絵本『パンダ銭湯』の気になるあらすじを詳しくご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年8月15日に発売された『パンダ銭湯』。

 

亀山達矢さんと中川敦子さんによるユニット

tupera tupera(ツペラツペラ)による、子ど

も向けの絵本です。

 

そんな注目の本作ですが、やはりあらすじが

気になりますよね?

 

そこで今回は、絵本『パンダ銭湯』の気にな

るあらすじを詳しくご紹介します!是非、参

考にしてみて下さいね!

 

『パンダ銭湯』の気になるあらすじは?

早速、『パンダ銭湯』の気になるあらすじを

見ていきます!

 

(あらすじは以下から)

 

動物園で暮らすパンダの親子3頭が向かったの

は、パンダ専用の銭湯!

 

そこは、パンダ以外の入店はお断りの銭湯で

す。

 

「脱いだらちゃんと籠に入れろよ。」

 

パンダの親子が脱いだもの、それはなんと白

黒模様の黒いところ!

 

普段私たちが模様として見ていた「それ」は

パンダからすると服だったのです!

 

さらに、目の周りにある黒い模様は、サング

ラス!

 

黒い服とサングラスを取ったパンダは、耳だ

けを残して真っ白な状態に。

 

その姿はさながらシロクマのようで…。

 

湯船に入った、パンダの親子。

 

体を洗い、頭を洗い、唯一黒かった耳まで洗

うと、もうシロクマ以外の何者でもありませ

ん!

 

そんなシロクマとなったパンダですが、体を

拭き、黒い模様の服を着てサングラスをかけ

て、耳に黒いワックスを付けると…?

 

あっという間にパンダへと元通り!

 

やがて銭湯を出たパンダの親子は、仲良く手

をつないで家へと帰っていきます。

 

これは、tupera tuperaが描く知られざるパン

ダの物語…。

 

(あらすじはここまで)

 

以上、『パンダ銭湯』の気になるあらすじを

ご紹介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、本の

続きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい内容は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題の絵本なので売り切れない内にどうぞ!

 

著者紹介

●tupera tupera(ツペラツペラ)

 

亀山達矢と中川敦子によるユニット。

 

絵本をはじめ、工作、立体作品、ワークショ

ップ、舞台美術、雑貨など、多岐に渡り活躍

している。

 

主な作品に、

 

『かおノート』(コクヨ)

『やさいさん』(学研)

『うんこしりとり』(白泉社)

『いろいろバス』(大日本図書)

 

など。

 

NHK Eテレ「ノージーのひらめき工房」のア

ートディレクションも担当している。

 

『パンダ銭湯』の感想をたっぷりとご紹介します!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、Amazonや楽天などに投稿されてい

る『パンダ銭湯』の感想の中から、特に印象

的だったものをたっぷりとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■『パンダ銭湯』は、とにかく子どもたちの

反応が凄い…!

 

子どもに読み聞かせをしてみたのですが、私

がページをめくるごとに驚きの声が絶えませ

ん(笑)

 

私が面白いなと感じたのは、パンダのお父さ

んの耳。

 

何だか可笑しくてずっと笑っていられます。

 

この絵本の舞台は、昔懐かしい銭湯。

 

私の世代は銭湯に馴染みがあるのですが、子

どもたちは最新のスーパー銭湯しか知らない

んですよね。

 

そういう意味では、昔懐かしい銭湯の良さは

子どもたちには理解しにくかったかな?

 

とは言え、ユーモア溢れる物語や細やかな絵

のタッチも含め、非常に満足できる絵本でし

た。

 

====================

 

■もしもパンダが銭湯に行くとどうなるか?

 

そんな疑問を描いた『パンダ銭湯』は、物語

のユニークさも含め楽しい絵本だなと感じま

した。

 

私の子どももすごく楽しんでくれて、今では

お気に入りに。

 

絵本なので文章が短く、空き時間に読めるの

も良いですね。

 

それと、よく見ると銭湯がパンダ仕様になっ

ているんです。

 

そういう絵の細かい部分も含めて楽しめる一

冊です。

 

====================

 

■書店で平積みになっていた、この絵本。

 

私がまず感じたのが、「パンダの親子が銭湯

に行く」という設定の斬新さ。

 

なかなか鋭い切り口ですよね!

 

銭湯で繰り広げられるパンダのおかしな姿に

は、笑わずにいられません!腹がよじれるほ

ど面白い!!

 

「パンダの秘密」を見てしまったからには、

私の口から教えるわけにはいきません(笑)

 

ですので、秘密が知りたい方は是非読んでみ

て下さい!

 

====================

 

■子どもが幼稚園で見つけたのが、この絵本

でした。

 

すごく楽しそうに読んでいたので、私も読ん

でみることに。

 

率直な感想としては「え、もう終わり?」と

いった感じ。

 

「パンダが銭湯に行く」という設定自体は斬

新なのですが、それを通して何を伝えたいの

かがイマイチ見えてこない。

 

絵本を通して何かを学ぶというよりは、パン

ダが銭湯に行く過程をただ楽しむものなのか

な?

 

子どもから大人まで楽しめますが、何度も読

み返す気にはならない。私は正直、図書館で

読めれば十分ですね。

 

でも、子どもが楽しんでくれたので、それは

何より良かったです。

 

====================

 

■私は『パンダ銭湯』を読んで、「なんて怖

い動物なんだ…!」と、パンダに対して初め

て恐怖を感じました。

 

この絵本を6歳になる子どもに見せてみると

なんと大喜び。

 

そんな子どもの姿を見ていると、思わず私も

嬉しくなります。

 

ほかの方の感想を見ていると、私と同じくパ

ンダに恐怖を覚えた方は多いようですね。

 

パンダを通して非常に不思議な物語が描かれ

ている本作。

 

さながら、ブラックユーモア溢れる子ども向

けの絵本といった感じでしょうか。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

『パンダ銭湯』を購入された方の感想が、あ

なたの参考になれば幸いです。

 

書籍情報

●『パンダ銭湯』

発売日: 2013年8月15日

著者: tupera tupera

出版社: 絵本館

発行形態: 絵本

ページ数: 32p

ISBNコード: 9784871100861

 

おわりに

今回は、絵本『パンダ銭湯』のあらすじや、

本の内容についてご紹介しました!

 

ポップな色の魔術師と名高いtupera tupera。

 

パンダの不思議な生態を、ポップな絵ととも

に楽しめる注目の絵本です!

 

あらすじを読んだあなたも、本作を是非読ん

でみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

 

▼関連記事▼

絵本『しろくまのパンツ』の気になるあらすじをご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。