『精霊の木』の気になるあらすじを詳しく!(ネタバレなし)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上橋菜穂子さんの小説『精霊の木』文庫本

が、2019年4月26日に発売されました!

 

「守り人シリーズ」でお馴染みの上橋菜穂子

さんのデビュー作に当たる作品です。

 

初版が刊行されたのが1989年の5月ですので

もう30年以上前になるんですね。

 

待望の文庫本となった本作ですが、やはり気

になるのはあらすじですよね?

 

そこで今回は、『精霊の木』のあらすじにつ

いて詳しく調べてみました!是非、参考にし

てみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

文庫本『精霊の木』のあらすじを詳しく!

早速、上橋菜穂子さんの文庫本『精霊の木』

のあらすじをネタバレなしで見ていきます!

 

(あらすじは以下から)

 

環境破壊が原因で地球が滅亡し、人類は様々

な星へ移住した。

 

シンという少年が住む、ナイラ星。

 

ここは、人類が街を築き始めて200年を迎え

ようとしていた。

 

ある日、シンの従妹であるリシアに、先住異

星人ロシュナールの特殊能力が目覚める。

 

やがて二人は、失われし「精霊の木」を求め

て異世界からこの地を目指す「黄昏の民」の

存在を知る。

 

過去と現代に潜む謎。

 

その真相を追求する中で、過去の歴史を闇に

葬ろうとする組織が動き出す。

 

果たして、シンとリシアの運命は…!?

 

(あらすじはここまで)

 

以上、『精霊の木』のあらすじをネタバレな

しでご紹介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、物語

きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい内容は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

著者紹介

上橋菜穂子(ウエハシナホコ)

 

児童文学作家、ファンタジー作家、SF作家、

文化人類学者。日本児童文学者協会会員。

 

1962年、東京都に生まれる。立教大学博士

課程単位取得。

 

専攻は文化人類学で、オーストラリアの先

住民族であるアボリジニを研究。

 

女子栄養大学助手を経て、現在は川村学園

女子大学の助教授を務めている。

 

89年に『精霊の木』で、児童文学作家とし

てデビューを果たす。

 

その後、『月の森にカミよ眠れ』で、日本

児童文学者協会新人賞受賞。

 

『精霊の守り人』で、野間児童文芸新人賞

と、サンケイ児童出版文化賞受賞。

 

『闇の守り人』で、日本児童文学者協会賞

受賞。

 

『夢の守り人』で、路傍の石文学賞受賞。

 

『虚空の旅人』『神の守り人 来訪編・帰

還編』で、小学館児童出版文化賞受賞。

 

2002年には、巌谷小波文芸賞を受賞する。

 

特に、文化人類学的視点を活かしたファンタ

ジーに定評がある。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『精霊の木』の感想をたっぷりとご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想気に

なりますよね?

 

そこで、Amazonや楽天などに投稿されてい

る『精霊の木』の感想の中から、特に印象的

だったものをたっぷりとご紹介します!

 

なお、感想もネタバレなしです。

 

(以下から感想)

 

■「守り人シリーズ」でお馴染みの上橋菜

穂子さんのデビュー作です。

 

未来の宇宙開発により、滅ぼされた民族。

その民族の子孫に超能力が目覚めたことに

より、民族の過去が明らかになっていきま

す。

 

上橋さんが着想を得たという、老人と少女

が会話する場面。

 

それは物語の中核であり、その後の作品の

世界観にも繋がったと思うと、何度も読ん

でしまいますね。

 

====================

 

■「守り人シリーズ」が大好きな方は必読

です。

 

今回挿絵も新しいものになったと知り、

文庫本を購入。持ち運びしやすいサイズ

で助かります。

 

上橋先生もおっしゃっていますが、デビュ

ー作は創作の種の詰めこみだから価値があ

るのだと思いますよ。

 

このシーンが膨らんであの作品になったの

かなと、アイデアの破片を再発見する喜び

があります。

 

====================

 

■大いなるスピリットと魂が結びついて、

自然や宇宙と調和した生き方をすることへ

の尊さ。そして、人間本来の生き方に実に

感動しました。

 

別の次元に瞬間移動して上昇したアメリカ

原住民のある部族を彷彿させるものがあり

ます。

 

上橋菜穂子さんがまだ大学院生だった頃の

作品なんですね。フィールドワークに相当

な時間を費やしたのではないでしょうか。

 

その結果、みずみずしい感性と綿密なデー

タが、魅力的に融合されていますね。

 

この作品は多次元的・多視覚的に読むこと

ができ、スピリチュアルなメッセージを人

それぞれが受け取れるかと思います。

 

====================

 

■アイデアは詰め込み過ぎだと思いますが、

世界観は面白く、しっかりとしたメッセー

ジ性もありますね。

 

====================

 

■私は上橋菜穂子さんの作品がどれも大好き

です。

 

ご本人もおっしゃっていましたが、『精霊

の木』は作家の初々しさを感じる物語です。

 

全ての作品の原点がここにあるといった感じ

でしょうか。どこか懐かしいような、こそば

ゆいような感覚…。

 

「平凡な草も人の都合で抜いては行けない」

は、特に心に刺さりました。

 

====================

 

■『守り人』や『獣の奏者』とはまた違った

雰囲気が漂う一冊です。

 

現在の作品よりも子供向けというか、文体

が話し言葉のような軽い感じがします。読

み始めは世界観が理解できなかったです。

 

でも、読み終わる頃にはその世界観にのめ

り込んでいました。自分が地球上の人間だ

ということを忘れるほどに(笑)

 

物語は王道ながらも、ぐっと考えさせられ

る場面や言葉がいっぱい詰まっています。

これぞ、上橋作品ですね。

 

====================

 

■デビュー作ということもあり、上橋菜穂子

さんの他の作品と比べるとどうしても文章

が稚拙で、まだまだ掘り下げる余地がある

と感じました。

 

ただ、世界観は素晴らしい。『守り人』の

ときもそうでしたが、非常に説明が丁寧に

書かれてあります。

 

SF物は難易度が高いと思うのですが、それ

を難なくクリアしていますね。

 

「物語についていけない」ということが全

くないのはすごい!

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

 

『精霊の木』を購入された方の感想が、あな

たの参考になれば幸いです。

 

書籍情報

『精霊の木』

発売日: 2019年4月26日

著者: 上橋菜穂子

出版社: 新潮社

発行形態: 文庫

ページ数: 368p

ISBNコード: 9784101320854

 

『精霊の木』を無料で読む方法はある?

ここまで読んできたあなたなら、上橋菜穂子

さんの『精霊の木』を「今すぐ無料で読みた

い!」と思っているのでは?

 

そこで、「U-NEXT」というサービスで無料

で読めるかどうか調べてみました!

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメだ

けではなく、雑誌、小説、話題の新刊などが

見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000、レンタル作品は

20,000。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内にお目当ての本を読み

終えれば、実質無料で読むことができるとい

うわけですね!

 

ではここで、無料で読めるか調べてみた結果

をお伝えします。

 

結果、『精霊の木』は、在「U-NEXT」で

は取り扱っていないようす。

 

ただ、『鹿の王』『狐笛のかなた』など、

上橋菜穂子さんの過去の作品は「U-NEXT」

でたっぷりと読めます!

 

この機会に上橋さんの作品に触れてみるのも

良いですね♪

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以

もあり、もはや専門サービス並みのライン

ナップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、『精霊の木』の気になるあらすじや

文庫本の内容についてご紹介しました!

 

約30年の時を経て文庫化された、上橋菜穂子

さんの記念すべきデビュー作。

 

「守り人シリーズ」を読んだ方にもオススメ

の一冊です!

 

あらすじを読んだあなたも、この機会に手に

取ってみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。