『よのなかルールブック』の口コミをズラッとご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『メシが食える大人になる!よのなかルール

ブック』という本をあなたはご存知ですか?

 

発売日は、2019年1月25日。

 

「花まる学習会」を設立した高濱正伸さんが

監修を務めています。

 

これから世の中に出ていく子どもたちへ送る

50のことばが、ピリ辛かつユーモアたっぷり

に書かれている本作。

 

やはり、口コミになりますよね?

 

そこで今回は、『よのなかルールブック』を

実際に購入された方の口コミをたっぷりとご

紹介します!是非参考にしてみて下さいね!

 

『よのなかルールブック』の口コミをズラッとご紹介!

では早速、『よのなかルールブック』の気に

なる口コミを見ていきます!

 

今回は、Amazonや楽天などにある購入され

た方の口コミをズラッとご紹介します!

 

(口コミは以下から)

 

■知人から紹介されて読みました。子供でも

読めるようにルビが振ってあり、要点を押さ

えた分かりやすい内容なので、とても読みや

すかったです。

 

当たり前のことだけど見落としやすいルール

ばかり。

 

子供の教育本としても使用していきたいです

ね。素晴らしい本に出会えて良かったです。

 

====================

 

■世渡り上手な人にとっては当たり前な内容

なんですが、それは家族が生活の中で教えて

くれたからこそだと思います。

 

一人っ子、核家族、近所付き合いの薄さが

明確になってきた昨今。

 

正直、この本と出会い「よのなかルール」

を学べるかどうかは、運だと思います。

 

なので、一人でも多くの子が読めるように

この本が有名になってほしいですね。

 

====================

 

■図書館にあったので、借りて読みました!

子ども向けですが、大人にも充分通用する

内容だと思います!

 

物事をすぐに諦めたり、心が折れそうな方

に是非とも読んで欲しい本ですね!

 

====================

 

■年齢問わず読んでほしい一冊だなと感じ

ました。

 

この本の内容は、子どもは何歳から理解で

きるんでしょうかね?

 

大人の方は気軽に読めて、大切な気付きが

たくさん得られると思いますよ。

 

知らずにできない事と、知っててやらない

又は出来ていない事には、大きな差がある

と私は思います。

 

皆さんもその事実を、この本を通して知っ

てほしいですね。

 

====================

 

■50の「よのなかルール」、じっくりと読ま

させていただきました。

 

理解していたつもりが、自分の中で都合の良

い解釈をしていたことを発見。

 

これを実践できたら心が穏やかになると思う

ので、また読み返してみます。

 

====================

 

■小学生の子どものために購入しましたが、

これは大人が読んでも為になりますね。

 

多忙な毎日の中にいるとなかなか出来ない

ことに気づかせてくれる一冊でした。

 

====================

 

■寝る前に子供と一緒に読んでいます。

 

普段頭で考えていても言葉にしないようなこ

ともあったので、すごく参考になる本だと思

います。

 

これもまた考え方のひとつなんでしょうね。

 

====================

 

■分かりやすい内容で、なおかつ説教臭くも

ない。自分でルールの解釈を考えられる良書

です。

 

====================

 

■子どもだけではなく、若い方やお年寄りの

方にも読んでほしいです。

 

「普段本は読まないけど人生経験はある!」

というような方も是非。

 

====================

 

■子どもに伝えるためにこれまでも似たよう

な本を買いましたが、この本は大人だから

こそ頭に入れておくべき良いことが書いて

あります。

 

例えば、他人を批判する時は「じゃあ自分は

どうなんだ」と考えてみる大事さ等々…。

 

一見当たり前の内容なので割とあっさり読め

るのですが、「果たして本作の言葉をしっか

り実践できているのか?」と自分に問いたく

なるのも事実。

 

皆さんもその問いに対する答えを、本作を通

して考えてみては?

 

(口コミはここまで)

 

【著作権上の問題により、口コミは意味を変

えず書き直しさせて頂いています。】

 

【投稿者の方のお名前は、伏せさせていただ

きました。】

 

いかがでしたか?

 

以上、『よのなかルールブック』の口コミを

ご紹介させていただきました!

 

『よのなかルールブック』ってどんな内容?

『メシが食える大人になる!よのなかルール

ブック』は、高濱正伸さんによる著書です。

 

高濱さんと言えば、TBS系「情熱大陸」や、

テレビ東京「カンブリア宮殿」など、テレビ

でもお馴染みの方。

 

2019年1月25日の発売から5カ月で7万5000部

を突破するなど大きな話題を集めています。

 

これから大変な世の中へ出ていく子どもたち

へ送る、50の「よのなかルール」

 

そのルールが、ピリ辛な言葉と可愛くてユー

モア溢れるイラストで描かれているのが、本

作の主な内容になります。

 

子どもたちにあえてピリ辛な言葉で現実を伝

えるということが大事なのでしょうね。

 

ちなみに、イラストレーターの林ユミさんが

本作のイラストを担当しています。

 

さて、この「よのなかルール」ですが、実は

50もの数があるんです。

 

例えば、

 

●いいことを言うよりも、よい行動をとる。

 

●話を聞くときは、ことばではなく相手の

心にこそ耳をすます。

 

●すぐに「きらい」「苦手」と言って自分

の世界をせばめない。

 

●「一生懸命」をバカにする人にはふりま

わされない。

 

・合わない人がいるのは「よのなかの当た

り前」だと知る。

 

などなど…。

 

子どもだけではなく、大人が聞いても胸に刺

さる言葉ばかりですよね。

 

これを子どもの頃から聞いて育ちたかったと

思います(笑)

 

『よのなかルールブック』は、世の中の事を

子どもに読み聞かせるのはもちろん、大人が

読んでも楽しめる内容の一冊です!

 

目次(50の「よのなかルール」)

これからのよのなかを生きるきみたちへ

 

ルール1:いいことを言うよりも、よい行

動をとる。

 

ルール2:すぐに「きらい」「苦手」と言

って自分の世界をせばめない。

 

ルール3:「なぜだろう」と考える習慣

を、身につける。

 

ルール4:「失敗」を「失敗」のままにし

ない。「経験」にする。

 

ルール5:迷ったときは、キツいほうを選

ぶ。

 

ルール6:見た目ではなく中身で勝負する

人になる。

 

ルール7:すてきな人に出会えるように、

自分も「すてきな人」になる。

 

ルール8:「モテる人」をめざす!

 

ルール9:よく笑い、よく笑わせる。

 

ルール10:自分の時間と同じように他人

の時間も大切にする。

 

ルール11:話を聞くときは、ことばでは

なく相手の心にこそ耳をすます。

 

ルール12:自分のことばで話せる人に

なる。

 

ルール13:ひとつのことでいいから最後

までやりとげる。

 

ルール14:努力が報われるとはかぎらな

い。それでも、努力しつづける。

 

ルール15:「一生懸命」をバカにする人

にはふりまわされない。

 

ルール16:勝ったときこそ冷静に。

 

ルール17:まちがってもいいから、自分

なりの答えを出す。

 

ルール18:ことばに厳しく。

 

ルール19:知識はどんどん使って自分の

ものにする。

 

ルール20:知らないまま、わからない

ままにしない。

 

ルール21: いいものにたくさんふれて

「感じる心」をみがく。

 

ルール22:強いからだをつくる。

 

ルール23:起きる時刻を決める、守る。

 

ルール24:ちいさな変化や成長を、大切

に積み重ねる。

 

ルール25:「いちばん大切なことはだれ

も教えてくれない」ということを知ってお

く。

 

ルール26:身近な人にこそ、ていねいな

態度を。

 

ルール27:「わかってもらえない」とは

言わない。

 

ルール28:「できません。」「休みま

す。」言いにくいことこそ、ちゃんと自分

で伝える。

 

ルール29:まず努力すること。努力が

結果につながり、結果が自信をうむ。

 

ルール30:他人を批判したくなったら、

「自分はどうなんだ」と考えてみる。

 

ルール31: 自分とはちがう意見にも素

直に耳をかたむける。

 

ルール32:「自分はひとりで生きられ

る」なんてかんちがいしない。

 

ルール33:「ありがとう」を口ぐせに。

 

ルール34:あいさつは大きな声で、まっ

すぐに。

 

ルール35:親にカンペキを求めすぎな

い。

 

ルール36:親より長生きする。

 

ルール37:「何に悩んでいるか」をこ

とばにする。

 

ルール38:「後悔」はしない。でも「反

省」はしっかりする。

 

ルール39:コンプレックスは笑いに変え

る。

 

ルール40:どうしてもツラいときは、逃

げる。

 

ルール41:合わない人がいるのは「よの

なかの当たり前」だと知る。

 

ルール42:最低限のお金は必要だと知

る。

 

ルール43:冒険する勇気をもつ。

 

ルール44:しかられることにくじけな

い。

 

ルール45:変わることを恐れない。

 

ルール46:いざというときのために、

「直感力」をきたえておく。

 

ルール47:ひとりの時間をつくる。

 

ルール48:自分自身を研究してみる。

 

ルール49:まず自分が幸せになって、

それから人を幸せにする。

 

ルール50:人生の主役は自分自身。

人生の進路は自分で決める。

 

おわりに

 

著者紹介

高濱正伸(タカハママサノブ)

 

花まる学習会代表。1959年、熊本県に生まれ

る。

 

「メシが食える大人に育てる」という信条の

もと、「作文」「読書」「思考力」「野外体

験」をメインとした学習塾「花まる学習会」

を設立。

 

保護者対象の講演会は、年間30000人を超え

る参加者数となる。

 

毎日放送「情熱大陸」、テレビ東京「カンブ

リア宮殿」や「ソロモン流」など、多くのテ

レビ番組に紹介され、大きな反響を得る。

 

「週刊ダイヤモンド」(ダイヤモンド社)、

「AERA with Kids」(朝日新聞出版)等の

雑誌にも、多数掲載されている。

 

主な著書に、

 

『伸び続ける子が育つお母さんの習慣』

(青春出版社)

 

『小3までに育てたい算数脳』

(健康ジャーナル社)

 

『わが子を「メシが食える大人」に育てる』

(廣済堂出版)

 

『算数脳パズルなぞぺー』

(草思社)

 

などがある。

 

※この書籍が刊行された当時に掲載されて

いたデータになります。

 

書籍情報

『メシが食える大人になる! よのなか

ルールブック』

発売日: 2019年1月25日

監修: 高濱正伸

絵: 林ユミ

出版社: 日本図書センター

発行形態: 単行本

ページ数: 112p

ISBNコード: 9784284204354

 

おわりに

今回は、『よのなかルールブック』の気にな

る口コミや、本の内容についてご紹介しまし

た!

 

子どもに対して世の中の厳しさをストレート

に伝えるより、本書のようにピリ辛を交え

つもユーモアな感じで伝えるほうがかえっ

良いのかも知れませんね!

 

口コミを読まれたあなたも、この機会に本書

を手に取ってみては?

 

ちなみに、私が普段使用している電子書籍サ

イトは31日間の無料トライアルがあり、

 

『伸び続ける子が育つお母さんの習慣』

『「メシが食える大人」に育つ子どもの習慣』

 

など、高濱さんの過去の書籍もたっぷりと読

めるので重宝しています♪

 

無料トライアルはこちら

 

『よのなかルールブック』と合わせて是非チ

ェックしてみて下さい!

 

では、最後までこの記事をご覧いただき、

本当にありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。