性が妙に気になりまし

たね。

 

物語自体が洒落ていて、これは面白い時間を

過ごせました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

『恋のゴンドラ』の文庫本を購入された方

の感想、参考になれば幸いです!

 

書籍情報

●『恋のゴンドラ』

発売日: 2019年10月4日

著者: 東野圭吾

出版社: 実業之日本社

発行形態: 文庫

ページ数: 336p

ISBNコード: 9784408555454

 

おわりに

今回は東野圭吾さんの小説『恋のゴンドラ』

の文庫本について詳しくご紹介しました!

 

この度待望の文庫本となったことで持ち運び

がしやすくなり、価格も734円とより気軽に

手に取れるように。

 

また、文庫特別編として、「ニアミス」も

本作には収録されています。

 

あなたもこの機会に是非、『恋のゴンドラ』

を読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

▼関連記事▼

東野圭吾『沈黙のパレード』のあらすじはコチラ!

東野圭吾『マスカレード・ホテル』文庫本の購入は楽天で決まり!

祝・ドラマ化!『危険なビーナス』文庫本の感想をズラッと紹介!

『クスノキの番人』の気になる感想をたっぷりとご紹介!

『夫のトリセツ』を読んだ方の感想をズラッとご紹介!

黒川伊保子さんの著書『夫のトリセツ』が、

2019年10月19日に発売されました!

 

世の中の夫婦に大きな衝撃と影響を与えた

『妻のトリセツ』の第2弾となる一冊です。

 

そんな注目の本作ですが、やはり感想が気に

なりますよね?

 

今回は、黒川伊保子さんの『夫のトリセツ』

を実際に読んだ感想をたっぷりとご紹介しま

す!是非参考にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『夫のトリセツ』の気になる感想をズラッとご紹介!

早速、黒川伊保子さんの『夫のトリセツ』の

気になる感想を見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天などのサイトに投稿

されている、購入された方の感想をネタバレ

なしでご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■私はアスペルガーやカサンドラなどの分厚

い専門書を読んだことがあります。

 

その時は、肩に力は入るんだけど、読んでい

て心が折れそうになりました…。

 

ですが、『夫のトリセツ』は日常生活におい

てよく起こることに対して、その現実と対応

策が分かりやすく解説されていました。

 

読んでいて思わず、「そうそう!」「あるあ

る!」と頷いている自分が(笑)

 

これなら、サッと気持ちが切り替えられそう

です。

 

====================

 

■私は以前から黒川伊保子さんの『妻のトリ

セツ』を読んで、妻に対して内容を実践して

いました。

 

その甲斐あって、私に対する妻の怒りが随分

と減り、明るく毎日を過ごせています。

 

そんな中、『夫のトリセツ』が発売されると

知り、本書を購入。

 

男からすると本書の内容は「あるある!」と

言う感じで楽しめますね。

 

本書は『夫のトリセツ』と比べると話し言葉

が多い印象です。

 

読者の共感を得ようとする反面、やや内容が

散漫になっていますが、決して読みにくくは

ないです。

 

『夫のトリセツ』はあくまで女性向けの本。

 

それぞれのトリセツを読むことで、夫婦間の

軋轢が減って幸せになれるのではないでしょ

うか。

 

====================

 

■私には、これから夫になる人がいます。

 

なので、私は『夫のトリセツ』を、夫には

『妻のトリセツ』を勧めました。

今後70年間、夫になる人とどう過ごしてい

けば良いのか?

 

様々な問題がある中で、私は本作を通して

夫婦生活を円満に過ごすための多くのヒン

トを得られました。

 

あと3回は読んで、結婚生活という名の荒

波を乗りこなす「一等航海士」になりたい

と思います。

 

====================

 

■私は男なのですが、間違えて『妻のトリセ

ツ』ではなく『夫のトリセツ』を読んでしま

いました。

 

『夫のトリセツ』は、本来は女性が読む本だ

と思いますが、それでも自分の行動を変える

には十分な内容でした。

 

私は妻とのコミュニケーションは普段から気

を付けてはいました。

 

それでも、どうすれば解決できるか分からな

い事は起きるわけですが、本作にはその解決

法がたっぷりと書かれています。

 

今度は、『妻のトリセツ』を読んで私の理解

が正しいか確かめてみたいですね。

 

本作は、多くの夫婦の危機を救うキッカケに

なる一冊だと思います。

 

====================

 

■本書はまさに女性の著者ならではの内容で

すね。血の通った優しさが身に沁みました。

 

内容はと言うと、AI創成期の研究者の視点か

ら、男性と女性の脳の働きの違いを機能的な

面から解説しています。

 

学術的でありながら、人間の心に寄り添った

実用性の高さを数多く感じられ、非常に読み

やすかったです。

 

====================

 

■「夫がそんなことをするのは、男の脳がこ

ういうメカニズムだからだ」ということが、

本作には書かれています。

 

わざわざ『夫のトリセツ』に記載していると

いうことは、「妻はこうではない」と逆の見

方もできるのでは?

 

私としては、『夫のトリセツ』は前著『妻の

トリセツ』よりも衝撃的な内容でした。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、黒川伊保子さんの『夫のトリセツ』

の感想をネタバレなしでご紹介しました!

 

『夫のトリセツ』の気になる内容は?

ここでは、『夫のトリセツ』の気になる内容

を、ネタバレしない程度にご紹介しますね。

 

『夫のトリセツ』は、黒川伊保子さんによる

著書。2019年10月19日に発売されました。

 

発売から僅か1ヵ月で10万部を突破するなど

大きな話題を集めています。

 

40万部を突破し、世の中の夫婦に大きな影響

を与えた『妻のトリセツ』

 

あなたは夫に対して次のような感情を抱いた

ことはありませんか?

 

「夫と話が通じない。」

「こっちの話をわかってくれない。」

「とにかく気が利かない。」

「思いやりが感じられない。」

 

そんな感情に対して本書では、人工知能の開

発を通して分かった「男性脳と女性脳のチュ

ーニングの違い」に着目。

 

この男女間の「脳のチューニング」の違いが

原因で、妻は話が通じない夫にイライラして

しまうのです。

 

その問題を解決するためには、男性脳をしっ

かりと理解する必要が!

 

心を通わせる方法が分かれば、夫は妻に対し

て弱音をさらし、妻も夫を愛せるようになり

ます。

 

具体的には、男性に「自分の話をもっと聞い

てほしい」と感じたら、まずは相手の視界へ

入ります。

 

次に、相手の男性の名前を呼んで、2〜3秒後

に本題を話す。

 

そうすると話を聞くスイッチが入り、相手が

自分の話をしっかりと聞いてくれるのです。

 

本書ではこれを「語りかけ法」と呼びます。

 

実際、著者の黒川伊保子さんはこの「語りか

け法」で、職場の男性から信頼を得たそうで

すよ。

 

「語りかけ法」のほかにも、男性は「結論」

を急ぐ性質があるので、男性と話す際は結論

から切り出せば好感を得やすくなります。

 

さらに、『夫のトリセツ』では「男社会の自

衛隊」で女性隊員が生きていくための知恵や

ヒントが満載!

 

夫にイライラしないための多数のアイデアが

詰まっていますよ♪

 

あなたも夫に幻滅する前に、脳科学から男脳を

解明した『夫のトリセツ』を読んでみては?

 

目次

【第1章】

●神は、夫婦を別れさせようとしている

・すべて夫が悪い?

・男もつらいよ

ほか

 

【第2章】

●使えない夫を「気の利く夫」に変える方法

・話の呼び水

・男の対話力は、母親の責任

ほか

 

【第3章】

●ひどい夫を「優しい夫」に変える方法

・たしかに、邪悪な脳はある

・ネガティブインタラクションとの付き合い方

ほか

 

【第4章】

●脳とは、かくも厄介なものである

・カサンドラを疑え

・共感障害とどう付き合うか

ほか

 

著者紹介

黒川伊保子(クロカワイホコ)

 

人工知能研究者、脳科学コメンテイター、

感性アナリスト、随筆家。

 

1959年、長野県に生まれる。奈良女子大学

理学部物理学科卒業。

 

コンピュータメーカーにてAI(人工知能)

の開発に携わり、脳とことばの研究を開始

する。

 

91年に、“世界初”と言われた日本語対話型

コンピューターを開発。全国の原子力発電

所で稼働する。

 

その後はAI分析の手法を用いて、世界初の

語感分析法「サブリミナル・インプレッシ

ョン導出法」を開発。

 

マーケティングの世界に新境地を開拓し、

感性分析の第一人者となる。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『夫のトリセツ』

発売日: 2019年10月19日

著者: 黒川伊保子

レーベル: 講談社+α新書

出版社: 講談社

発行形態: 新書

ページ数: 176p

ISBNコード: 9784065178898

 

おわりに

今回は、黒川伊保子さんの『夫のトリセツ』

の感想や本の内容について、ネタバレなしで

ご紹介しました!

 

夫婦70年時代のバイブルと呼ばれる本作。

 

男性と女性では「脳のチューニング」が違う

んですね。初めて知りました!

 

感想を読んだあなたも、『夫のトリセツ』を

この機会に手に取ってみては?

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、本作

をはじめ『妻のトリセツ』など黒川さんの過

去の書籍もたっぷり読めるので重宝していま

す♪

 

無料トライアルはこちら

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

『夫のトリセツ』と合わせてそちらも是非チ

ェックしてみて下さい!

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

現代語訳『論語と算盤』を読んだ方の感想をズラッとご紹介!

『論語と算盤』という本をあなたはご存知で

すか?

 

「日本資本主義の父」と称される渋沢栄一の

生涯を通じて貫いた経営哲学について書かれ

た一冊です。

 

長きに渡って読まれ続けている本作ですが、

やはり感想が気になりますよね?

 

そこで今回は、『現代語訳 論語と算盤』を

実際に読んだ方の感想をたっぷりとご紹介し

ます!是非、参考にしてみて下さいね。

 

『論語と算盤』の気になる感想をズラッとご紹介!

では早速、渋沢栄一『現代語訳 論語と算盤』

の気になる感想を見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天などにある購入され

た方の感想をズラッとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■私の会社は、社是に「論語と算盤」を掲げ

ています。

 

その関係もあって、『論語と算盤』は以前か

ら読みたかった本の一つでした。

 

率直な感想としては、商売と職業倫理につい

て考えさせられる良本だなと感じました。

 

非常に示唆に富んだ内容で、「ドラッカー」

にも通じる部分がありますね。

 

また、本書は現代語訳なので、すごく読みや

すいことも良い点ですね。

 

マネーゲームでお金が儲かればいいとか、お

金儲けの何が悪いのかと思っている人には、

本書はピッタリだと思います。

 

====================

 

■私はこの『論語と算盤』を読んで、本書が

日本の数多くの経営者が読んでいる一冊だと

気付きました。

「日本資本主義の父」と言われる渋沢栄一。

 

お金儲けしか頭にない人だと思っていました

が、とんだ誤解でした。

 

バランスの取れた人間的に素晴らしい人物で

これは新一万円札の肖像画に相応しい方だな

と痛感しました。

 

私が渋沢栄一の最も好きなところは、女性に

モテて、奥さんとの確執も包み隠さず述べて

いるところです。

 

そんな人間味があって弱い立場の人にも優し

い渋沢栄一は、日本を代表するリーダーだと

思いますね。

 

====================

 

■『論語と算盤』は、論語に基づいた道徳と

ビジネスに関する本です。論語に関しても分

かりやすく書かれています。

 

論語は学校でも一応学びますが、大人になっ

てから学ぶと、改めて自分自身を分析できた

り、自分の経験と比較できたりと面白いもの

ですね。

 

論語は宗教よりも論理的な内容なので、私達

日本人が人生の指針にするにはピッタリだと

思います。

 

何年後かにまた読み返したいものですね。

 

====================

 

■渋沢栄一と言えば、江戸から昭和にかけて

活躍した人ですが、その考え方や精神は現代

でも十分通用します。

 

彼の生きた時代は、「知識ばかりを重視して

精神を磨くことはなおざり」だったそうで。

 

今の時代はそういう傾向がことさら強いです

よね。

 

本書は現代語訳なので、分かりやすく書かれ

ています。数日で読めると思いますよ。

 

現代人に足りないものに気付かされ、少なか

らず自分の生き方に変化を与えてくれる一冊

です。

 

====================

 

■『論語と算盤』は、明治維新後の渋沢栄一

の講演内容が基になっています。

 

ですが、まるで渋沢本人が書いたと錯覚する

ほど、彼の精神がよく書き表されています。

 

今の時代は、インターネット上でビジネスが

できるようにもなりました。中には批判され

るビジネスもありますよね。

 

たとえネット上でビジネスをやるにしても、

「商売」の原理原則は昔と変わらないはず。

 

どんな形でビジネスをするにしても、本書

は読んでおきたいですね。

 

====================

 

■簡潔な文章で面白かったので、一気に読み

終わりました。

 

渋沢栄一が我々の生活にここまで深く関わっ

ていたとは…。

 

『論語と算盤』を読むまで気付くなかったで

すね。

 

多分、渋沢栄一のことは高校か大学で習った

と思うのですが、そのときは面白いと思わな

かったのかも…。

 

お金や人との関わり方について分かりやすい

言葉で訳した一冊ですので、どんな人でも読

みやすいと思います。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、渋沢栄一『現代語訳 論語と算盤』の

感想をご紹介させていただきました!

 

『現代語訳 論語と算盤』のあらすじについて

『論語と算盤』は、渋沢栄一による著書。

 

2010年2月8日に、筑摩書房から現代語訳版

が発売され、守屋淳さんが訳を務めていま

す。

 

現代語訳版は特に読みやすいと話題になり、

すでに25万部を突破するほど多くの人に読

まれています。

 

渋沢栄一と言えば、2024年から新一万円札

の顔になることが決まり、2021年には彼が

主人公の大河ドラマ第60作『青天を衝け』

の放送が控えるなど、今何かと話題の人物

ですよね。

 

第一国立銀行、理化学研究所、東京証券取

引所など、約470社もの企業の創立・経営に

尽力。

 

あなたが知っている有名な企業も、渋沢が

設立に関わっていたりするわけです。

 

そんな「日本資本主義の父」が、生涯を通

じて貫いた経営哲学とは何なのか?

 

本作には、その「答え」が詰まっています。

 

経済人としてのあるべき姿を示した『論語

と算盤』は、「利潤と道徳を調和させる」

という、全ての日本人の原点が示されてい

ます。

 

経営、労働、人材育成の核心をついた彼の

経営哲学は、現代でも学ぶことが多いはず。

 

絶対的な指針が無い今の時代だからこそ響

く「最強の古典」を、あなたも是非読んで

みてはいかがでしょうか。

 

目次

・第1章:処世と信条

・第2章:立志と学問

・第3章:常識と習慣

・第4章:仁義と富貴

・第5章:理想と迷信

・第6章:人格と修養

・第7章:算盤と権利

・第8章:実業と士道

・第9章:教育と情誼

・第10章:成敗と運命

 

著者紹介

●渋沢栄一(シブサワエイイチ)

 

幕臣、官僚、実業家、教育者。1840年(天

保11年)~ 31年(昭和6)年。

 

江戸時代末期に農民(名主身分)から武士

(幕臣)に取り立てられる。

 

明治政府では大蔵少輔事務取扱となり、大

蔵大輔・井上馨の下で財政政策を行う。

 

退官後は実業家に転じ、第一国立銀行、理

化学研究所、東京証券取引所など約470社

もの企業の創立・経営に携わる。

 

二松學舍第3代舎長(現在の二松学舎大学)

を務めたほか、商法講習所(現在の一橋大

学)、大倉商業学校(現在の東京経済大学)

の設立にも尽力。

 

そういった功績から、「日本資本主義の父」

と称される。

 

また、論語を通じた経営哲学でも広く知られ

ている。

 

2021年(令和3年)に、渋沢栄一を主人公と

したNHK大河ドラマ『青天を衝け』が放送

予定。

 

24年(令和6年)より、新紙幣一万円札の顔

となる。

 

====================

 

●守屋淳(モリヤアツシ)

 

1965年、東京都に生まれる。早稲田大学第

一文学部卒業。

 

大手書店に勤務後は、中国古典の研究に携

わる。雑誌連載や講演など多数。

 

『現代語訳 論語と算盤』では、訳を担当。

 

====================

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『現代語訳 論語と算盤』

発売日: 2010年2月8日

著者: 渋沢栄一

訳: 守屋淳

出版社: 筑摩書房

発行形態: 新書

ページ数: 249p

ISBNコード: 9784480065353

 

おわりに

今回は、渋沢栄一『現代語訳 論語と算盤』

の気になる感想や、本の内容についてご紹

介しました。

 

新一万円札の顔になることが決まり、2021

年には渋沢栄一を主人公とした大河ドラマ

『青天を衝け』も放送予定。

 

そんな機会だからこそ、渋沢の経営哲学に

是非とも触れておきたいですね!

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、様々

な書籍が読めるので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

感想を読んだあなたも、『論語と算盤』をこ

の機会に読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

『ロウソクの科学』を読んだ方の感想をズラッとご紹介!

『ロウソクの科学』(角川文庫)という本

を、あなたはご存知ですか?

 

著者は、18世紀の科学者・ファラデー

 

1本のロウソクを用いて、自然、科学、そし

て人間との深い交わりを記した内容の本

す。

 

ノーベル化学賞受賞が決まった吉野彰さん

も読んでいた話題の本作。

 

やはり、読んだ感想が気になりますよね?

 

そこで今回は、『ロウソクの科学』(角川

文庫)を実際に読んだ方の感想をたっぷり

とご紹介します!

 

読書感想文にもピッタリの一冊ですので、

是非参考にしてみて下さいね!

 

『ロウソクの科学』の気になる感想をズラッとご紹介!

では早速、『ロウソクの科学』(角川文庫)

の気になる感想を見ていきます。

 

今回は、Amazonや楽天などにある購入され

た方の感想をズラッとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■著者のファラデーが置かれていた、環境や

境遇。

 

それらを考慮すると、私たちが計り知れない

ほど膨大な想像力と仮説力が発揮されていた

のですね。

 

『ロウソクの科学』を読んで痛感させられま

した。

 

私自身ファラデーのような才能はありません

が、科学へのあこがれや探究心を引き起こし

てくれたのは大きかったですね。

 

英語の使用を前提とするなら、たとえ素人で

も数多くの学びを得られるのが今の時代。

 

その事実を『ロウソクの科学』を通して得ら

れるのは、価値のあることだと思います。

 

====================

 

■「ロウソクの火は、なぜ燃え続けることが

できるのか?」

 

「ロウソクの火は、なぜあんなにもきれいな

色で燃えるのか?」

 

「ロウソクの火は、なぜあの形を保ちながら

燃え続けられるのか?」

 

そんな当たり前のことに疑問を抱き、仮説を

立てて実験する…。

 

『ロウソクの科学』は、そんな疑問から実験

までのプロセスがこんなに面白いのかと気付

かせてくれた本です。

 

====================

 

■18世紀の有名な科学者・ファラデーさんが

子どもでも分かりやすいように実験を交えて

行った科学の講演をまとめた一冊です。

 

高校の理科をしっかりと理解していれば何と

か分かるレベルではないでしょうか。

 

しかし、ファラデーさんの分かりやすい解説

が、そんな難しい内容であることを忘れさせ

てくれます。

 

何より、目の前で実験をして見せてくれるの

が良いですね!これぞ、見て楽しむ科学!

 

私はこの本を読んで、科学ってエンターテイ

メントなんだなと感じましたね。

 

科学は、何かの役に立つ難しい内容だけでは

ありません。

 

純粋に見て、楽しんで、そして感動する科学

が、本作にはあります。

 

====================

 

■本書には、「中学校2年生の子まで内容が

理解できれば良い」という文言があります。

 

そのため、漢字や科学に関する知識が少しは

ないと、小学生が読むには厳しいかも知れま

せんね。

 

漢字を減らし、文字を大きくして子どもでも

読みやすくすれば、さらに質の高い学びが得

られるのではないでしょうか。

 

面白いことに興味を持てば、理科室で実験し

たいと思う子どもも増えそうですしね。

 

都会で生活するよりも、豊かな自然の中でこ

そ育まれるものもあるはず。

 

私にとって『ロウソクの科学』は、素晴らし

い一冊でしたね。

 

====================

 

■率直な感想としては、面白かったです!

 

ただ、文章だけだと分かりにくい部分もあり

ました。翻訳の問題も多少はあるかと思いま

すが。

 

なので、願わくばファラデーの講演を聞いて

みたいですね。

 

本書は、ファラデーが助手と共に演示実験を

しながら行った講演を口述筆記した内容です

ので、読むだけではなかなか理解しにくいん

ですよね。まぁ、簡単な実験装置の図はあり

ますけどね。

 

また、実際にファラデーのような講演をしよ

うと思うと、かなりの準備期間が必要だとい

うことも感じました。

 

「物が燃えて光るのは、なぜなのか?」

 

今まで理解できていなかったことが知れたの

で、『ロウソクの科学』は私にとって興味深

い一冊になりました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変え

ず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていただ

きました。】

 

以上、『ロウソクの科学』(角川文庫)の気

になる感想をご紹介させていただきました!

 

『ロウソクの科学』のあらすじをご紹介!

『ロウソクの科学』(角川文庫)は、18世紀

の科学者マイケル・ファラデーによる著書。

 

本作はいくつかの出版社から刊行されている

のですが、今回は2012年6月22日に刊行され

角川文庫版のあらすじをご紹介します。

 

(あらすじは以下から)

 

始まりは、たった1本のロウソク。

 

ロンドンの貧しい鍛冶屋に生まれたファラデ

ーは、1本のロウソクを用いてロウソクの種

類、製法、燃焼、生成物質を24の実験から語

ることで、自然との深い関係性を伝えようと

しました。

 

「燃えたロウソクは、どこへいったのか?」

という日常的な疑問から始まり、燃焼に関係

する水素、酸素、窒素、炭素、二酸化炭素等

の性質について言及。

 

最終的には、ロウソクの燃焼と人間の呼吸が

基本的には同じ化学現象だということを指し

示しています。

 

そんな偉大な科学者・ファラデーのクリスマス

での講演記録が『ロウソクの科学』なのです。

 

また、この度ノーベル化学賞の受賞が決まっ

た旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71歳)

が、「化学への興味を持つ原点」となった一

として本書を挙げ、大きな話題に。

 

さらに「オートファジー(細胞の自食作用)

の仕組みの解明」に対して2016年にノーベ

生理学・ 医学賞を単独受賞した大隅良典さん

も、「科学者を志す転機になった一冊」とし

て本書を挙げています。

 

ノーベル賞を受賞された方の人生を変えるほ

ど、濃い内容が書かれた一冊なのですね。

 

子どもたちに対するファラデーの優しい語り

と、1本のロウソクを使った鮮やかな実験の

数々を通して、科学の面白さを再発見できる

『ロウソクの科学』。

 

18世紀の科学者が記した名著を、令和となっ

た今こそ読む価値があるのではないでしょう

か。

 

(あらすじはここまで)

 

目次

●第1講:一本のロウソク-その炎・原料・構

造・運動・明るさ

 

●第2講:一本のロウソク-その炎の明るさ・

燃焼に必要な空気・水の生成

 

●第3講:生成物-燃焼からの水・水の性質・

化合物・水素

 

●第4講:ロウソクのなかの水素-燃えて水に

なる・水のもう一つの成分・酸素

 

●第5講:空気中に存在する酸素・大気の性

質・その特性・ロウソクのそのほかの生成

物・二酸化炭素・その特性

 

●第6講:炭素すなわち木炭・石炭ガス・呼

吸および呼吸とロウソクの燃焼との類似・

結び

 

著者紹介

マイケル・ファラデー(Michael Faraday)

 

化学者、物理学者(当時の呼称では自然哲

学者)。

 

1791年に、ロンドンの貧しい鍛冶屋の次男

として生まれる。

 

幼い頃から製本所の徒弟として働く中で科

学に興味を抱き、独学で実験などを行う。

 

22歳で王立研究所の助手として研究を始め、

後に同研究所の所長となる。

 

ベンゼンの発見、電磁誘導の発見、電解物

質における“ファラデーの法則”の発見など、

数多くの輝かしい功績を残す。

 

1867年に、75歳で死去。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータです。

 

書籍情報

『ロウソクの科学』

発売日: 2012年6月22日

著者: ファラデー

訳: 三石巌

出版社: KADOKAWA

発行形態: 文庫

ページ数: 208p

ISBNコード: 9784041002841

 

おわりに

今回は、『ロウソクの科学』(角川文庫)の

気になる感想や、本の内容についてご紹介し

ました!

 

ノーベル化学賞の受賞が決まった吉野彰さん

も読んでいた本作。

 

18世紀の科学者が記した名著が、時代を超え

て再び注目を浴びるのは感慨深いですね。

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、本書

『ロウソクの科学』をはじめ様々な書籍がた

っぷりと読めるので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

感想を読んだあなたも、『ロウソクの科学』

をこの機会に是非読んでみては?

 

夏休みの読書感想文にもピッタリの一冊だと

思いますよ!

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!