『和の国の神さま』の気になる感想をご紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

桜井識子さんの著書『和の国の神さま』が、

2019年9月9日に発売されました。

 

神話の時代から現代へと紡がれる神様の想い

について書かれた一冊です。

 

そんな本作ですが、やはり気になるのは感想

ですよね?

 

そこで今回は、『和の国の神さま』を実際に

購入された方の感想をご紹介します。是非、

参考にしてみて下さいね。

 

『和の国の神さま』を購入された方の感想をご紹介

では早速『和の国の神さま』の気になる感想

を見ていきます。

 

今回は、Amazonや楽天などのサイトに投稿

されている、購入された方の感想をご紹介し

ます。

 

(以下から感想)

 

■私は、桜井識子さんの本は全て読んでいま

す。

 

今作『和の国の神さま』は、スピリチュアル

系というより古代史ロマンといった感じです

ね。

 

「高千穂論争」というのがありますが、本作

にはその答えがあります。

 

この謎の真相を知ることなく亡くなられた学

者さんは数多くいらっしゃるかと思います。

 

そんな中、私は真相を知れて良かったです。

こういった話は、識子さんに今後も書いてい

ただきたいですね。

 

古事記と神社参拝とを照らし合わせながら、

古事記に含まれる僅かな史実を考察し、古代

史に思いを馳せる…。

 

そんな私にとって、今作は待ちに待った一冊

でした。

 

学校で習う歴史は、ほんの一部分にすぎませ

ん。

 

だからこそ、日本の古代史を学ぶことの面白

さがあると思いますよ!

 

====================

 

■今作『和の国の神さま』における最大のテ

ーマは、「最高神・天照大神」についてでは

ないでしょうか。

 

伊勢神宮や元伊勢などでの物理的な不在と、

参拝者の想いが必ず届く理由が詳細に書かれ

ています。

 

私達人間が、神々からのとてつもない情報量

を取り入れ、それを言語化するということは

至難の技なんでしょうね。

 

人と神仏という、二元論では説明しきれない

「見えない世界」。

 

このまるで迷宮のような万華鏡の移ろいを、

誠実に言語化してくれる識子さんには感謝の

思いです。

 

神話の神々が存在する日本独自の次元。そし

て、島国であるこの三次元世界の非常に複雑

な関係性…。

 

それを命がけで書かれた識子さんには、敬意

を払わずにはいられません。

 

====================

 

■今作についてなんと表現していいのか分か

らないのですが、識子さんにはありがとうの

思いです。

 

ずっと知りたかった真実が徐々に明かされて

いく…。

 

私はあっという間に読んだので、再度読み直

してみたいと思います。

 

あなたもきっと、心に響く貴重な一冊になる

はず。

 

====================

 

■桜井識子さんの本はほとんど持っているの

ですが、『和の国の神さま』は他の本とは少

し異なる雰囲気を感じました。

 

古代の非常に興味深い話が載っているので、

歴史が好きな私としては「なるほどな」と

いう部分が多かったですね。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『和の国の神さま』の感想をご紹介

させていただきました。

 

ここまで感想を読んだあなた、本の続きが

気になりますよね?

 

『和の国の神さま』の更に詳しい情報は、

以下のリンクから見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

今作の内容

『和の国の神さま』は、桜井識子さんによる

著書。2019年9月9日に発売されました。

 

本作は、神話の時代から現代へと紡がれてい

く神様の想いについて書かれた一冊です。

 

●古事記と南九州の深い関係とは?

古事記は、ファンタジーなお伽噺ではない?

 

●天照大神

アマテラスさんと出会える場所で聞いた、こ

の国と日本人について。

 

●高波動専門霊能力アップ講座

「わかる」が身に付く秘訣とは?

 

●願掛けの仕方について

今作の著者・桜井識子さんの体験談や、ちょ

っとしたコツのお話。

 

本作は、以上のようなことが学べる一冊とな

っています。

 

「この国の民族の未来は明るい。もっと希望

と誇りを持って、気高く、強く生きなさい」

-アマテラス-

 

古事記などに出てくる神話は、創作なのでは

ないか。

 

そう思っている方こそ、『和の国の神さま』

を読めば見方が変わると思いますよ。

 

目次

【第1章:南九州での取材】

・よくわからない神社が多かった取材

・宮崎神宮

ほか

 

【第2章:古事記】

・古事記とは

 

【第3章:古事記と南九州の深い関係】

・高屋山上陵

・狭野神社

・霧島東神社

ほか

 

【第4章:天照大神】

・天照大神と会える場所

・初回の開聞岳登山にて

ほか

 

【第5章:高波動専門霊能力アップ講座】

・本に講座を書く理由

・「わかる」を身につける

ほか

 

著者紹介

●桜井識子(サクライシキコ)

 

神仏研究家、文筆家。

 

霊能者の祖母と審神者の祖父の影響で、霊や

神仏と深く関わりながら育つ。

 

神仏を感知する方法、ご縁やご加護のもらい

方、人生を好転させるアドバイスなどを、書

籍やブログにて発信。

 

1,000社以上の神社仏閣を参拝して得た神様

仏様世界の真理や神社仏閣参拝の恩恵などを

多くの人に伝える活動を行っている。

 

主な著書に、『あなたにいま必要な神様が見

つかる本』(PHP研究所)、『神様が教えて

くれた金運のはなし』(幻冬舎)、『神仏の

なみだ』(ハート出版)、『神様と仏様から

聞いた人生が楽になるコツ』(宝島社)、

『聖地・高野山で教えてもらった もっと!

神仏のご縁をもらうコツ』(KADOKAWA)

など。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『和の国の神さま』

発売日: 2019年9月9日

著者: 桜井識子

出版社: ハート出版

発行形態: 単行本

ページ数: 271p

ISBNコード: 9784802400794

 

おわりに

今回は、桜井識子さんの『和の国の神さま』

の気になる感想や、本の内容についてご紹介

しました。

 

天照大神や古事記に出てくる神話の見方が変

わる一冊だと思います。願掛けの仕方につい

てもためになりますよ。

 

感想を読んだあなたは、是非本作を読んでみ

てはいかがでしょうか?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。