新型コロナを予言!?『首都感染』のあらすじを詳しく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月16日に発売された高嶋哲夫さんの

小説『首都感染』が、注目を集めています。

 

というのも、現在流行している新型コロナウ

イルスの発生や五輪開催の可否を、本作が予

言していたと言うのです!

 

刊行から7年経ち再び注目を集めている本作で

すが、やはりあらすじが気になりますよね?

 

今回は、『首都感染』の気になるあらすじを

詳しくご紹介します!是非、参考にしてみて

下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『首都感染』のあらすじを詳しく!(ネタバレなし)

早速、『首都感染』の気になるあらすじを、

ネタバレなしで見ていきます!

 

(あらすじは以下から)

 

二〇××年に中国にて開催された、サッカー

ワールドカップ。

 

中国代表は決勝まで勝ち進み、国内外で非

常に大きな盛り上がりを見せている。

 

また、日本代表も上位に進出し、熱を帯び

てW杯に陶酔していた。

 

だが、サッカースタジアムから遠く離れた

雲南省で、致死率60%の強毒性インフルエ

ンザ(パンデミック)が発生してしまう!

 

中国政府としては、このW杯の盛り上がり

を維持すべく、事態の隠蔽を画策。

 

だが、中国政府の封じ込めは破綻。

 

W杯は中止に追い込まれ、全世界のサポー

ターたちは帰国する事態となる。

 

やがて、パンデミックの魔の手は日本へ…。

 

検疫が破られ、都内でも患者が発生する異

常事態。

 

さらに、感染者の移動を禁止しなければ、

事態は収まらない始末。

 

このパンデミックを生き残るため、総理は

空前絶後の“東京封鎖”作戦を開始するが…。

 

(あらすじはここまで)

 

以上、『首都感染』のあらすじをネタバレな

しでご紹介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、物語

の続きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

目次

・プロローグ

・第1章:対策

・第2章:感染

・第3章:封鎖

・第4章:拡大

・エピローグ

 

著者紹介

●高嶋哲夫(タカシマテツオ)

 

小説家。1949年、岡山県玉野市に生まれる。

慶應義塾大学工学部卒業。同大学院修士課程

修了。

 

日本原子力研究所(現日本原子力研究開発機

構)の研究員を経て、カリフォルニア大学に

留学する。

 

79年に、日本原子力学会技術賞受賞。

 

94年に『メルトダウン』(講談社文庫)で、

第1回小説現代推理新人賞。

 

99年に『イントゥルーダー』(文春文庫)で

第16回サントリーミステリー大賞・読者賞を

同時受賞する。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『首都感染』

発売日: 2013年11月16日

著者: 高嶋哲夫

出版社: 講談社

発行形態: 文庫

ページ数: 592p

ISBNコード: 9784062777049

 

『首都感染』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたなら、高嶋哲夫さ

んの小説『首都感染』を「今すぐ無料で読み

たい!」と思っているのでは?

 

実は、「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマ、アニメ

だけではなく、雑誌、小説、話題の新刊な

どが見放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『首都感染』を無料で読むことができるとい

うわけですね!

 

また、『メルトダウン』『首都崩壊』『富士

山噴火』など、高嶋哲夫さんの過去の作品も

U-NEXT」ならたっぷりと読めます!

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以上

もあり、もはや専門サービス並みのラインナ

ップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、高嶋哲夫さんの小説『首都感染』の

詳しいあらすじや本の内容についてご紹介し

ました!

 

本作の時間軸である二〇××年は、中国でW杯

が開催されている時期。

 

実際、2022年に北京冬季オリンピックが開催

されますし、そう遠くない未来に中国でW杯

が開催されることも濃厚。

 

「中国」「W杯」「五輪」「パンデミック」

といったワードから新型コロナを予言してい

るとして、本作が話題になったのかなと感じ

ましたね。

 

あらすじを読んだあなたも、『首都感染』を

この機会に読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。