文庫本『我らがパラダイス』の気になるあらすじを詳しく!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

林真理子さんの小説『我らがパラダイス』の

文庫本が、2020年3月19日に発売!

 

高級介護付きのマンションで働く3人の女性

が、裕福な入居者たちとの「格差」を覆して

いく物語です。

 

この度文庫本となった本作ですが、やはり気

になるのはあらすじですよね?

 

今回は林真理子さんの『我らがパラダイス』

文庫本のあらすじを詳しくご紹介します!是

非、参考にしてみて下さいね。

 

なお、ネタバレはありませんのでご安心を。

 

文庫本『我らがパラダイス』の気になるあらすじは?

早速、林真理子さんの『我らがパラダイス』

文庫本のあらすじを、ネタバレなしで見てい

きます!

 

(あらすじは以下から)

 

細川邦子(48歳)は、兄の三樹男(53歳)に

憤慨していた。

 

父の滋(82歳)の世話をすると言うから、兄

夫婦に実家を明け渡した。

 

にもかかわらず、滋の呆けが始まった途端、

兄嫁の登喜子(56歳)が家出してしまったの

だ。

 

そんな登喜子に対して、夫である兄は強くも

の申すことができない。

 

心もとない兄に父を任せるわけにはいかない

邦子だが、そこから予想外の介護生活が始ま

る…。

 

====================

 

看護師を辞めた田代朝子(54歳)は、家で寝

たきりの母であるチヅ(78歳)の介護をして

いた。

 

ある日、会社をリストラされた弟の慎一(53

歳)が朝子のもとに転がり込んできた。

 

家計は逼迫し、慎一は新しい仕事も探さない

始末。

 

そこで朝子は、広尾にある高級介護付きマン

ション「セブンスター・タウン」で働くこと

に決める。

 

====================

 

丹羽さつき(52歳)は、「セブンスター・タ

ウン」で働く従業員の一人。

 

まもなく80歳となる父の貢と母のヨシ子は、

二人とも至って健康。

 

その元気な様子は周りが羨むほどであったが

ある日、貢にがんが見つかってしまう。

 

病と懸命に闘った貢は死去。ヨシ子も体の衰

えを感じるようになる。

 

そんな両親の変化により、さつきの穏やかな

日常が奪われようとしていた…。

 

====================

 

一方、邦子の父・滋の認知症は、目に見えて

悪化していた。

 

高時給のパートを求めて「セブンスター・タ

ウン」で働き始めた邦子。

 

そこで彼女が目にしたのは、入居費8000万

円をいとも簡単に支払い、ホテル並みの贅沢

な施設で自由かつ裕福な生活を送る老人たち

の姿だった。

 

そして、母のチヅを手頃な価格の施設に入れ

ようと決意した朝子と、母・ヨシ子の体の衰

えに困惑するさつきも、「セブンスター・タ

ウン」で働くことに。

 

邦子と同じく朝子とさつきも、施設に住む老

人たちと自分の「格差」に驚きを隠せない。

 

そんな状況の中、惹かれ合っていく3人。

 

自分の親を空き部屋に住まわせたり、呆けた

入居者と自分の親をすりかえたりと、様々な

策を巡らせていくが…。

 

ここは、東京・広尾にある高級介護付きマン

ション「セブンスター・タウン」。

 

受付係の細川邦子(48歳)。

看護師の田代朝子(54歳)。

ダイニング担当の丹羽さつき(52歳)。

 

三者三様に深刻な介護生活を抱える中、とあ

る大きな計画を企てるが…。

 

果たして、「貧者の大逆転劇」は成功するの

か!?

 

(あらすじはここまで)

 

以上、『我らがパラダイス』のあらすじを、

ネタバレなしでご紹介しました!

 

ここまであらすじを読んだあなたなら、物語

の続きが気になりますよね?

 

本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから

見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

著者紹介

●林真理子(ハヤシマリコ)

 

小説家、エッセイスト。1954年、山梨県に生

まれる。日本大学藝術学部卒業。

 

コピーライターを経て82年に出版したエッ

セイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』

がベストセラーとなる。

 

86年、「最終便に間に合えば」「京都まで」

で、第94回直木賞受賞。

 

95年、『白蓮れんれん』で、第8回柴田錬三

郎賞受賞。

 

98年、『みんなの秘密』で、第32回吉川英

治文学賞受賞。

 

2013年、『アスクレピオスの愛人』で、第

20回島清恋愛文学賞受賞。

 

18年には、紫綬褒章を受章する。

 

NHK大河ドラマ『西郷どん』(2018)の

原作者としても知られている。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

●『我らがパラダイス』

発売日: 2020年3月19日

著者: 林真理子

出版社: 集英社

発行形態: 文庫

ページ数: 576p

ISBNコード: 9784087440867

 

おわりに

今回は林真理子さんの『我らがパラダイス』

のあらすじや、文庫本の内容についてご紹介

しました!

 

介護生活という暗いテーマにもかかわらず、

割とスラスラと読めたかなと思います。

 

ただ、後半部分の展開はさすがに強引だった

かなと。

 

ですが、お金持ちならではの考え方や行動は

物語に上手く組みこまれているなと感じまし

た。

 

また、今回文庫本となったことで持ち運びが

しやすくなり、手頃な価格で読めるようにな

ったのも嬉しいですよね!

 

あらすじを読んだあなたも、文庫本となった

この機会に本作を読んでみてはいかが?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

(本ページの情報は、2021年4月時点のもの

です。最新の配信状況はU-NEXTサイトにて

ご確認下さい。)

 

▼関連記事▼
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。