『東大作文 』の評価は?気になる口コミをご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『東大作文 』という本を、あなたはご存知

ですか?

 

誰もが悩む文章の書き方について、東大生の

西岡壱誠さんが詳細に解説した一冊です。

 

そんな本作ですが、どのような評価を得てい

るのか気になりませんか?

 

そこで今回は、『東大作文』の気になる評価

を、購入された方の口コミを通してご紹介し

ます!是非参考にしてみて下さいね!

 

『東大作文』の評価のほどを口コミを通してご紹介!

『東大作文』の気になる評価を調べるには、

実際に購入された方の口コミを見るのが一

番早いですよね。

 

そこで今回は、Amazonや楽天の商品ページ

などに投稿されている、『東大作文 』を購

入された方の口コミをご紹介します!

 

(以下から口コミ)

 

■この本は全体的に読みやすいので、内容が

構造的に理解しやすかったです。

 

『東大作文 』を読んで繰り返し実践するこ

とで、「文章の構成力」は身に付くのでは

ないでしょうか。

 

例文や練習問題がもう少しあれば、さらに

良かったと思います。

 

大事な事は、「自分が何を書きたいのか」

「反復練習」、この2つです。この点は、

本書でしっかりと説明されています。

 

やはり、文章を書くことに近道はありませ

んね。

 

====================

 

■この春から大学生になる娘のプレゼントと

して買いました。

 

タイトルだけを見ると受験生向けの本かと

思いますが、むしろ大学生や社会人にこそ

必要な本です。

 

詰め込み型の勉強からもう一歩踏み込んだ

自分の力で考える勉強をするような方向け

ということですね。

 

この本には、自分の考えを上手く相手に伝

えるために大切な事が書いてあります。読

めばきっと役立つはずです。

 

ただ、一番の問題は娘がこの本を読んでく

れるかどうかですね…。

 

====================

 

■日常において感覚的に行っていることが、

この本には書かれていました。面白かった

です。

 

特に、物事を論理的に考えるのが苦手な方に

オススメですね。

 

====================

 

■まだ全部読んでいませんが、わかりやすく

かつ読みやすいです。中学生や高校生にも

良い本ではないかと思います。

 

====================

 

■『東大作文 』は何度でも読みたい名著で

した。

 

「地頭力」がいっきに高まるとタイトルに

ありますが、確かに物事の考え方が身に付

きます。

 

(口コミはここまで)

 

【著作権上の問題により、口コミは意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

調べてみた結果、『東大作文 』の評価は良い

評価の方が多い印象でした。今作の評判の高

さが窺えますね。

 

以上、『東大作文』の気になる評価を、実際

に購入された方の口コミを通してご紹介しま

した!参考になれば幸いです。

 

『東大作文 』とは?

『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高ま

る東大作文』は、西岡壱誠さんによる著書。

 

発売日は、2019年3月21日です。

 

今作は読書法について書かれた『東大読書』

の続編に当たります。

 

『東大読書』と言えば、累計18万部を突破

ベストセラーとなった事でも有名ですよね。

 

今作『東大作文 』では、誰もが悩む文章の

書き方を、東大生の西岡さんが詳細に解説

ています。

 

実は西岡さんは、元々文章を書くのがすごく

苦手だったとのこと。

 

でも、東大生が皆実践している「書き方」に

注目した途端、文章を書く事が好きになり、

なんと、偏差値35から東大合格を果たしまし

た!

 

そのちょっとしたコツが、明暗を分けたので

しょうね。

 

ここで、『東大作文』の内容をもう少し具体

的にご紹介します。

 

今作では例えば、

 

・「誰が読んでも」正確に伝わるあとがき

作り

 

・見違えるほど「読みやすく」なる目次作

 

・「説得力」が劇的に高まる1人ディベート

 

・読者が思わず「引き込まれる」質問トラ

ップ

 

・ムダなく「効率的」に書ける枝葉切り

 

といった、「一生モノの文章術」と題した

5つの具体的な手法が紹介されています。

 

これをマネするだけで、誰でも「説得力」が

あり「読者を引き込む」文章が「スラスラ」

と書けるようになるということです!

 

レポート、企画書、メール、SNSなど、仕事

やプライベートで幅広く使える文章術を、あ

なたも是非学んでみてはいかがでしょうか?

 

西岡さんのように、文章を書く事がきっと

楽しくなりますよ♪

 

目次

【「伝える力」と「地頭力」がいっきに身に

つく「東大作文」】

 

・あとがき作りで「言いたいこと」がまっ

すぐ伝わる−東大生はまず「最後の一文」

から考える

 

・目次作りで「見違えるほど読みやすい

文章」になる−東大生は「つながり」と

「順番」を意識する

 

・1人ディベートで「説得力のある文章」が

書ける−東大生は「相手の心」を刺激する

 

・質問トラップ作りで「読者を引き込む文

章」が書ける−東大生は「読む人との会話」

を重視する

 

・枝葉切りで「スマートな文章」が書ける−

東大生は「読む人の都合」を意識する

 

【5つのシチュエーションに対応!「東大

作文」実践編】

 

・メール・チャット−必要なことを「短く

端的に」伝える技術

 

・議事録・報告書・レポート−「わかりや

すい説明」の技術

 

・企画書・提案書−「説得力を高める」技術

 

・SNS・ブログ・メモ−「共感される」技術

 

・応用編・謝罪文−すべての力が求められる

 

・特別付録:「伝える力」と「地頭力」が

いっきに高まる−東大作文のポイントを一挙

に掲載!

 

著者紹介

西岡壱誠(ニシオカイッセイ)

 

1996年生まれ。東京大学3回生。

 

偏差値35から東大を目指すも、現役・一浪

と、2年連続で不合格を経験。

 

崖っぷちの状況で独自の暗記術、読書術、

作文術を見い出し、偏差値70、東大模試

で全国4位となり、念願の東大合格を果た

す。

 

モーニング(講談社)にて連載されている

漫画「ドラゴン桜2」に情報提供をする東

大生団体「東龍門」のリーダー。

 

東京大学で45年間続いている書評誌「ひ

ろば」の編集長。

 

著書『「読む力」と「地頭力」がいっきに

身につく 東大読書』は累計18万部を突破。

ベストセラーとなる。他にも著書多数。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『東大作文』

発売日: 2019年3月21日

著者: 西岡壱誠

出版社: 東洋経済新報社

発行形態: 単行本

ページ数: 282p

ISBNコード: 9784492046395

 

おわりに

今回は、『東大作文 』の気になる評価を、

口コミを通してご紹介しました!

 

文章の書き方に悩んでいる方には、まさに

うってつけの本だと思いますよ!

 

『東大作文 』の評価を読んだあなたは、

是非今作を読んでみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

▼関連記事▼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。