『チーズはどこへ消えた?』の感想をたっぷりとご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『チーズはどこへ消えた?』という本を、

あなたはご存知ですか?

 

スペンサー・ジョンソンさんによる著書で、

2000年11月30日に発売。

 

状況変化への対応を説いた童話・ビジネス

として、様々な方に読まれているベスト

セラーです。

 

そんな本作ですが、やはり感想が気になり

ますよね?

 

そこで今回は『チーズはどこへ消えた?』

を購入された方の感想をたっぷりとご紹介

します!是非、参考にしてみて下さいね!

 

『チーズはどこへ消えた?』購入者の感想をたっぷりと!

では早速、『チーズはどこへ消えた?』の

気になる感想を見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天を始めとした商品

ページなどに投稿されている、購入された

方の感想をたっぷりとご紹介します!

 

(以下から感想)

 

■仕事やプライベートに変化が欲しい方に

オススメです。1時間ぐらいで読めますよ。

今後の生活に非常に大きな影響を与えるの

ではと思います。

 

2匹のネズミと小人の2人は、世の中の人

間を4通りに分けて表現しているのかも。

 

「自分は4つの内どのタイプなのか?」

 

この本を読めば、今の自分の状況が見えて

きて、これからどうすべきかが分かると思

いますよ。

 

繰り返し読むことによって、違うものが得

られる、貴重な一冊です。

 

====================

 

■最初に簡単な導入があり、本編の中にディ

スカッションなどもあります。

 

ヘム、ホーという2匹のネズミと、スニフ、

スカリーという2人の小人の物語は、寓話

として面白い。

 

軽く読み流しても良いし、絵本のように何

度も読むのも良いですね。

 

難しい内容は特にないので、本が苦手な人

も読みやすいはず。親御さんが子供のため

に読むのもオススメです。

 

====================

 

■本当は変わりたいけど変われないという

人を後押ししてくれる本です。

 

文字が読めるようになった瞬間に、まずこ

の本を読みたかったと、今にして思います。

 

心地良い状態に留まっていてはいけないと

いうことが、ネズミと小人の物語を通して

非常に簡潔に示されています。

 

====================

 

■世の中には有名な自己啓発本がたくさん

あり、どれも素晴らしいものばかり。

 

しかし、この『チーズはどこへ消えた?』

より、大事なことをシンプルかつストレー

トに教えてくれる本は他にないと思います。

 

この本は、早い時期に読むほど良いです。

まだ読んでいない方は、是非。

 

====================

 

■この本は一時期すごく流行っていました

よね。

 

物語は非常にシンプルで、登場人物、物、

場所は、様々なものに置き換えることがで

きます。

 

例えば、「チーズ」は家族、仕事、健康、

財産、精神的安定といった、人生で求める

もの。

 

「迷路」は会社、地域社会、家庭といった、

追い求める場所。

 

このような感じで置き換えられますね。

 

そして、チーズを求める登場人物たちには

それぞれ役割があります。

 

「自分は誰に当てはまるかな?」と、さら

っと読んで考えさせられますね。

 

あとは、物語の節目にホーが書いた言葉や

思ったことを読み返してみると、「自分が

今、悩んでいること」の解決案が浮かんで

くるかもしれません。

 

特に、悩みがあるという方に読んでほしい

一冊です。前向きに考える元気がもらえま

すよ。

 

====================

 

■短い内容なので、すぐに読めます。

 

「現状維持は後退」だということが、この

本を読んで分かりました。

 

チーズが減り続けているにもかかわらず、

その現実に向き合わず現状維持を求める

小人。

 

「変わらなければ破滅することになる」

という言葉が、転職で悩んでいる私の心

に刺さりました。

 

自分の人生と照らしながら読むと、面白い

ですよ。

 

====================

 

■大学生の時に読んだはずなのですが、内

容をすっかり忘れていました。なので、英

語学習も兼ねて原著と一緒に、新たな気持

ちで読みました。

 

迷路の中で2匹のネズミと2人の小人が大好

きなチーズを求めてどう行動するかをメイ

ンに描いた寓話です。

 

「せっかく見つけたチーズが消えてしまっ

たらどうするか?」

 

すぐに現状を受け入れ、迅速に行動する者。

変化に戸惑い、何をすべきか逡巡する者。

いつまでも利益に固執し、前へ進めない者。

 

そんな彼らの姿は、変化を受け入れながら

楽しんで前に進むことの大切さを、分かり

やすく伝えてくれます。

 

自分、家庭、仕事…。ずっと変わらない

ものはない。

 

だからこそ、しなやかに強かに、そして

柔軟性を持って生きていきたいと、改め

て感じました。

 

(感想はここまで)

 

【著作権上の問題により、感想は意味を

変えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた

だきました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『チーズはどこへ消えた?』の感想

をご紹介させていただきました!

 

ここまで感想を読んだあなた、物語の続き

が気になりますよね?

 

『チーズはどこへ消えた?』の更に詳しい

情報は、以下のリンクから見れますよ。

 

話題作なので、売り切れない内にどうぞ!

 

『チーズはどこへ消えた?』の内容紹介

『チーズはどこへ消えた?』スペンサー・

ジョンソンさんによる著書。翻訳は門田美鈴

さんが務めています。

 

2000年11月30日に発売され、累計2,400万部

を越える大ベストセラーとして多くの方に読

まれています!

 

1999年度全米ビジネス書ベストセラー第1位

を獲得。

 

アップル、IBM、メルセデス・ベンツなど、

世界的なトップ企業が社員教育に採用する

ほど有名な一冊です。

 

テレビ朝日「パネルクイズアタック25」、

日本テレビ「世界一受けたい授業」、フジ

テレビ「潜在能力テスト」、朝日新聞デジ

タル「好書好日」など、日本の様々なメデ

ィアでも多数紹介!

 

また、二刀流・大谷翔平選手が愛読している

本ということで、日本では2016年に再びブー

ムが!

 

扶桑社が発刊する日本語訳本も400万部以上

のベストセラーなりました!

 

本作は、迷路に住む2匹のネズミと2人の小人

を通して、チーズを巡る物語が繰り広げられ

ます。

 

シンプルな寓話ながら、状況変化への対応

を説いたビジネス書でもあるんです。

 

『チーズはどこへ消えた?』の価格は905

 

あなたも、たった905円で人生を変えてみ

ませんか?

 

あらすじ

迷路に住んでいるヘム、ホーという2匹の

ネズミと、スニフ、スカリーという2人の

小人。

 

彼らは毎日迷路の中を走り回り、その日の

食料を探し求める毎日を送っていました。

 

迷路を彷徨う中で、ステーションCという

場所で大量のチーズを発見した彼ら。

 

このチーズはただの食べ物ではありません。

人生における私達が求めるもののシンボル

です。

 

あまり知恵が回らないネズミは、毎日朝早

くに家から走ってチーズに辿り着きます。

 

一方、知恵が回る小人はチーズの近くに引

っ越し、朝はのんびりと過ごして昼過ぎに

なったらチーズのある場所に向かうように

なりました。

 

チーズの場所はもう分かっているから、あ

ちこち動く必要はないと思ったからです。

 

そんなある日、ステーションCからチーズ

が消えてしまいます!

 

実は、チーズは消えたのではなく、彼らが

食べ続けたのでなくなっただけ…。

 

ネズミたちは、すぐに本能の赴くまま新た

なチーズを探しに行きました。

 

一方、小人たちは 、「自分たちはネズミじ

ゃない。賢くて特別な小人なのだ。」と思

い込んでいたので、チーズがなくなった事

実を受け入れられません。

 

チーズが戻って来るかもと淡い期待を抱き、

現状分析にうつつを抜かすばかり。ステー

ションCから離れようともしません。

 

しかし、やがて小人の1人が新しいチーズ

を探しに行く決意を固めて…。

 

果たして2匹のネズミと2人の小人は、新し

いチーズを手に入れることができるのでし

ょうか?

 

著者紹介

スペンサー・ジョンソン

(Spencer Johnson)

 

医学博士、心理学者。アメリカにおけるビジ

ネス界のカリスマ的存在。

 

医学博士として、心臓のペースメーカー開発

にも携わる。

 

様々な大学や研究機関の顧問を務め、シンク

タンクに参加。その一方で、著作活動も行っ

ている。

 

その功績が認められて、ハーバード・ビジネ

ス・スクールの名誉会員になる。

 

『1分間マネージャー』『1分間意思決定』

『人生の贈り物』など、著書多数。

 

2017年に、78歳で逝去。

 

門田美鈴(カドタミスズ)

 

翻訳家、フリーライター。今作『チーズは

どこへ消えた?』の翻訳を担当している。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『チーズはどこへ消えた?』

発売日: 2000年11月30日

著者: スペンサー・ジョンソン

訳: 門田美鈴

出版社: 扶桑社

発行形態: 単行本

ページ数: 94p

ISBNコード: 9784594030193

 

おわりに

今回は、スペンサー・ジョンソンさんの著書

『チーズはどこへ消えた?』の感想や、本の

内容についてご紹介しました!

 

「変化する人生に対応し、それを楽しむ」

ことこそが、この本が伝えたい内容なのか

なと思いますね。

 

寓話として面白いだけではなく、大人の方が

読んでも気付きが得られる一冊ですよ!

 

感想を読んだあなたは、是非『チーズはどこ

へ消えた?』を読んでみては?

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。