『ツナグ 想い人の心得』の気になるあらすじを詳しく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辻村深月さんの『ツナグ 想い人の心得』と

いう小説が、2019年10月18日に発売されま

した!

 

累計100万部を突破した大ベストセラーシリ

ーズの9年ぶりとなる新刊です。

 

そんな本作ですが、やはりあらすじが気に

なりますよね?

 

そこで今回は、『ツナグ 想い人の心得』の

気になるあらすじを詳しくご紹介します!

是非、参考にしてみて下さいね!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

『ツナグ 想い人の心得』のあらすじ(ネタバレなし)

顔も知らない父親、事故で亡くなった幼い

娘、片想いのあの人…。

 

亡くなったあの人にもう一度会えるとしたら

あなたは何を伝えたいですか?

 

死者との再会を一生に一度だけ叶えてくれる

使者「ツナグ」。

 

長年の務めを果たした最愛の祖母から、歩美

は使者としての役目を引き継ぐ。

 

7年後、会社員として働きながら依頼を受け

ていた彼。

 

そんな彼の元に、誰にも言えない想いを抱え

て亡き人との面会を望む人たちが訪れる。

 

これは、後悔を抱えながら生きる人たちの心

を「ツナグ」、使者の物語…。

 

====================

 

以上、『ツナグ 想い人の心得』の気になる

あらすじをネタバレなしでご紹介させていた

だきました!

 

ここまであらすじを読んだあなた、物語の続

きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

目次

・プロポーズの心得

・歴史研究の心得

・母の心得

・一人娘の心得

・想い人の心得

 

著者紹介

●辻村深月(ツジムラミズキ)

 

小説家。1980年、山梨県に生まれる。千葉

大学教育学部卒業。

 

2004年に『冷たい校舎の時は止まる』で、

第31回メフィスト賞を受賞して作家デビュ

ーを果たす。

 

11年に『ツナグ』で、第32回吉川英治文学

新人賞受賞。

 

12年に『鍵のない夢を見る』で、第147回直

木賞受賞。

 

18年に『かがみの孤城』で、第15回本屋大

賞受賞。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

『ツナグ 想い人の心得』の感想をご紹介!

新しい本を読む時って、他の方の感想が気に

なりますよね?

 

そこで、『ツナグ 想い人の心得』を購入さ

れた方の感想を、Amazonや楽天などのサイ

トで調べてみました!

 

なお、感想もネタバレなしでお届けします。

 

(以下から感想)

 

■実にもの寂しい物語ですね。「私だったら

誰に会いたいか?」と考えさせられました。

 

パッと思い浮かぶ人はいないですが、それは

もしかしたら幸せなことなのかもしれないで

すね。

 

自分が亡くなった後に、私に会いたいという

ような人がいないほどスッキリとした人生。

 

そんな人生の幕引きができたなら、それも一

つの幸せではないでしょうか。

 

====================

 

■死者との再会を叶える使者「ツナグ」。

 

祖母から「ツナグ」を引き継いだ歩美が、そ

の役目と自身の未熟な心との間で葛藤する。

 

その繊細な心理描写が、実に素晴らしく描か

れていますね。

 

読み終わると、温かな余韻が胸に広がりまし

た。

 

人と人とを繋ぐ「縁」に感謝したくなる物語

です。

 

====================

 

■本作は一作目が映画化されていることもあ

ってか、どうしても主人公は松坂桃李さんの

イメージになりますね。

 

ですが、実際に読み終えると、やはり彼が主

人公役にピッタリだと確信。

 

読んでいると、抑えられないほど何度も涙が

こみ上げてきます…。

 

また、人間がふとした時に考えることや動作

に関する細やかな描写は、さすが辻村深月さ

んだなと恐れ入りました。

 

中にはいたたまれない場面もありますが、物

語全体は清々しく、私も精一杯生きてみよう

という気持ちになれる作品です。

 

====================

 

■辻村深月さんの代表作『ツナグ』の7年後

世界を描いた『ツナグ 想い人の心得』。

 

「ツナグ」は、死者と会う機会を与えてくれ

る使者。

 

しかし、使者と会えるのはたった一度だけ。

 

そんな制約の中で描かれている物語なのです

が、今作は前作よりもさらに感動できるほど

完成度が高かったです。

 

====================

 

■私自身、人間関係がギクシャクしたまま離

れてしまった人や、亡くなった親しい人に会

いたいと思ったことはありません。

 

「どうしても死者に会いたい、会って話が

してみたい。」

 

そう願う人たちがいる一方、実際に死者と会

話できても心が晴れるとは限らないのではと

思うんです。

 

でも、私も死者に会いたいと思う日が来るの

かな?

 

『ツナグ 想い人の心得』は、歩美の静かな

想いに心が惹かれた作品です。

 

奈緒との今後は、どんな変化をもたらすの

でしょうね。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

『ツナグ 想い人の心得』を購入された方

の感想、参考になれば幸いです。

 

書籍情報

●『ツナグ 想い人の心得』

発売日: 2019年10月18日

著者: 辻村深月

出版社: 新潮社

発行形態: 単行本

ページ数: 288p

ISBNコード: 9784103283232

 

『ツナグ 想い人の心得』を無料で読むには?

ここまで読んできたあなたは、『ツナグ 想

い人の心得』を「今すぐ無料で読みたい!」

と思っているのではないでしょうか。

 

実は「U-NEXT」というサービスなら無料

で読めることをご存知ですか?

 

 

「U-NEXT」とは、映画、ドラマアニメだけ

ではなく、雑誌、小説、話題の新刊などが見

放題の動画配信サービスです。

 

見放題作品は140,000本、レンタル作品は

20,000本。(201910月時点)

 

映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル

の見放題作品数は、他のサービスに比べても

ダントツ。

 

そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も

楽しめるのが、「U-NEXT」最大の魅力。

 

本来は月額1.990円なのですが、実は31日間

の初回無料トライアルがあるんです!

 

【31日間無料トライアルの特徴】

●見放題作品が31日間無料で視聴可能!

※最新作はレンタル配信(個別課金)。

 

●70誌以上の雑誌が読み放題!

 

●600円分のポイントをプレゼント!

※最新作の視聴、最新コミックの購入等に

使用可能。

 

ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、

『ツナグ 想い人の心得』を無料で読むこと

ができるというわけですね!

 

また、『ツナグ』や『かがみの孤城』など

辻村深月さんの過去の作品も、「U-NEXT」

ならたっぷりと読めます!

 

なので、この機会に辻村さんの作品に触れて

みるのも良いかも知れませんね♪

 

U-NEXT」の電子書籍は、実に42万冊以

上もあり、もはや専門サービス並みのライン

ナップ。

 

より多くの本を読むほど、月額1.990円がお得

に感じるのではないでしょうか。

 

さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め

て、本がかさばることもありません。

 

スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も

1~2分とお手軽!

 

月額1.990円とは言え、実は毎月1,200ポイン

トの付与があるんです!

 

ポイント付与分を考えれば、実質790円のよ

うなものですし、家族で利用するなら更にコ

スパは良くなります。

 

140,000本以上の見放題作品数

・動画のダウンロードが可能

・電子書籍は42万冊以上

70誌以上の雑誌が読み放題

・対応端末が豊富

4人まで同時視聴できる

 

こういったメリットに加えて、毎月の1,200

ポイントを考えると、月額1,990円はあまり

にもお得な金額だと思いますよ。

 

ですので、まずは31日間の初回無料トライア

ルを試してみてはいかがでしょうか?

 

「U-NEXT」の登録はこちら

 

※本ページの情報は、2019年10月時点のもの

です。最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ

トにてご確認ください。

 

おわりに

今回は、『ツナグ 想い人の心得』という辻村

深月さんの小説の気になるあらすじや、本の

内容についてご紹介しました!

 

「ツナグ」シリーズ9年ぶりとなる新刊は、

まさに見逃せない内容ですね!

 

あらすじを読んだあなたは、是非この機会に

本作を読んでみてはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。