『海の見える理髪店』気になる購入者の感想をたっぷりと!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荻原浩さんの小説『海の見える理髪店』の文

庫本が、2019年5月17日に発売されました!

 

第155回直木賞受賞作で、様々な家族模様を

描いた短編集となっています。

 

そんな話題の本作ですが、やはり気になる

のは感想ですよね?

 

そこで今回は、『海の見える理髪店』を購

入された方の感想をご紹介します!是非、

参考にしてみて下さいね!

 

『海の見える理髪店』の感想をたっぷりとご紹介!

早速、『海の見える理髪店』の感想を見て

いきます!

 

今回は、Amazonや楽天を始めとした商品

ページなどに投稿されている、購入された

方の感想をたっぷりとご紹介します!

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

(以下から感想)

 

■荻原浩さんの作品は、もう読まないと決め

ていました。

 

しかし、直木賞を受賞したということで、

読んでみることに。

 

面白かったです。様々な家族模様が、短編

でサッと読めます。

 

私は表題作の「海の見える理髪店」が好き

ですね。

 

切ないような、温かいような、そんな気持ち

になる物語です。

 

====================

 

■どの短編もやや重たい感じがあるものの、

「海の見える理髪店」は一番良かったです。

 

店内の鏡から見える海の青、夕陽の赤、理髪

店の白など、その風景が浮かんできます。

 

特に、夕陽の金色がかった赤を想像したり、

店主とお客の青年との思いもよらない結末に

「なるほど」と納得したり…。

 

あっという間の読書時間でした。

 

====================

 

■爽やかな海岸線にある理髪店のお話です。

もしもこの理髪店が実在するなら、会社を

休んででも訪れてみたいですね。

 

====================

 

■一人の視点から物語が展開するため、お話

の想像がしやすく、短編集なので読みやすい

です。

 

ただ、話が急な展開で終わりが複雑なので、

理解しながら読まないと難しいですね。

 

特に好きな話は、「成人式」です。悲しみ

を乗り越えていく2人の物語で、喜怒哀楽

がいっぱい詰まっていました。特に、終盤

にかけての展開には、ニヤニヤします。

 

また、この本はまるでホラーのような恐怖

や、嫌な想像を掻き立てられる描写がいく

つもあって怖かったですね。

 

====================

 

■サラッと読める一冊です。直木賞作品を読

んでみたい方には良いかも知れませんね。

 

====================

 

■休みの日に温かいココアと一緒に読むのに

ピッタリな一冊です。

 

荻原浩さんの作品は、コメディよりも今作

のようなホッコリする話の方が好きですね。

素敵な作品でした。

 

====================

 

■直木賞受賞作品ということで、購入しま

した。

 

短編集で、一話ごとの人間模様が良いです

ね。

 

====================

 

■私はこの本を読んで、家族を大切にしたい

と思いました。

 

家族の姿は様々ですが、短編一つ一つの内容

は心に染み入るものがあります。

 

====================

 

■表題の「海の見える理髪店」は、昔の理髪

店を知る私としては共感できる場面が多かっ

たです。息子との再会には、感慨深いものが

ありますね。

 

====================

 

■6人のお客さんが訪れる理容店のお話かと

思いきや、6作とも違う短編集なんですね。

 

次第に明らかになる、それぞれの家族の様

子。

 

「海の見える理髪店」の最後で二人の関係

が分かった瞬間は、ハッとしました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

今回は、ネタバレなしでご紹介しました。

購入された方の感想、参考になれば幸い

です!

 

『海の見える理髪店』全6篇のあらすじ

あの時伝えられなかった言葉、消し去れない

後悔の数々…。

 

母と娘、夫と妻、父と息子。

 

この本は、そんな様々な家族が紡ぎ出す、

喪失感と小さな希望に満ちた6つの物語…。

 

●「海の見える理髪店」

 

ある伝説の理髪店があった。その店の主の

腕に惚れ込んだ大物俳優や、政財界の面々

が通いつめる名店である。

 

とある事情からその店に最初で最後の予約

を入れた、僕。

 

僕と店主との特別な時間が始まり…。

 

●「いつか来た道」

 

自分の意志を押し付ける、画家の母がいる。

その母から、16年間必死に逃げてきた。

 

そんな中、とある事情で懐かしい町に帰っ

てきた私。

 

そこでは、母との思いもよらない再会が待

っていた。

 

●「遠くから来た手紙」

 

仕事中心の夫と口うるさい義母。彼らに反

発し、子供と一緒に実家に帰った祥子。

 

そんな祥子に、その晩、ある不思議なメー

ルが届いて…。

 

●「空は今日もスカイ」

 

親の離婚により、母の実家に連れられてきた

茜。

 

やがて彼女は、家出をして海を目指す。

 

●「時のない時計」

 

父の形見を修理するために訪れた時計屋。

 

そこで、記憶の彼方にあった父との思い出

の数々が蘇り…。

 

●「成人式」

 

数年前、中学生の娘が急逝した。

 

悲しみにくれる毎日を過ごしてきた夫婦。

亡き娘の成人式に、替え玉出席をしようと

するが…。

 

目次

・海の見える理髪店

・いつか来た道

・遠くから来た手紙

・空は今日もスカイ

・時のない時計

・成人式

 

著者紹介

●荻原浩(オギワラヒロシ)

 

小説家・推理作家。1956年、埼玉県に生ま

れる。

 

コピーライターを経て、1997年に『オロロ

畑でつかまえて』で、第10回小説すばる新

人賞を受賞。作家としてデビューする。

 

2005年に『明日の記憶』で、第18回山本周

五郎賞受賞。

 

2014年に『二千七百の夏と冬』で、第5回山

田風太郎賞受賞。

 

2016年には、今作『海の見える理髪店』で、

第155回直木賞を受賞する。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『海の見える理髪店』(集英社文庫)

発売日: 2019年5月17日

著者: 荻原浩

出版社: 集英社

発行形態: 文庫

ページ数: 272p

ISBNコード: 9784087458725

 

おわりに

今回は、『海の見える理髪店』という荻原浩

さん原作の文庫本をご紹介しました!

 

直木賞受賞作家が魅せる、様々な家族模様。

是非6つの短編を読んで、あなたが好きな話

を見つけてみて下さい!

 

この情報があなたのお役に立てば幸いです。

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。