直木賞受賞『宝島』の評判は?気になる購入者の感想をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第160回直木賞を受賞した真藤順丈さんの

小説『宝島』が、今注目を集めています!

 

かつて米軍統治下にあった沖縄で嵐のよう

うに駆け抜けた若者たちの、熱き生き様が

描かれた一冊です。

 

そんな直木賞を受賞した『宝島』ですが、

やはり評判が気になるところですよね?

 

そこで今回は、『宝島』を購入された方の

感想をご紹介します!

 

是非、参考にしてみて下さいね!

 

ほかにも、今作の特徴、あらすじ、著者紹

介、さらには具体的な購入方法などもお伝

えしていきます。

 

▼購入はこちら▼

 

評判が気になる直木賞受賞作『宝島』!購入者の感想をご紹介!

直木賞受賞作品『宝島』の気になる評判を

調べるには、実際に購入された方の感想を

見るのが一番早いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、楽天の商品ページに投稿さ

れている感想を、一部ご紹介します!

(ネタバレはありませんのでご安心を。)

 

(以下から購入者の感想)

 

■私は沖縄に行った事がなく、恥ずかしな

がら「沖縄問題」に無知で、遠い場所の

出来事だと思っていました。

 

ですが、『宝島』はそんな私でも心がえぐ

られた作品です。

 

今作に出てくる、沖縄の事を知ろうともし

ない本土の人間とは、まさに自分の事だと

気付かされました。

 

読んでいると圧倒的熱量が押し寄せてきて、

主人公たちが目の前で動いているかの如く、

あの時代の沖縄にいるような感覚でした。

 

現在も沖縄には米軍基地があるし、オスプ

レイの事故や米軍の許せない事件は変わら

ず起きており、愕然とする思いになります。

 

だからこそ、多くの方に読んで欲しいです。

 

■世界観にどっぷりとハマりました。

 

戦後の沖縄を舞台に逞しく生きる沖縄の人々

が生き生きと描かれており、まるでその時代

にいるような錯覚に落ち入るほど。

 

語り部として作者の合いの手が入るのはいか

にもテレビ的ですが、映像化を強く希望した

い作品です。

 

■戦後から沖縄返還までを駆け抜けた若者達

の群像劇で、今も続く沖縄の屈辱の歴史が、

荒々しくも緻密に描かれています。

 

謎の語り部の合いの手が気になる方もいる

ようですが、私は特に気になりません。

 

540ページ以上の重量感のある一冊ですが、

以外にも読み口は軽快ですよ。

 

■史実を交えて疾走感に溢れた物語が凄いな

と感じました。今まで全然知らなかった沖縄

が見えた気がします。

 

作者が沖縄の方ではない事は、今回一番驚き

ました。

 

■500ページを超える長編小説ですが、一気

に読めました。グイグイと物語へ引き寄せ

る力は半端ないですね。

 

オンちゃん、グスク、レイ、ヤマコの息遣い

を感じ、思わず私も一緒になって嘉手納基地

やコザの街を疾走。

 

転んでも起き上がり、殴られても起き上がり、

喜怒哀楽を共にする自分が、気が付くといま

した。

 

心や体が、あの青く美しい沖縄の空の下に

居るような感覚になったのです。

 

若い時に滞在した石垣島、西表島、竹富島、

波照間島にて肌で感じた言葉にできないあ

の感覚を思い出させてくれた一冊です。

 

■前評判通りの一冊でした。沖縄が抱える

基地問題の見方が発見できました。

 

■久しぶりに文章を読む楽しさにときめいた

小説でした。

 

過去と現在、彼岸と此岸、平穏と騒乱、

善と悪、男と女。様々な軸が入り乱れて、

密度の濃い世界が美しい言葉で紡がれて

いきます。

 

胸が痛くなる描写も多いですが、いつまで

も読んでいたい500ページです。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

以上、『宝島』の気になる評判を、購入され

た方の感想を通してご紹介しました!

 

是非、参考にしてみて下さい♪

 

『宝島』の内容について

『宝島』は、真藤順丈さんによる小説です。

2018年6月21日に発売されました。

 

第160回直木三十五賞(通称直木賞)を受賞

したことで、一躍注目を集めていますよね。

 

昨年受賞した第9回山田風太郎賞と合わせて

2冠達成の快挙です。

 

今作では、かつて米軍統治下にあった沖縄

で、嵐のように駆け抜けた熱き若者たちの

生き様が描かれています。

 

特に、沖縄の方にとっては見逃せない小説

ではないでしょうか。

 

実際に起きた戦闘機小学校墜落事故、米軍

車両死亡交通事故無罪判決、県民の怒り爆発

のコザ暴動、そして現代にも続く基地問題。

 

こういった事を、主人公達の生き方を通して

考えさせられる一冊です。

 

『宝島』のあらすじ

舞台は、かつて米軍統治下にあった、沖縄。

英雄を失いしこの島に、新たな魂が立ち上が

ろうとしていた…。

 

グスク、レイ、ヤマコは、揺るぎない絆で結

ばれた幼馴染みだ。

 

やがて少年たちは刑事になり、教師になり、

テロリストになり、同じ夢へと向かう。

 

生きるとは、走ること、抗うこと、想い続け

ること。

 

青春と革命に彩られた沖縄の若者たちの熱き

生き様がここに…。

 

著者紹介

●真藤順丈(シンドウジュンジョウ)

 

1977年、東京都生まれ。2008年に『地図

男』で、第3回ダ・ヴィンチ文学賞大賞を

受賞しデビュー。

 

同年『庵堂三兄弟の聖職』で、第15回日本

ホラー小説大賞、『東京ヴァンパイア・ファ

イナンス』で、第15回電撃小説大賞銀賞、

『RANK』で第3回ポプラ社小説大賞特別賞

を受賞。

 

2018年に『宝島』で山田風太郎賞を受賞し、

翌年には同作で第160回直木三十五賞(通称

直木賞)を受賞。

 

直木賞受賞作『宝島』の購入は楽天で!そのワケとは?

気になる『宝島』の価格はいくらなのか?

 

今回は、日本最大級の通販サイトの楽天で

調べてみました!

 

このサイトをご覧のあなたも、おそらく楽天

で一度はお買い物をしたことがあるのでは?

いつも使うところで売っていたら気軽に買え

ますよね。

 

価格(税込)を調べてみた結果、このように

なりました!

 

【宝島】(紙書籍版)

価格:1,998

獲得ポイント: 133ポイント(7倍!)

▼購入はこちら▼

 

【宝島】(電子書籍版)

価格:1,620

獲得ポイント: 80ポイント(5倍!)

▼購入はこちら▼

 

※価格やポイントは変動する場合があります。

 

また、この商品の紙書籍版を楽天で購入する

と、以下の関連するクーポン・キャンペーン

が適用される場合があります!

 

・楽天ブックス商品1000円以上購入&音楽

アプリ無料お試しで700ポイント

 

・対象商品1点追加で同時購入商品もポイント

最大10倍

 

※エントリー必要の有無や実施期間などの

各種詳細な条件は、楽天の各説明頁にて

ご確認下さい。

 

さらに、楽天ブックスなら送料無料!

 

楽天は他に比べてポイントがかなり貯まり

やすい通販サイトです。普段から楽天を

利用されている方ならポイントで購入も

出来ますし、値段だけではなく購入のしや

すさでも良いサイトだと思います。

 

さらに先程説明したクーポンやキャンペーン

を活用すれば、よりお得に購入できますね♪

 

話題の『宝島』を購入するなら楽天で!

是非参考にしてみて下さいね!

 

●『宝島』

発売日: 2018年6月21日

著者/編集: 真藤順丈

出版社: 講談社

発行形態: 単行本

ページ数: 546p

ISBNコード: 9784065118634

 

おわりに

今回は、第160回直木賞受賞の真藤順丈さん

の小説『宝島』についてご紹介しました!

 

戦後復興時代の沖縄で生きた熱き若者たち

の物語を、あなたも是非。

 

この情報があなたのお役に立てば幸いです。

 

最後までこの記事をご覧いただき

本当にありがとうございました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。