遂に文庫化!原田マハ『サロメ』のあらすじを詳しく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

原田マハさんの小説『サロメ』の文庫本が、

2020年5月8日に発売されました!

 

19世紀末に活躍した劇作家オスカー・ワイル

ドの戯曲「サロメ」を巡る、愛憎渦巻く美術

長編ミステリーです。

 

この度待望の文庫本が刊行されましたが、や

はりあらすじが気になりますよね?

 

今回は、原田マハさんの文庫本『サロメ』の

あらすじを詳しくご紹介します!是非、参考

にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

原田マハ『サロメ』の気になるあらすじは?

では早速、原田マハさんの文庫本『サロメ』

のあらすじをネタバレなしで見ていきます。

 

(あらすじは以下から)

 

ここは、現代のロンドン。

 

甲斐祐也は、日本からビクトリア・アルバー

ト美術館に派遣された客員学芸員だ。

 

ある日甲斐は、ロンドン大学のジェーン・マ

クノイアから、オスカー・ワイルドの未発表

版の戯曲「サロメ」について相談を受ける。

 

ヴィクトリア朝時代のアイルランドで生まれ

たオスカー・ワイルドは、19世紀末を代表す

る劇作家として有名な人物。

 

戯曲「サロメ」は、そのセンセーショナルな

内容はもちろん、ある一人の画家の才能を世

に解き放ったことでも知られている。

 

その画家の名は、オーブリー・ビアズリー。

 

保険会社の職員だった彼は、1890年、当時18

歳の頃から本格的に絵を描き始める。

 

やがてオスカー・ワイルドと出会い、「サロ

メ」の挿絵を描いたことで一躍有名に。

 

そして、肺結核が原因で25歳の若さでその生

涯を終えた。

 

そんなオーブリー・ビアズリーが挿絵を担当

した「サロメ」は、当初フランス語で出版さ

れた。

 

だが、英語訳出版の影には、

 

・彼の姉で女優のメイベル

・男色家としても有名なワイルド

・ワイルドの恋人のアルフレッド・ダグラス

 

との、複雑な四角関係が隠されていた…。

 

悪徳とスキャンダルで時代を代表する作家と

なったオスカー・ワイルドと、早世の天才画

家オーブリー・ビアズリー。

 

退廃的かつ愛憎渦巻く二人の関係性を描いた

美術長編の幕が上がる…!

 

(あらすじはここまで)

 

以上、原田マハさんの『サロメ』のあらすじ

を、ネタバレなしでご紹介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、物語

の続きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい内容は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

著者紹介

●原田マハ(ハラダマハ)

 

小説家、キュレーター、カルチャー・エッセ

イスト。

 

1962年、東京都に生まれる。関西学院大学文

学部および早稲田大学第二文学部卒業。

 

馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森ビル森

美術館設立準備室に勤める。森ビル在籍時に

ニューヨーク近代美術館に派遣され、同館に

て勤務。

 

その後独立し、フリーのキュレーター、カル

チャーライターへと転身。

 

2005年に「カフーを待ちわびて」で、第1回

日本ラブストーリー大賞を受賞し、作家デビ

ューを果たす。

 

12年、アンリ・ルソーの代表作「夢」にまつ

わるアートミステリー『楽園のカンヴァス』

で、第25回山本周五郎賞受賞。

 

17年に『リーチ先生』で、第36回新田次郎文

学賞受賞。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『サロメ』

発売日: 2020年5月8日

著者: 原田マハ

レーベル: 文春文庫

出版社: 文藝春秋

発行形態: 文庫

ページ数: 336p

ISBNコード: 9784167914868

 

『サロメ』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたは、原田マハさん

の『サロメ』を「今すぐ無料で読みたい!」

と思っているのでは?

 

実は、「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメ

だけではなく、雑誌、小説、話題の新刊な

どが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

本作『サロメ』を無料で読めるというわけで

すね!

 

また、

 

『楽園のカンヴァス』

『リーチ先生』

『キネマの神様』

『たゆたえども沈まず』

 

など、原田マハさんの過去の作品もっぷり

読めます!

 

この機会に原田さんの作品に触れてみるのも

良いですね♪

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以上

もあり、もはや専門サービス並みのラインナ

ップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、原田マハさんの文庫本『サロメ』の

あらすじをネタバレなしでご紹介しました!

 

「私と一緒に地獄に堕ちよう。」

 

表紙に描かれた生首が、絶大なインパクトを

与えている本作。

 

果たしてこの生首は、オスカー・ワイルドか

それともオーブリー・ビアズリーなのか…?

 

史実の中にフィクションを織り交ぜることで

天才作家オーブリー・ビアズリーの短い生涯

が、実に多面的かつ魅力的に描かれています

ね。

 

また、文庫本は単行本と異なるカバーなので

見比べてみるのも面白いですよ!

 

あらすじを読んだあなたも、文庫本となった

この機会に本作を読んでみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

▼関連記事▼

『リーチ先生』の感想をたっぷりとご紹介します!

小説『キネマの神様』の感想をたっぷりとご紹介!

珠玉のアート小説『たゆたえども沈まず』のあらすじを詳しく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。