島本理生さんの小説『Red』の気になるあらすじは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年9月22日に発売された、島本理生さん

の小説『Red』。

 

今年の2月21日に夏帆さんと妻夫木聡さんら

が出演する映画が公開され、大きな話題を集

めていますよね。

 

島清恋愛文学賞受賞作でもある本作ですが、

やはりあらすじが気になるところ。

 

そこで今回は、島本理生さんの小説『Red』

のあらすじについて詳しくご紹介します!是

非、参考にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

島本理生『Red』のあらすじを詳しく!(ネタバレなし)

では早速、島本理生さんの小説『Red』の

あらすじをネタバレなしで見ていきます!

 

(あらすじは以下から)

 

塔子には、愛しい娘がいた。

 

夫の両親と一緒に暮らしているが、姑との

関係も良好で、満ち足りた生活を送ってい

た。

 

しかし、かつての恋人との突然の再開によ

り、一変。

 

恋人の問いかけは、塔子がこれまで封印し

てきた疑問や不満を次々と思い出させる。

 

激しく身体を重ね合ったあの頃の記憶に導

かれ、やがて塔子は快楽の世界へ…。

 

妻として母として生きる女が、一線を越え

た瞬間に広がる世界とは…。

 

島清恋愛文学賞を受賞した大人の恋愛官能

小説を、あなたも是非。

 

(あらすじはここまで)

 

以上、島本理生さんの『Red』のあらすじを

ネタバレなしでご紹介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、物語

の続きが気になるのでは?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

映画も公開された話題作なので、売り切れな

い内にどうぞ!

 

著者紹介

●島本理生(シマモトリオ)

 

小説家。1983年、東京都に生まれる。

 

2001年に『シルエット』で、第44回群像新

人文学賞優秀作を受賞。

 

03年に『リトル・バイ・リトル』で、第25

回野間文芸新人賞受賞。

 

15年に『Red』で、第21回島清恋愛文学賞を

受賞する。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『Red』の感想をたっぷりとご紹介!(ネタバレなし)

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、島本理生さんの『Red』を購入され

た方の感想を、Amazonや楽天で調べてみま

した!

 

なお、感想もネタバレなしでお届けします。

 

(以下から感想)

 

■何事も満ち足りた生活を送っていた、主人

公の塔子。

 

にもかかわらず、欲望という名の快楽に溺れ

ていく…。

 

正直、欲望ってどこまで求めればいいのでし

ょうね。読んでいてすごく切なくなります。

 

そんな塔子の生き方は、私のこれからの人生

を見つめ直すきっかけになりました。

 

====================

 

■この『Red』という小説は、

 

・男性 or 女性

・結婚している or 独身

・人生に満足 or 不満足

 

かによって、物語に受ける印象が全く変わっ

てきます。

 

見る角度によって印象が変わるのは当然です

が、本作はそれが顕著ですね。

 

私自身はすでに結婚しており、夫は優しい性

格の人。

 

ですが、塔子と似たような暮らしであり、そ

れに満足している自分がいることも確か。

 

だから、塔子にはすごく共感できるんです。

 

そんな塔子の生き方が滑稽に見えるかもしれ

ませんが、現実の恋も割とそんな感じなので

は?私はそう感じましたね。

 

====================

 

■映画が公開されるからということで、友達

が私に貸してくれました。

 

塔子たちが繰り広げる恋愛模様は、熱く、強

く、そして脆い…。

 

人との関係って、こういうことなのかもしれ

ないなと感じました。

 

私は既婚者ですが、『Red』は独り身の頃に

読みたかった一冊ですね。

 

====================

 

■本作は「不倫」がクローズアップされがち

ですが、本当に注目すべきは母親の葛藤。

 

今の時代にも通ずる母親の葛藤を、ここまで

赤裸々かつ美しく描いた小説は稀有だと思い

ますね。

 

あくまでも不倫は、塔子が自分の生き方を考

え直す一つの転機であり、そこが物語のメイ

ンではないはず。

 

また、様々な事情があって働けない母親が夢

中で頑張っている様子は、思わず心を動かさ

れました。

 

====================

 

■自分の全てを許容し、選択し、生きていく

のは、果たして困難なのか?

 

女性って立場や環境によって、母親、娘、妻

など、呼び方が変わりますよね。

 

じゃあ、そもそも「女」ってどういう存在?

 

この小説を読むと、そんな疑問がふと浮かん

できました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

『Red』を購入された方の感想が、あなた

の参考になれば幸いですね。

 

書籍情報

●『Red』

発売日: 2017年9月22日

著者: 島本理生

出版社: 中央公論新社

発行形態: 文庫

ページ数: 503p

ISBNコード: 9784122064508

 

『Red』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたは、島本理生さん

の『Red』を「今すぐ無料で読んでみたい!」

と思っているのではないでしょうか?

 

実は、「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメ

だけではなく、雑誌、小説、話題の新刊な

どが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『Red』を無料で読むことができるというわ

けですね!

 

また、『シルエット』や『リトル・バイ・リ

トル』をはじめ、島本理生さんの過去の作品

U-NEXT」ならたっぷりと読めます!

 

この機会に島本さんの作品に触れてみるのも

良いですね♪

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以上

もあり、もはや専門サービス並みのラインナ

ップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、島本理生さんの小説『Red』の気に

なるあらすじや、本の内容についてご紹介し

ました!

 

生ぬるい恋愛小説では満足できない方に向け

た、大人のための官能小説といった感じでし

たね。

 

映画が公開されたこの機会に、是非読んでお

きたい一冊です!

 

あらすじを読んだあなたも、是非本作を読ん

でみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

▼関連記事▼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。